このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
文化芸術最前線
「イラン現代美術における新伝統主義」芸術展が、テヘランで開催 テヘラン現代美術館では、最近3ヶ月間にわたって、「イラン現代美術における新伝統主義」という芸術展が開催されていました。この芸術展では、テヘラン現代美術館の収蔵品を初めとする、84名の芸術家の作品170点が展示されました。 … …
2015/01/17(土曜) 18:14

イスラム建築への招待

今回は、イスラム建築とその理解に必要な事柄についてお話することにいたしましょう。まず初めに、イスラム建築とは何か、ある建築がどのような要素によりイスラム的なものになるのかについて考えてみたいと思います。 … …
第8回アジア太平洋映画賞でのイラン映画の成功 昨年12月に、オーストラリア・ブリスベンで第8回アジア・太平洋映画賞が行われました。この映画賞では、アジア・太平洋地域の21カ国から36点の作品がコンペティション部門に出品されました。世界の映画作品の半分を占めるアジア太平洋地域では、映画制作が急速に発展していることから、この映画賞の参加作品は特別な形で重視されて …
イラン人の文化では、宗教的な追悼記念行事が多くの儀礼の下地を生み出しています。今回は、様々な旅行記に綴られているイマームホサインの追悼儀式についてみていくことにいたしましょう。 … …
今回は、イラン・イラク戦争でのイラク軍による化学兵器使用の現実を暴露したイラン映画をご紹介します。
イランの現状と革命後の外国人観光客の動向 イランは地理的に、非常に重要な国であり、中東の中心における東西世界の文化、政治、経済的な交流の架け橋のような立場にあります。さらにイランには魅力的な美しい見所が豊富に存在します。清水の溢れる泉、花々が咲き乱れる庭園、緑豊かな平原、多様性に富んだ季節、山々と砂漠、山麓に生い茂る樹林、美しい海岸といったイランの景勝地は毎 …
イランにおける受難劇タアズィーエの存在とその背景 宗教は、絵画にインスピレーションを与えるものであり、直接或いは間接的に、芸術家に対し宗教的な出来事の再発見を促します。そうした影響の代表例は、シーア派3代目イマーム・ホサインと、その教友72名がイラクのカルバラで殉教したアーシュラーの日の出来事の影響を受けた芸術の本質に見られます。イランにおける宗教芸術の中で …
背景画の描いた幕を使用する幕芝居の起源 西暦680年に、イラク・カルバラの町での命がけの出来事の後、目撃者であるシーア派3代目イマーム・ホサインの遺族らは、この出来事に関する初めての報告を人類の歴史に伝えました。それらは、誇張のない証言であると共に、ごく自然にアーシュラーの出来事での殉教者の英雄伝や信仰心、圧制者に抑圧された状態を示す事実に基づくドキュメンタ …
イスラム暦61年に当たる西暦680年に、現在のイラクの町カルバラで、シーア派3代目イマーム・ホサインが殉教した事実は、最も歴史に残る出来事といえます。アーシュラーの出来事が、イスラム教徒の生活において果たした役割は、明らかにホサインとその教友の人格や、時のウマイヤ朝の暴君ヤズィードの圧政に対する抵抗に負うところが大きくなっています。この出来事が非常に偉大なも …
テヘランで、「アジアの建築と芸術におけるルーツとつながり」会合が実施 最近、テヘラン、イラン中部・イスファハーン、そしてカーシャーンの建築家のイニシアチブにより、「アジアの建築と芸術におけるルーツとつながり」と題する会合が開かれました。この会合には、インドやパキスタンといったアジア諸国の建築家や芸術家が招待され、建築や手工芸の芸術家が、最新の経験や共通のルー …
イランの地方音楽の多様性 あらゆる国の音楽の価値の源の1つとなっているのは、その国の様々な地域、特に大都市から遠く離れた地方や村落での、その地元の人々に歌われる歌です。この種の音楽は、大都市に住む人々の考え方の影響をあまり受けていないため、より純粋であるとともに、その国の旧来の、本質的な音楽により近いものとなっています。イランは、口承による知識の伝承という古 …
イスファハーン国際児童青少年映画祭のあらまし 10月8日は、世界子どもの日に制定されており、毎年この時期になると、子どもをめぐる問題や、これを解決する方法について考える数多くのフェスティバルやセミナー、展示会が開かれます。イランでは通常、この日を記念するイベントが開催されますが、その中で最も大きなものはイラン中部イスファハーンで開かれる国際児童青少年映画祭で …
人形劇の歴史 人形劇という芸術は、数千年前から普通に見られましたが、人形がいつごろどこで作られるようになったかについては不明となっています。しかし、明らかなことは、原始社会では人形が儀式のために使用されていたということです。人形劇は、中国やエジプト、インドといった古代文明において長い歴史を持ち、歴史的な資料からはヨーロッパ人がどのようにして、インド人などのア …
最も古い時代の遺物や資料には、ペルシャ絨毯として知られるイラン製の絨毯の価値や美しさについて言及されています。このことは、イランの絨毯が太古の昔に既に、品質や名声の点で歴史家が指摘するほどの名声を博していたことをうかがわせるものです。イランにおける、絨毯芸術の最も古い痕跡は青銅器時代に遡ります。イラン北部及びトルクメニスタンにある青銅器時代の墓からは、絨毯製 …
パレスチナ人の抵抗を扱った文学は、シオニスト政権イスラエルの占領から現在まで、パレスチナの抑圧されている人々やその戦士と共に歩み、インティファーダと呼ばれる抵抗運動の炎を絶やさないよう努めてきました。これについては、散文と比べて韻文形式の詩がより重視され、アラブの詩人や他国の詩人を惹きつけています。実際に、詩人たちは抵抗運動における重要な役割を担うと共に、自 …
演劇は、その他の芸術と比較すると、より大きな可能性を有しています。これは、演劇で絵画や文学、建築、音楽といった他の芸術が利用されていることによります。現在、演劇で観客を惹きつける方法の1つは、全世界で慣例となっており、同時に制作者や考案者が肯定的に評価する新たな方法を生み出すことです。イランの演劇も、決してその例外ではなく、演劇に出演する役者は上演方法や脚本 …
皆様は、芸術や文学が人生の逆境においても情熱をもたらし、人間に希望を持たせることができる、ということをご存知でしょうか?多くの人々は、戦争状態や身柄を拘束された状態にある時は、平常時よりもさらに文学や芸術を必要とすると考えています。それは、文学や芸術により、抵抗の精神が強まり、人間が希望を持ち続けることができるからです。現在、ガザ地区はシオニスト政権イスラエ …
過去における宗教関連の映画 映画が出現した当初から、預言者たちの生涯を扱ったテーマは映画制作者に注目されており、この傾向は現在も続いています。当初、宗教的な人物の肖像のオリジナルになったのは、宗教画や石膏像など、19世紀はじめの宗教的なシンボルでしたが、それらは最高の芸術作品とはいえないものでした。しかし、無声映画の時代には、聖書に出てくる物語をテーマとした …
イスラム暦におけるラマザーン月の重要性 イスラム社会では、一年のうちの一部の月は特に重要な月とされており、昔から現在まで人々はこれらの月に特別な儀式を実施しています。イスラム文化との特別なつながりを持つイランの人々の文化においては、イスラム暦の中でも、追悼の月であるモハッラム月とサファル月、預言者ムハンマドが神から預言者に任命された月であるラジャブ月、断食月 …
ドイツが制作した歴史映画「千年医師物語/ペルシアの彼方へ」は、アメリカの作家ノア・ゴードンの『千年医師物語』をもとに制作されています。この作品は、アメリカではそれほど人気がなかったものの、ヨーロッパでは歓迎され、歴史ファンタジー小説とされています。映画「千年医師物語/ペルシアの彼方へ」では、フィリップ・シュテルツルが監督を務め、ベン・キングズレーが主役を演じ …