このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
文化芸術最前線
イラン芸術に幅広く根ざした「春」 イラン芸術では広く、春とその魅力を表現した数多くの作品が作られています。春という季節が、魅力的で心を動かすという理由から、芸術家たちは自らの想像力や創意工夫、そして芸術性によって、この季節を最も美しい形で表現しています。一部の芸術家は、春の美しさを絵の具と絵筆により、キャンバスに絵画を描き、また中には心に染みる歌声や楽器の演 …
今夜は、イラン暦ファルヴァルディーン月1日に当たり、イランの元日であるとともに、春の始まりの日でもあります。春は、全ての創造物が救世主の下に蘇る、はつらつとした季節であり、この美しい日々には心に重苦しさがあっても変化が芽生え、樹木からは新芽が顔を出します。春という季節は、大地からの新しい芽生えの季節であり、最も美しい自然が見られます。春の到来と共に、凍ってい …
ノウルーズは、イランの古い祝祭で、インドから中央アジアにまで広がっています。この精神的な祝祭は、その文化的、伝統的な価値に注目し、2010年、国連により国際的な価値のある遺産として認定され、ノウルーズの初日に当たる3月21日が、ノウルーズ国際デーと制定されました。この祝祭は、イラン、中央アジア、コーカサス、その他の中東諸国で祝われているだけでなく、世界中の人 …
イラン暦1391年も押し詰まった今、今夜はこの1年間におけるメディア業界を振り返り、映画、インターネット、出版業界、情報通信企業といったメディアの最新ニュースについてみていくことにしましょう。 … …
イランでは毎年、夜明けの10日間と呼ばれるイスラム革命の勝利記念週間には、書籍の出版関係者を奨励し、イスラム教や宗教、文化や学問を普及させ、優秀な作家や翻訳家を認定し、その活動を奨励する目的で、年間優秀図書の発表と表彰が行なわれます。このイベントでは、イスラム学、自然科学、外国語、言語学、芸術、社会学、心理学、ペルシャ文学、歴史、地理の分野での優秀図書が表彰 …
革命が文化や文学に及ぼす影響 ある国で革命が勃発した際に、すぐさま、しかも最大の影響を受けるのはその国の政治体制や社会体制です。そして、時間の経過と共にその影響は文化や文学に顕著に現れ、次第に新しい文学の潮流や文学的な思想が生まれてきます。1979年のイラン・イスラム革命が、小説や詩文を含めた様々な芸術に根底的な変革をもたらしたことは、決して否定できません。 …
イランイスラム革命の勝利34周年記念を目前に、イラン国民は、イランに貢献した1人の偉大な政治家を失いました。この政治家は、名前をハサン・ハビービーと言い、力のある法律家でしたが、先月31日、病気のため75歳でこの世を去りました。イラン国民は、大学関係者や学会の要人でもあったこの偉大な政治家の逝去に際して、哀悼の意を示しています。今回は、この偉大なイランの政治 …
2013/02/21(木曜) 00:22

第31回ファジル国際映画祭

毎年、イランイスラム革命勝利記念祝祭として、映画祭、演劇祭、音楽祭、詩歌祭などの重要な芸術のイベントが開かれます。イラン映画の国際的な評価に注目すると、ファジル国際映画祭はこれらの芸術祭の中で最も重要なイベントとなっています。 … …
前回は、イラン南部・フーゼスターン州のあらましと、日本ではスーサとして知られる古代遺跡シューシュ、そして預言者ダニエルの聖廟についてお話いたしました。今回は、その続きをお届けいたします。 世界遺産・チョガーザンビルの遺跡のあらまし 預言者ダニエルの聖廟の次に、世界遺産としても名高いチョガーザンビルの遺跡に向かうことになりました。この遺跡は、1979年にユネス …
イランと日本を初めとする北半球は、現在冬ですが、そのような中でもイラン南部は、快適な気候に恵まれ、またユネスコの世界遺産に登録されている名所旧跡が数多くあります。今回は私、山口雅代が、イラン南部フーゼスターン州にある世界遺産と、ペルシャ湾を訪ねてまいりました。これから2回にわたり、その最新レポートをお届けいたします。 フーゼスターン州のあらまし フーゼスター …
先月15日から31日まで、第31回ファジル国際演劇祭がテヘランで開催されました。その最終日に当たる31日木曜には、閉会式と表彰式が行われ、閉幕しています。この演劇祭の国内部門には、1374の演劇作品の中から選ばれた、テヘラン及び国内都市の劇団が参加しました。国内部門はさらに、展望、新たな経験、街頭劇、そして特別な着眼点、という部門に分けられ、演劇愛好家の盛ん …
今月中旬、イラン音楽界は2人の巨匠を失い、暗く悲痛な日々を迎えることとなりました。IRIBイラン国営放送楽団の指揮者モハンマド・ビグラリープール氏と、著名な作曲家ホマーユーン・ホッラム氏の2人が、今月16日と17日に相次いで逝去したのです。 イランの作曲家ホマーユーン・ホッラムは、1930年イラン南部の町ブーシェフルに生まれました。彼は、幼少時から音楽に関心 …
アルメニア系イラン人レオン・ミナスィヤンの生涯 一部の人々は、努力に満ちた人生を送ります。これらの人々は、成長し、行動し、奉仕するには人生が非常に短いものであることを知っているのです。今夜ご紹介する、イランのアルメニア系歴史家レオン・ミナスィヤンは、自らの人生を極めて有意義に過ごし、多大な貢献を行いました。彼は、2013年1月1日にこの世を去りましたが、歴史 …
イスラム暦サファル月29日は、シーア派8代目イマーム・レザーの殉教日に当たります。この偉人の殉教の地であるイラン北東部の町マシュハドでは現在、盛大な追悼の儀式が行われています。大勢の人々が黒い旗を持って、追悼の儀式に参加するために、この偉人を祀ってある聖廟に足を踏み入れ、挽歌を朗詠しており、この偉人の死を悼む人々の声が聞こえてきます。イマーム・レザーの聖廟は …
「預言者ムハンマドよ、そなたに祝福と神のみ光あれ。清らかなるあなたと、あなたの一門に祝福あれ。そなたと、そなたのご尊父アブドッラー、ご母堂アーメネそして、あなたのご先祖様アブドル・モタッレブに祝福がありますように。我はここに証言する。そなたは創造主なる神の教えを伝道し、イスラム共同体のために忠告し、神の道において努力された。そして、教えを明確になされ、神のた …
古式ゆかしいヤルダー・冬至の儀式とその由来 イラン人の歴史には、慣行儀礼が数多く存在し、それらは宗教とつながりがあることから、英知と人間性を基盤にした概念にあふれています。1年で最も夜が長い冬至の日の儀式「ヤルダー」も、イラン人の精神的、伝統的な遺産の1つといえます。ヤルダーとは、誕生、生まれることを意味し、1年で最も長い夜を指します。その夜が明けた次の日か …
今年のユネスコ無形文化遺産と、既に登録されたイラン無形文化財 今月3日から7日まで、フランスの首都パリで、ユネスコ無形文化遺産保護条約の第7回政府間委員会が、各加盟国の代表者の出席のもとに開催されました。イランも、148カ国に上るこの国際条約の加盟国の1つです。今回の会合では、イランから登録申請が出されていた、同国中部カーシャーンの近郊の町マシュハド・アルダ …
演劇の歴史とルーツ 演劇は、7大芸術の1つであり、研究者の間では演劇の根源は、主に社会的・宗教的な側面を持つ伝統儀式であるとされています。演劇は、その他の芸術と比べて多くの可能性を有し、絵画や文学、建築、音楽のような芸術を活用することが可能です。歴史的な記録によりますと、太古の昔には、人々は丘の斜面に腰を下し、宗教施設や丘のわきで、特別なしきたりにそって行わ …
イラン北部・カスピ海の西海岸に位置するギーラーン州は、日本の気候風土に類似し、降水量が多く、緑豊かなことで知られています。ギーラーン州は、隣接するマーザンダラーン州と同様にカスピ海に面しており、中心都市ラシュトをはじめ、港町バンダルアンザリー、アゼルバイジャン共和国に隣接した国境都市アースターラー、茶葉の名産地ラーヒジャーン、階段のような独特の建築様式の家並 …
つい最近、児童文学、青少年文学に与えられるアストリッド・リンドグレーン記念文学賞の来年度の候補作品が発表されました。今年は、67カ国から207名の作品がノミネートされています。イランからも、児童青少年文学の領域で活動する5名の芸術家と、ある研究所が受賞候補者リストに名を連ねています。これらの人物・団体は、絵本作家であるファルシード・メスガーリー氏と、モハンマ …