このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
文化芸術最前線
イラン英雄叙事詩「シャーナーメ」とそのあらまし 今から1000年ほど前に、イランの大詩人フェルドウスィーが書いた名作シャーナーメ、すなわち「王の書」は、世界最大の英雄叙事詩であり、ペルシャ語による最高傑作です。この作品には、およそ5万に上る対句が収められ、その完成にはおよそ30年を要しています。この偉大な文学作品は、最も古い伝説の時代から、紀元7世紀のササン …
本日6月24日は、人類に約束された救世主、シーア派12代目イマーム・マハディーの生誕日に当たります。この偉人は、西暦868年に現在のイラクの首都バグダッド北部の町サーメラーで、この世に生を受けました。イマーム・マハディーの父は、シーア派第11代目イマーム・ハサン・アスキャリーであり、母親は偉大なる女性ナルジェスでした。聖典コーランによりますと、イマーム・マハ …
社会における最も重要な組織の1つは家庭であり、家庭は未来の世代の育成や、物質的・精神的なニーズの確保といった重要な役割を担っています。このため、家庭の組織立ては、家族の構成員の物質的、精神的なニーズを最も良い形で満たし、社会のバランスを保つようなものでなければなりません。 … …
テヘランで、インド民話「ケリレとデムネ」をテーマとする絵画展開催 イラン芸術の歴史を通して、数多くの画家や書道家たちが文学作品のインスピレーションを受け、文学に関連した作品を制作し、豊かなペルシャ文学に対する人々の関心を高めようと努力してきました。イランでは最近、芸術の館と呼ばれる美術館で、インドの民話「ケリレとデムネ」をモチーフとする絵画展が開催されていま …
第66回カンヌ国際映画祭が閉幕 先月26日、第66回カンヌ国際映画祭が、受賞作品の発表をもって終了しました。今回も例年と同様に、映画そのものやこの映画祭をめぐる出来事が、これまで以上にメディアの注目を集めました。しかし、一部の作品は比較的良好ながらも、副次的なものとされ、あまり注目されていません。この映画祭で話題を集めた事例としては、開幕早々における役者に貸 …
IRIBイスラム文化・教育部専門家、メヘディザーデ イスラム暦ラジャブ月27日、イスラムの預言者ムハンマドのメッカからメディナへの移住より13年前のこと、ムハンマドは神から預言者として遣わされました。 … …
話題に事欠かないイラン・イラク戦争 1980年代のイラン・イラク戦争は、20世紀に発生した戦争の中でも最も長期に及んだ戦争でした。この戦争は、イラン人の生活のいろいろな側面に影響を及ぼし、経済や社会関係、政治、文化、芸術をも根底から変貌させたのです。8年間にわたるこの戦いは、イランの歴史から切り離すことのできないものであり、様々な形で取り上げられ、裏話が話題 …
2013/05/25(土曜) 20:04

イランに根付いた折り紙

イランで折り紙協会設立、第2回テヘラン折り紙コンテスト開催 先日、テヘラン市内の文化会館で、イラン折り紙協会とテヘラン市役所の主催により、第2回テヘラン折り紙コンテストが開かれました。イランでは、特にここ数年で、人々の間に折り紙という言葉が知られるようになってきました。 … …
今年の日本大使館ブース テヘラン国際書籍見本市には例年、イラン国内の出版社を初め、テヘラン駐在の外国の大使館なども数多く参加します。日本大使館もその1つであり、毎年この見本市に出展し、一般来場者の方々の大好評を博しています。今年は、メインの会場となったイマーム・ホメイニー大礼拝所の敷地に隣接した区域に、そうした外国の大使館や出版社の部門が設けられました。礼拝 …
中東最大規模を誇るテヘラン国際書籍見本市 去る5月1日から11日まで、テヘラン市内にあるイマーム・ホメイニー大礼拝所において、第26回テヘラン国際書籍見本市が開かれました。この見本市には、イラン国内外合わせて4145の出版社が参加したということです。 テヘラン国際書籍見本市は、その開催規模、開催期間中の来場者数、展示・販売書籍の冊数などの点で中東地域最大、ま …
アフガニスタンにあるイスラム文化圏の首都ガズニー アフガニスタン東部・ガズニー州の州都ガズニーは、同国の首都カーブルから135キロ離れた町です。この町は、ガズニーンとも呼ばれ、かつては世界でもよく知られ、繁栄した町の1つでした。リビアの首都・トリポリで最近開かれた、ISESCO(アイセスコ)・イスラム教育科学文化機構の会合では、ガズニーがイスラム文化圏の首都 …
イランの音楽界で最近、また1人の巨匠がこの世を去りました。この巨匠とは、イランの伝統楽器サントゥールの名手で、イラン音楽の著名な研究者でもあったダリウーシュ・サフヴァト氏で、彼は先日、85歳の生涯を閉じています。 … …
2013/04/27(土曜) 20:26

イランの天文台

最古の基礎科学としての天文学と、「世界天文学の日」 毎年4月15日から5月15日までの期間には、世界天文の日が制定されており、また全世界で国際天文週間を記念する式典が開催されます。イラン天文学研究所は、今月19日を世界天文の日に定めており、イラン全国で多くのイベントが開催されました。 天文学は、最も古い基礎科学の1つであり、人類の探究心や知能の高さを物語ると …
国際子どもの本の日に因むメッセージ 毎年めぐって来る国際子どもの本の日は、児童文学を新たな視点から捉えなおす日とされています。この日にちなんで毎年、世界にあるIBBY・国際児童図書評議会の支部の1つが、自国の作家のメッセージや詩文、そして自国のイラストレーターによるポスターを、他国にあるこの組織の事務所に送ることになっています。今年は、アメリカががこの役割を …
アフガニスタンは、過去数十年に渡り政治面や社会面で大きな変化に直面してきました。また、この国の文化も政治的な影響を受け、変化しています。ところで、映画は現代芸術の中でも最も魅力的な芸術の1つですが、アフガニスタンにも映画のファンが多く、近年ではアフガニスタンの映画が特に注目を集めています。 現在、アフガニスタンで映画が制作されるようになってからほぼ10年が経 …
文字と筆録の歴史は紆余曲折に富んでおり、あらゆる側面において人間の生命と結びついています。人間が知りえた情報を粘土板や石、或いは紙面に書き付けたり、コンピュータに入力することにより、そうした情報は永遠に記録として残ることになります。今日においても、文字は依然として価値ある重要なものとされています。言葉や文字の使用と筆録の始まりは、人間が自らの経験を他人や未来 …
ペルシャ語の口承文学は、イランの民衆文化やフォークロアの大きなカテゴリーの中で、重要な部分を占めており、これは神話や伝説、英雄伝や本当にあった話、たとえ話や笑い話をはじめとする様々な種類を含むものです。物語や伝説は口承文学の最も知られたものとみなされています。口承文学は、特色豊かなさまざまな表現スタイルが存在し、古典や文字によって書かれたものと同じく、それぞ …
イランでは春が到来し、辺り一面が色づき、そしてこの心に染みる季節の新たな香りが漂っています。自然の美が最盛期を迎え、創造世界のこれほどの美しさを目にすることで、全ての人に活力がみなぎります。今、私たちは一つの時代が終わり、新たな時代の始まりに際して、これまでの様々な出来事を振り返ろうとしています。1日の終わり、或いは週末、月末に際して、人間は誰でもある特別な …
春という美しい季節は、大自然における驚異的な変化を伴うものであり、この天変地異は、人間の肉体と精神にも影響を及ぼします。今夜は、大自然が人間に及ぼすこの影響について考えてみたいと思います。 人間は、何かと影響を受けやすい生き物です。人間の人格は、遺伝的な要素の他、次の2つの環境の影響を受けます。1つは、家庭や学校、そして友人知人を含めた社会環境であり、もう1 …
あらゆる部族や国民の民俗的な風習の重要なもののひとつに、暦(こよみ)の上での風習や季節に沿った風習が挙げられます。この暦上の風習の目的は、宗教儀礼といった類のものであり、一年の中で決まった日や季節に実施されます。この民俗的な風習の一部は、口承文芸の重要な源のひとつとなっています。 イランの暦上の風習は、非常に豊かなものであり、幅広いものです。その一部はイスラ …