このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
文化芸術最前線
第25回テヘラン国際書籍見本市、成功裏に閉幕先ごろ開催されたテヘラン国際書籍見本市は、成功裏に終了し、大きな収益と活動の成果を挙げました。前回に引き続き、私、山口雅代がこの見本市の最新情報をお届けいたします。さて、前回お伝えしましたとおり、中東で最大規模といわれるこの見本市は、開催期間中だけでは、とても見学しきれないほど多くのブースが設けられ、来場者数は述べ …
先月27日は、イランの有名な神秘主義詩人モウラヴィーの命日でした。今回はこれに因み、またイランのこの有名な詩人の作品や思想が、世界で広く一般に受け入れられていることから、前回の続きとして、この詩人が現代人にどのような教えを与えてくれているかみていくことにしましょう。 現代人にとってのモウラヴィーの必要性モウラヴィーの世界的なアプローチに注目すると、この詩人の …
中東最大の国際書籍見本市去る5月1日から12日まで、テヘラン市内にある、モサッラーと呼ばれる大礼拝所にて、第25回テヘラン国際見本市が開かれました。この見本市には、昨年より約180社多い2500社以上のイランの出版社の他、日本を含めた外国からも840社が参加し、大成功を収めています。今夜から2回にわたり私、山口雅代が日本人として参加、取材した、中東で最大規模 …
去る4月27日は、ルーミーという名で知られるイランの有名な詩人モウラヴィーの命日でした。モウラヴィーが、人類の誇りであり、また人類の英知の結晶がモウラヴィーに負うところが大きいのは言うまでもありません。今回は、この有名なイランの詩人の命日にちなんで、ペルシャ語の詩文の神秘と、現代人に対するモウラヴィーの教えについて見ていくことにしましょう。 モウラヴィーの生 …
小説の重要な物語のテーマとしての戦争戦うことは、地球上に生きる人間の本質の一部であり、それは人間同士の闘いであり、或いは人間と自然との絶え間ない闘いであるなど、その形式は様々です。戦争学者ガストン・ブートウールのような人々は、戦争について研究する際に、現実から遠ざかれば文学にたどり着く、と考えています。文学は、戦争に関する重要な役割を果たしており、戦争は世界 …
一般的に見られる芸術の役割芸術は、人間の精神の安定とバランスの源です。このため、人間は穏やかな空間を生み出し、また精神的、また自己の内面の安定と落ち着きをはかるために、常に芸術作品を活用しようとします。人間は、特に造形芸術の活用により、見た目のよい空間を整えようとするものです。大都会の混雑した環境に、各種の彫像を設置し、また、役所や病院、銀行といった公共の場 …
パレスチナ人作家エドワード・サイードの見解パレスチナ人の作家で思想家でもあるエドワード・サイード氏は、アジア学や啓蒙思想、そして歴史といった、様々な文化領域に関する著作を、数多く著しています。彼の見方によれば、芸術家はあらゆる社会における啓蒙思想家であるとされています。エドワード・サイード氏は、「知識人とは何か」という著作において、啓蒙思想家の人物像やイメー …
音楽の一般的な特質音楽は音を使って人間の感情を表現します。音楽にとって、最も重要な要素はリズムと音です。ギリシャの哲学者アリストテレスは、音楽を数学の一環と見なしていました。イスラム哲学者もこの点を認めており、例えば、イランの偉大な学者イブン・スィーナーは、著作「治癒の書」の中の数学の章において、音楽を取り上げています。もっとも、音楽の全ての特質は、数学のよ …
イランは、日本の4倍半もの広さを有し、四季の変化や多様性に富んでいます。しかし、日本人がイランと聞いてまず思い浮かべるのは、一面に広がる砂漠ではないでしょうか。もちろん、イランにも砂漠はありますが、イランの砂漠は、いわゆるアラブ諸国の砂漠とは、また一味違った魅力があります。それでは、春を迎えたイラン中部にある、砂漠・ステップ草原地域についてご紹介していくこと …
最近、イランである文化人が逝去しました。イランでは毎年、春先に新年を迎えるにあたり、何かと気ぜわしくなるときに限って、死の天使が突然訪れ、1人の文化人をあの世へと連れ去っていくものです。今回は、イランの女流作家スィ-ミーン・ダーネシュヴァルに天国からのお迎えが来る番となりました。彼女は、3月8日の国際女性デーの日に、自宅で息をひきとり、その3日後に文筆家や文 …
10 / 10 ページ