このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/03/15(日曜) 21:59

トルコのISISへの大規模な支援

トルコのISISへの大規模な支援

これまでの番組では、テロ組織ISISの思想の基盤、その誕生の経緯、サウジアラビアの関与についてお話ししました。

 

サウジアラビアと共に、ISISの誕生と強化に強く関わってきた国の一つが、トルコです。今夜のこの時間は、ISISの誕生と財政基盤の強化、人材確保に、トルコ政府がどのような役割を果たしてきたのかについてお話しすることにいたしましょう。

トルコは、チュニジア、エジプト、リビアといった独裁国で、イスラムの目覚めの運動が起こった後、それを導く役目を果たそうとしました。当時のトルコのエルドアン首相は、エジプトでムバラク政権が崩壊した直後、カイロを訪問し、反体制派の人々に対し、トルコの統治体制を、今後の政体の模範にするよう求めました。エルドアン氏率いるトルコの公正発展党は、ムスリム同砲団と近いため、彼らが議会で過半数を獲得し、モルシ大統領が選出された後、ムスリム同胞団と非常に密接な結びつきを築き上げました。

エルドアン政権はまた、シリアでも、オスマン帝国の復活とトルコの影響力拡大に向け、その野望を推し進めるために、人々の抗議を利用しようとしました。トルコ政府は、シリアの改革に向けた運動を、アサド政権を転覆させるための運動に変えようとしました。その中で、それまで名前も聞かれなかったような反体制派グループが、突如、現われました。こうして少しずつ、シリアの反体制派グループと共に、様々な国の人々で構成されるタクフィール主義のグループが誕生していきました。これらのグループの活動の拠点はシリア国内の各地に広がり、それが反体制派グループの活動の場を狭めました。そのため、かつて、政府を樹立しようとしていたこれらのグループは、タクフィール主義のテログループと深く対立したために、シリア国内に、たった一つの事務所さえ、設置することもできなくなりました。

この中で、トルコ政府は、シリアの反体制派とタクフィール主義のテログループの双方を支援しました。シリアの反体制派へのトルコ政府の政治や資金面での支援は堂々と行われ、イスタンブールでは、反体制派の連帯と統一を目指す会合が開かれました。その会合は何の結論にも至らず、どれも、政治的な深い対立のために決裂しました。なぜなら彼らは、シリアで混乱が始まった当初から、シリア国民のことなど考えておらず、ただ、自分たちの政治的、経済的な利益と権力を求めていたからです。

一方で、ISISやヌスラ戦線といったタクフィール主義のテログループへのトルコの支援は、特別な形で行われ、トルコはそれを必死に隠そうとしました。とはいえ、それは有識者の目には明らかでした。アメリカが、ISISへの支援継続についてトルコと意見を違えたとき、アメリカのバイデン副大統領は、トルコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦がISISを支援していることを明らかにしました。

タクフィール主義グループには、アラブ諸国、コーカサス地方、ヨーロッパ諸国を中心に、世界の86カ国の人々が参加しています。彼らはトルコに入国した後、この国の拠点でみっちりと軍事訓練を受け、その上でシリアに送られます。これについては多くの映像や文書が公表されていますが、中でも最も重要なのは、バイデン副大統領の発言でしょう。

ドイツの国営テレビも少し前に、トルコのイスタンブールのある通りに、ISISの事務所が設置され、そこでISISのための資金集めや、シリアとイラクに派遣するための傭兵の勧誘が公然と行われていることを明らかにしました。この報道によれば、トルコ国内には、ISISのメンバーを訓練するための複数の拠点が存在するということです。

トルコ南東部にあるキャンプからは、キリスト教徒が多く住むシリア国境の町を攻撃するために、戦闘員が送られました。また南部にあるキャンプは、トルコにある最大のアメリカ空軍基地の近くに位置しています。興味深いのは、これらのキャンプが、イラクから中央アジアへと延びるガスのパイプラインを結ぶ地点に非常に近いということです。このパイプラインは、トルコの地中海ジェイハン港へと延びています。

CNNは、昨年の暮れに、トルコを経由してシリア国境に入る外国人戦闘員の作戦の様子を再現した映像を放送しました。この中では、モーリタニア、リビア、エジプト、サウジアラビア、イギリスの出身の戦士たちが、トルコのハタイ空港からシリアの国境近くに移送されている様子が映し出されています。その中で、トルコ人のジャーナリストたちは、トルコとシリアの国境が、テロリストが容易に移動できるルートになっていることを明らかにしました。彼らは、トルコの情報機関がテロリストと協力していると強調しています。

ISISは、世界で最も規模が大きく、豊かな資金を持ったテログループですが、トルコの支援なしでは、そのような地位に到達することはありませんでした。ISISは、数多くの資金源を有しています。サウジアラビア、カタール、アラブ首長国連邦が、ISISへの資金援助国です。この他、ISISは、シリアやイラクの占領下にある地域の石油を売却して資金を確保しています。ISISは、シリアやイラクから強奪した石油を密売し、それをトルコに移送して闇市場で売り、莫大な資金を稼いでいます。

トルコと、ISISの援助者であるサウジアラビアの王子の一人との関係は、トルコのISISへの全面的な支援を物語っています。トルコ政府は、この関係を隠そうとしていますが、それはトルコの各紙面で伝えられています。

サウジアラビアの資産家であるヤシン・カディは、世界のテログループの支援者の一人として知られています。2001年のアメリカ同時多発テロ事件後、彼とその他数人の名前が、国際的なテロリストのリストに入れられ、多くの国が、彼の入国の禁止を発表しました。トルコも、そうした国の一つでした。しかし、今年の初め、トルコのメディアは、ヤシン・カディとエルドアン大統領の会談、そして彼とエルドアン大統領の息子との長時間にわたる会談の模様を伝えました。ヤシン・カディは、2012年に4度、トルコを訪問し、エルドアン氏は、イスタンブール空港の監視カメラのすべてを切った上で、自ら空港で彼を出迎えました。エルドアン氏は、司法調査の中で、ヤシン・カディがテロリストであることへの言及を避けながら、次のように語っています。「私は自分を信じているのと同じくらい、ヤシン・カディ氏に信頼を寄せている。彼は善良な人間だ」

トルコ発行の新聞は、次のように記しています。「ヤシン・カディは、12回、トルコを訪問し、そのうち7回は、エルドアン氏の協力によって行われた。なぜならカディの名前は、トルコの空港で、入国禁止者のテロリストとして登録されているからだ」 この新聞は、カディとエルドアン氏、および、トルコの情報機関ハカン・フィダンの長官は、「トルコの警察が、カディを追っていた頃、彼はエルドアン氏と会談していた」と強調しています。

トルコとISISの緊密な協力を示す証拠は数多く存在します。トルコの政府関係者は、ISISなど、シリアやイラクで活動するテログループを支援すれば、地域におけるトルコの地位が向上すると考えています。これは、西側同様、最終的に、これらのテログループが、彼ら自身の安全を脅かす存在となる政策です。トルコもまた、その例外ではないのです。

Add comment


Security code
Refresh