このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/07/15(水曜) 20:28

断食月・ラマザーン(4)

断食月・ラマザーン(4)

今回も、イランのラマザーン月の風俗習慣についてお話しすることにいたしましょう。

 

これまでの番組では、ラマザーン月に人々は礼拝、宗教的な集会や説教に参加したり、コーランを読む会に出席したりするということをお話しました。ラマザーン月の精神的な雰囲気作りは、罪を回避したり、社会の腐敗を戦ったりするために人々を動員する下地となります。このためこのつきには社会には特別な穏かさが広まり、社会には大きな変化が生まれます。人々はこれまで以上に善行に向かい、他者を思いやるのです。

概して、ラマザーン月には精神的な雰囲気が広まり、断食をすることのできない人々も公共の場所や通りでは、断食者を敬い、飲食を控えます。

ラマザーン月には、一部の職業は営業時間を変えます。外食産業も、ラマザーン月を尊重し、日中は営業を停止します。レストランや食堂は断食明け後にサービスを開始します。町のバザールもまた変化します。この月にバザールのモスクは、特別な盛況を見せます。

ラマザーン月の断食や礼拝に向けた人々の情熱は、子どもにも影響します。未成年の子どもたちの中には、大人の真似をして、また両親の勧めによって、夜明け前に一緒に起き、断食をする子どももいます。子供たちにとって夜明け前に起きて、食事をすることは非常に楽しいことです。これらの子どもたちの断食はたいてい昼まで行われます。子どもたちには初期の断食が楽しい思い出となるよう、贈り物が贈られます。ヤズド州のアルダカーンでは、断食をした子どもに必ずご褒美を与え、庭を持っている人は、果物の木を子どもに与えます。

昔から、イランの一部の地域では、ラマザーン月の夜に、青少年のための特別な儀式が開かれ、今もイランの村ではこの習慣の一部が残っています。例えば、イラン中部の町、カーシャーンでは、ラマザーン月の3日の夜から15日まで、若者は各家を訪問し、一人がコーランの第91章アルシャムス章「太陽」を読み、残りがそれについて読み上げます。この後、その家の主人に祈りを捧げます。そして次の家を訪問するのです。この儀式の中では様々な詩が読まれます。イラン各地ではこの儀式に似たようなものが行われています。

ラマザーン月の終わりは、フェトルの祝祭です。フェトルの祝祭は世界のイスラム教徒にとって最大の祝祭であり、シャッワール月1日に行われます。イスラム教徒は1ヶ月の断食と神への崇拝を経て、この日を祝います。祝祭の朝、すべての町や村では、フェトルの祝祭の礼拝が盛大に行われます。断食をしてきたイスラム教徒は、フェトルの祝祭に参加します。今回の番組では、イラン各地のフェトル、断食明けの祝祭についてお話しすることにいたしましょう。

ラマザーン月の新月を確認し、それに関連して行われる儀式については、これまでの番組でお話しました。これと同様、イランの多くの地域では、シャッワール月の新月を確認するため、ラマザーン月の最終日の夕方に、屋根などの高い場所に上ります。イラン西部の町サナンダッジの人々は、フェトルの祝祭の前日を「祝祭の兄弟」と呼び、すべての作業を祝祭の夜までに終えなければならないと考えています。このため、祝祭の数日前に家の大掃除をし、新しい服を用意し、客人を迎えるための準備をします。

イランの多くの地域では、ラマザーン月最後の日の日没前に、フェトリーエと呼ばれる断食明けの祝祭の際に渡される金品を分け、貧しい人に与えるのが習慣となっています。フェトリーエやザカートと呼ばれる喜捨は、それぞれイスラム教徒が貧しい人に施す金品のことです。フェトリーエの規模は年間のその人の食料の消費に従い、一人当たり3キロの小麦や米、あるいはその他の食料が施されます。

イラン北西部の町、ウルミエでは、ラマザーン月の最終日の夜、人々はモスクに行き、夜明けが近づくまで祈祷したり、コーランを読んだりします。シャッワール月の訪れの知らせを聞くと、すべての人がモスクに足を運び、断食明けの祝祭の祈祷や礼拝を行います。

イランの多くの都市では、ラマザーン月の最終日の夜、新婚の女性に家族から贈り物が贈られます。この贈り物には、食料、お菓子、果物、服などが含まれています。

フェトル、断食明けの祝祭の日は、イランのイスラム教徒、断食者にとって特別なものです。イランの多くの都市では、断食明けの祝祭に際し、人々は新年のように新しい服を着て、喜びに溢れ、町の礼拝所やモスクなどに向かい、フェトルの礼拝を行います。世俗から離れ、純粋な心で並び立ち、神に祈りを捧げる礼拝者の集団は、非常に壮大な光景を生み出します。礼拝が終わると、人々は互いに祝辞を述べ合います。この日は通常、年少者が年長者のもとを訪ね、昼食やお菓子が振舞われます。また、断食明けの祝祭の日には、家族を亡くした人のもとを訪れます。この中では布や服といった贈り物が贈られます。

Add comment


Security code
Refresh