このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
ラジオ日誌
2015/10/11(日曜) 21:51

サンゲ・タマム

ここしばらく忙しくしていました。主人が手伝ってくれることも多くなります。すると度々主人の口から出てくるのが"サンゲ・タマム"と言う言葉でした。ペルシャ語でサングは石、タマムは最後・終わりと言う意味です。今まできいたことが有りませんでしたし、如何いう意味かと聞いてみますと、天秤に一方はサクランボを1キロ、もう一方には石が1キロ載っていますがそれにちょっと小石を …
サッカー日本代表が先月に続いて、再びテヘランへとやって来ました。来る13日火曜、イラン代表との親善試合に臨むためです。今週木曜にサッカーワールドカップ、アジア2次予選を戦って、現在はそれぞれグループの首位に付けている2チーム。その日本とイランの今回のフレンドリーマッチです。大いに楽しみではありますが、それはさておき、ワールドカップ出場をかけた大詰めの最終予選 …
テヘラン発行の新聞、ハムシャフリーに、「日本で最も高齢の女性報道カメラマン」という記事が載っていました。最も高齢と言うからには、80歳くらいだったりして、などと思いながら記事を読み進めてみると、なんと101歳で現役だというのです。この日本人女性は、笹本恒子(ささもとつねこ)さん。1914年生まれの101歳で、ハムシャフリーの記事には、「その作品は、広島への原 …
2015/10/07(水曜) 19:52

イランの新米

イランのお米が終わってしまったので、先日イラン米を買いに行きました。お米やさん曰く、新米しかないとのこと。日本人なら、新米は特別ですが、こちらは反対です。イラン米は収穫したばかりのものよりも、1年くらいたった方がおいしいと言われます。それはイラン人がぱらぱらとした炊きあがりを好むからだそうです。買うときに、「水はいつもより少なめに、お米をといだら時間をおかず …
先日、サウジアラビアのメッカで、巡礼儀式の最中にメナーで起きた惨事により、数千人が亡くなった、という痛ましいニュースが伝えられました。この惨事が報道された直後、IRIB国際放送のアナウンサーを含むIRIBの職員2人の安否が不明であることが分かり、職員たちは皆、不安を募らせていました。 … …
2015/10/05(月曜) 19:22

世界観光の日

9月27日は世界観光の日でした。これはあとから知ったことです。先週、たまたま出かけた公園で観光フェスティバルをやっていて、それがこの日にちなんだものでした。公園内にはたくさんのテントが張られていて、民族衣装や地方料理が紹介されています。国際的なイベントなので、世界各地のことが紹介されているのかと思ったら、それはイラン国内のものでした。私の国はこんなに多様だっ …
イランは本当に新鮮な果物の豊富な国です。先日も、テヘラン西方のガズヴィーンに住む知り合いのつてで、新鮮なイチジクがたくさん手に入りました。来客用に出したり、ご近所さんにもずいぶんお分けしたのですが、それでもかなりの量が余ってしまい、どうしようかと考えていたところ、それなら朝食用のジャムにしようと思いつきました。きれいに洗って水気を切ったイチジクに、その半分と …
2015/10/03(土曜) 21:57

ガディールの祝祭

昨日は、イスラム暦ゼルハッジャ月18日にあたり、イスラムの祝祭の1つであるガディールの祝祭の日でした。この日は、イスラムの預言者ムハンマドが、娘婿のアリーを自らの後継者として、また初代イマームとして発表した日です。シーア派教徒はこの日を祝い、互いを訪問しあいます。イランではこの日、人々は自らを預言者ムハンマドの末裔と名乗る、セイエドと呼ばれる人々の家を訪問し …
2015/10/01(木曜) 20:23

フクロウ

動物は国によって共通する印象もあれば、異なったイメージを持つものもあります。フクロウは西洋ではギリシャ神話やローマ神話の女神の使いとして、昔から知恵の象徴とされてきました。日本でも幸福の象徴などとされ、縁起の良いものという印象があります。一方のイラン、フクロウはあまり好ましい存在ではないようです。夜行性で、暗い森や廃墟に生息しているイメージから、あまりいい印 …
2015/09/30(水曜) 22:42

耳たぶ

耳たぶのふっくらとした人は福の相と言われていますが、私の友人の一人はその様です。今まで何度かラジオ日誌で紹介してきたことのあるテヘラン近郊の避暑地ハシトゲルドに別荘と花卉園芸農場を持っている友人の話です。今の時期不動産の売買も儘ならぬ折にその別荘を言い値で買いたいと言うカップルが現れたと言うのです。何せ5000平方メートルもの敷地にたくさんの果樹・草花が植え …
昨晩のスーパームーン、皆様はご覧になりましたか。息子が「ゴミを捨ててくるね」と腰を上げたのが21時を回った頃でした。東京の知人から「28日はスーパームーンですよ」とメールをもらっていたことを思い出し、私も双眼鏡を手に息子と一緒に表で月を愛でることにしました。アパートの前の路地では一組の親子が自転車の練習中で、5、6歳の男の子に父親が乗り方を教えているところで …
2015/09/28(月曜) 21:33

サマータイム終了

イランでは、9月22日の夜に通常の時間に戻り、サマータイムが終了しました。この日の夜は、12時が11時となって1時間戻され、とても得した気分です。日本との時差も、今までは4時間半だったのが、これからは5時間半になります。夏の間は、暗くなるのが夜の8時半ごろだったので、帰宅してからもしばらくは外が明るかったのですが、最近は家に帰る頃にはすっかり暗くなっています …
2015/09/27(日曜) 21:10

大学1年生

1年浪人していた娘が、この秋めでたく大学に入学しました。今年は断食月のために1ヶ月早く入試が始まったのに、いつもより遅い合格発表でした。合格が決まった後はインターネットでまず入学手続きをしなければなりません。入学金の振込みはネットで出来るのですが、いくらやっても振り込まれず、挙句には2回もお金が落ちたりして大変心配しました。大学での入学手続きも学生の人数に大 …
先日、何年も前からずっと訪れてみたいと思っていた、アブヤーネ村の訪問が実現しました。この村では、以前に訪れたイラン北部のマースーレ村と同様に、独特の町並みが維持されているとともに、人々の服装も独特で、しかもペルシャ語に似てはいるものの、この村独特の言葉が話されています。さらに、そこから少々足を伸ばして、お隣のマルキャズィ州にも足を運び、イラン有数の花の生産地 …
2015/09/23(水曜) 23:08

学校が始まる

イランでは今日から学校が始まり、1300万人を超える生徒たちが、新学年を迎えました。私の息子も、今日から小学校の3年生になりました。息子は数日前に新しい教科書を手に入れ、それを嬉しそうに眺めては、好きな科目の教科書を最後まで読み通してしまったりしていました。 … …
2015/09/22(火曜) 22:11

新学年のスタート

イランでは明日から新学年が始まりますが、1年生は環境に慣れるようにするため、他の学年よりも一日早い今日から、学校が始まります。今日は初めての登校で、教室や担任の先生が紹介され、花束が渡されます。そしてクラスメイトとなる友達と知り合います。今日はラジオに出勤するとき、初日の登校を終え、新しい制服を着て花束を持った子供たちに出会いました。それを見て、ふと自分の経 …
2015/09/21(月曜) 20:50

オリーブの木を発見

私がいつも友達と過ごす場所の一つに、テヘランにある「水と火の公園」があります。先日も、公園のいつもの場所にみんなで座っておしゃべりしていました。だんだん辺りが暗くなった頃、友人の一人が、そばにあった木の実を何気なく取って私たちに見せました。何だろうと見てみると、なんとオリーブの木です。オリーブは値段が高い上に栄養価も高く、とにかく価値のある木です。この発見に …
2015/09/20(日曜) 21:44

空に広がる稲妻

こちらに来るまで、主に住宅街や都市部で生活し、雷がなっているのが聞こえても、稲妻はほとんど見たことはありませんでした。記憶に残っているのは、小学生と中学生のとき、それぞれ1回見た程度です。このところテヘランは夕方に雨が振ることが多く、その前触れを告げるように、雷が鳴ります。テヘラン、特に私の住む地区は高層住宅が少ないため、空が広く、夕方や夜には空一面に稲妻が …
2015/09/19(土曜) 18:20

恵みの雨

9月も下旬に入り、テヘランではほぼ毎日のように夕立に見舞われています。日本では珍しくも何でもない雨ですが、テヘランは夏の間、まったくといっていいほど雨が降りません。最後に雨を見たのはいつだったか思い出せないくらいです。実際、1年を通してテヘランは降水量が極めて低く、イランに来たばかりの頃、テヘランの人々が雨がちな曇りをいい天気だと言うのには驚いたものです。ま …
2015/09/17(木曜) 21:28

イランの定年退職

主人は数年前に定年退職し今は気ままな生活を送っています。といっても、彼の36年に渡る在職中は酷暑の南部での仕事というだけでなく、当時中東で第一の精製所のあったアーバーダーン、イランの第一の石油輸出を担う巨大な桟橋のあるハーク島などイランの要衝に勤務し、イラン・イラク戦争の大変危険な状況の中を乗り越えての退職でした。退職をしたのは通常の定年より少し早いものでし …