このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
ラジオ日誌
2015/08/24(月曜) 20:17

イランの書類の書き方

イランの行政に提出する書類にはいつも悩まされます。記入しなければならない事項が、日本のそれとは異なるからです。普段はめったに使わない郵便番号を記入しなければいけなかったりなど。先日は、性別のところを丸で囲んだら、横にチェックをしてくださいと注意されてしまいました。イランのどの公式書類にも存在するのが、氏名や住所の他に、父親の名前、そして宗教を書く欄です。以前 …
2015/08/23(日曜) 20:59

風鈴

テヘランは夏も真っ盛り、涼を求めて、さて風鈴でも吊そうかと思い立ちました。この風鈴はイランで買ったものではなく、はるばる日本から買い求めた南部鉄のとても音色のよい風鈴です。が、吊す場所がありません。ベランダの天井、いわゆる軒下も吊そうと思えば吊すことはできるのですが、窓を開けっ放しにしないためせっかく風鈴が鳴っても二重サッシに阻まれて音を聞くことができません …
2015/08/22(土曜) 22:24

夏休み最後の月を前に

今日はイラン暦の5番目の月、モルダード月の最終日です。明日日曜からイランはシャハリーヴァル月に入ります。シャハリーヴァル月は夏の3ヶ月の最後の月にあたります。イランの人々は2ヶ月、夏の猛暑に悩まされました。ですから、シャハリーヴァル月の訪れをもって、これからはだんだんと気温が落ち着いて、過ごしやすくなることを期待します。また、シャハリーヴァル月は学校の夏休み …
8月上旬、原爆の日にあわせて、長崎の街にイランの子どもたちの絵が飾られました。これは平和を願う絵を子どもたちが描く国際的なプロジェクト「キッズゲルニカ」の一環で実現したものです。イランの子どもたちがこの企画に参加するきっかけを作ったのが、長崎県の中学校教諭、久保剛(くぼ・つよし)さんです。久保さんは数年前までテヘランの日本人学校に勤務していましたが、日本に帰 …
2015/08/19(水曜) 21:40

スィースムーニー

イランでは、赤ちゃんができたことが分かると、妊婦の両親が、初孫のために必要なものを買い揃える慣習があります。これはベビー用品一式でもいいし、代わりにお金を渡してもかまいません。子供が生まれる予定日のだいたい2ヶ月前に行われることになっていて、ベビー服やおしゃぶりのような細かいものから、ベッドやベビーカーなど大型のものまでが準備されます。このスィースムーニーに …
2015/08/18(火曜) 21:43

ガスル庭園博物館

テヘランの中心部に、"バーグムーゼ・ガスル"、ガスル庭園博物館と呼ばれる公園があります。庭園と言えば、イランでは、背の高い木々が並び、色とりどりの花が咲き乱れ、古い建築様式の趣のある建物があって、人々がくつろぎながらおしゃべりに興じている美しい場所が想像されます。でも、このガスル庭園博物館、実は少し前まで、名前を聞くだけで誰もが震え上がってしまうような刑務所 …
2015/08/17(月曜) 21:01

断捨離

この数日のうちに、すぐ近くではありますが、引越しをすることになりました。自分ではそんなに余計な物品は持っていないつもりでいましたが、いざ片付け、荷造りをはじめると滅多に使わない物や、同じような物が沢山出てきてびっくり。と同時に、今後は何かを購入する際にもっとよく考えなければならない、と反省させられました。物品が多いと、どうしても収納スペースが狭くなり、結局は …
2015/08/16(日曜) 18:13

8月13日は左利きの日

ラジオ日誌の話題を探して悪戦苦闘していると、フーシュファルスタッフが面白い話題を提供してくれました。8月13日は左利きの日だったと言うのです。イランのサイトから見つけてくれたのですが、読んでみるとなかなか面白い話が載っていました。私の父は男兄弟3人なのですが、3人とも揃って左利きですが、世界の人口のうち、10%から30%が左利きなのだそうです。アメリカのオバ …
2015/08/15(土曜) 22:06

日本からの友人

日本からの友人が我が家に2日間滞在していきました。彼女も私と同じくイラン人と国際結婚し、子供を一人もうけています。今回6年ぶりにご主人の郷里へと里帰りした彼女、忙しい合間をぬって、我が家を訪れてくれました。ペルシャ語に悪戦苦闘している彼女を尻目に、中学3年生のお嬢さんは、さすがに毎年夏休みの一ヶ月間をお父さんの実家で過ごしてきただけあって、ペルシャ語も流暢な …
2015/08/13(木曜) 17:10

イランの夏 

そういえば、立秋も過ぎ、暦の上では季節はもう秋なんですね。ここ数日、午後の1時過ぎにIRIBの迎えの車に乗った際も窓からの風が涼しく、不思議に思っていました。日中はまだいつもの暑さと変わらないけれど忍び寄る秋の気配が感じられます。イラン暦の夏の月は西暦の6月22日から始まるティール月そしてモルダード月とシャハリーヴァル月の3ヶ月ですが今年は例年よりも夏が来る …
2015/08/12(水曜) 23:56

夏のダマーヴァンド山

私たちのいるテヘランは基本的に山に囲まれています。その中で目立つのは、ラジオ日本語の部屋からよく見えるアルボルズ山脈と、東の郊外にある標高5600メートル以上のダマーヴァンド山です。7月になると、アルボルズ山脈の雪は完全になくなってしまいますが、ダマーヴァンド山は、8月になっても雪が残っているのが見えます。こちらで勤務していた日本人の方からも、この時期にダマ …
テヘランで、バレーボール男子アジア選手権が開催されました。決勝戦ではイランと日本が対決し、日本の勝利、優勝に終わりました。私はもちろん、決勝戦に至るまで、イランだけでなく日本の試合もずっと観ていました。そして日本が勝てばもちろん嬉しかったし、負けてしまえば非常に残念でした。日本とイランの決勝戦での対決がかなったらいいな、と思っていたのですが、その願いが現実に …
2015/08/09(日曜) 19:03

新築祝い

イランでは、新しく家を買った人には親戚や親しい友人が新築祝いを贈るという習慣があります。先日主人の友達がお祝いを持って来てくれました。開けてみると、花びんや果物などが書かれた油絵です。大変素敵な絵で一目で気に入りました。本当は半年も前に完成していたとのこと。知り合いの絵描きに頼んで引っ越しに間に合うよう、かなり急がせたらしいのですが、けっきょく私たちの引っ越 …
ご当地テヘランで開催中の男子バレーボールアジア選手権、昨日は日本とカタールの準決勝が行われ、家族揃ってテレビ観戦をしていました。第1セットの序盤から日本は劣勢にたたされ、点差が開いていきます。これは危ないかも、と思っていたら、息子が「アーザーディ体育館まで応援に行こう!」と言い出しました。今から駆けつけてもこの調子だと試合は終わっているよ、と言っても耳を貸さ …
1年以上前から、イランで人気のテレビ番組があります。"笑いを社会に"をテーマにした、「ハンデヴァーネ」という番組です。この番組は、スタジオに観客を招き、番組のスタートにはまず、無理やり観客を笑わせます。1時間以上の番組ですが、本当にリラックスした雰囲気の中で進められ、成功を収めたゲストを呼んで、そのエピソードを聞いたり、ジョークを紹介したり、10秒間、カメラ …
2015/08/05(水曜) 21:43

叔父の死

数日前のことです。いつものように親戚の家に電話をすると、 6歳のいとこが電話に出て、突然、叔父が亡くなったことを知らせてきました。この叔父は病気を患うこともなく、本当に元気だったので、にわかには信じられませんでした。実家は田舎にあるため、すぐには駆けつけることができません。お葬式にも出ることはできませんでしたが、この数日、いつもこの亡くなった叔父のことを考え …
2015/08/04(火曜) 21:15

SMSの広告

毎日、私のスマートフォンにはいろいろな広告が入ります。北東部の聖地マシュハド、南部キーシュの国内や、トルコのイスタンブールやアンタルヤ向けの格安ツアー、ブランド品のセール、コンサートの告知、コンピュータ教室の案内、求人サイトの登録案内などなど。その中で、「自信を高め、恐れを克服する」という、今まであまり見かけなかったセミナーの宣伝がありました。日本人に比べ、 …
2015/08/03(月曜) 19:10

プチスイカ

いつもバザールを歩いていて、ずっと気になっていたものがありました。それはMサイズの卵よりも一回り小さなスイカです。最近、この小さなプチスイカが山積みになって売られているのです。ずっとどうやって食べるのだろう、と思っていたのですが、あるときお店の人に聞いてみると、主に漬物にして食べるのだと教えてくれました。そして味は苦い。イランは糖尿病を患う人が多く、このプチ …
2015/08/02(日曜) 21:14

紙上の散策  

イランの子供たちの夏休みは丸2ヶ月過ぎたとは言え、まだ日本の子供たちの夏休みの丸々以上残っています! 今年は特に酷暑のラマザーン・断食月だった為か"ラマザーン明け"以来、週末は涼を求めてテヘランを脱出する人々でどこも大変な交通渋滞だと聞いています。ですがイランでは、夏休みのプログラムとして(特に子供たちへの)"旅行"は無くては成らないものです。(ですからこれ …
2015/08/01(土曜) 18:27

結婚ラッシュ

今月は夫の親戚で結婚ラッシュです。上旬には甥っ子が、中旬には従妹が、そして下旬には姪っ子が結婚します。先週、そのうちの従妹から、結婚式の招待状が届けられました。日本ではこの種の招待状は少なくとも一カ月前までには一斉に郵送し、出席者の確認を取るのが一般的ですが、こちらイランではこの種の招待状は郵送ではなく、基本的に手渡しです。そして出席者の人数の把握もかなりア …