このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
この番組では、イランの最高指導者ハーメネイー師の欧米の若者たちに宛てた書簡についてお話しています。この書簡は、欧米の若者たちに、テロの根源を探り、この共通の問題に関して策を講じるよう呼びかけています。 … …
いよいよ明日、イラン議会選挙と専門家会議選挙が開催 イランでは明日26日金曜、第10期議会選挙と第5期専門家会議選挙が同時に実施されます。この2つの選挙は、数ヶ月前から大部分のメディアや政界の注目を集めています。これらの選挙を目前に控え、メディアはこの数日、再びこれまでのようにインターネット空間や衛星放送を活用して、大量のニュース報道や解説をイランの議会選挙 …
2月26日、イランでは、議会選挙と専門家会議選挙が実施されます。
今月26日には、イラン全国で第10期国会議員選挙と、第5期専門家会議選挙が同時に実施されます。
イランイスラム革命は、今から37年前の1979年2月11日に勝利を収めました。この勝利は、イラン国民にとって、永遠の転換点となりました。この偉大なる勝利は、イランにおける深い変化のきっかけとなっただけでなく、地域や世界レベルで影響力のあるモデルとなりました。   そのため、イラン暦バハマン月22日にあたる2月11日の革命勝利記念日は、偉大な出来事を思い起こさ …
今回の番組では、この書簡の一部を取り上げ、タクフィール主義のテログループの創設と支持における西側の政府の役割についてお話しすることにいたしましょう。 … …
今回も前回に引き続き、私・山口雅代がイラン中部にある古き都、イスファハーンの観光名所をご案内してまいります。   サファヴィー朝の栄華を象徴するチェヘルソトゥーン庭園博物館 前回は、サファヴィー朝の全盛時代を象徴し、ユネスコ世界遺産にも登録されているナクシェ・ジャハーン広場と、ここにあるいくつかの見所をご案内いたしました。今回はまず、この広場から出て、チェヘ …
悠久の歴史を誇るイランには、いくつもの古い都が存在します。中でも、イラン中部の都市イスファハーンは、16世紀末に当時のサファヴィー朝の為政者、アッバース1世によりイランの首都に定められたことから、世界に誇る町としての道を歩むことになりました。 … …
今回は、過激派思想の根源について、最高指導者の書簡を取り上げながらお話しすることにいたしましょう。
この番組では、イランの文学者、作家、言語学者であったアボルハサン・ナジャフィー博士に追悼を捧げ、彼の功績についてお話ししています。 … …
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師は、欧米の若者たちに宛てた二通目の書簡で、テロを「世界共通の痛み」だとしました。そして、さらにこのように述べています。 … …
ハーメネイー師は、この二通目の公開書簡でテロとその根源について語っています。最高指導者はこの中で、テロリズムを西側とイスラム世界の共通の問題とし、現在西側が直面しているテロは数十年前から始まり、最も激しい状況の中で、パレスチナなどのイスラム社会を犠牲にしてきたと述べました。ハーメネイー師はイスラム社会に対するテロへの西側の支援について触れ、西側の若者たちに対 …
最高指導者のハーメネイー師は、欧米の若者たちに宛てた書簡の中で、西側のテロリズムの根源を探り、性急な反応がテロとの戦いにおける最大の過ちの一つだとしています。ハーメネイー師は欧米のイスラム教徒の社会における現在の亀裂の拡大、社会の孤立や恐怖、混乱の発生、彼らの基本的権利のはく奪、そして表面的な措置を合法化することで、現在のブロック化を拡大し、将来の危機の道を …
最高指導者ハーメネイー師が欧米の若者たちに送った書簡は、この1年で最高指導者が欧米の若者たちに送った二通目の書簡で、その中ではイスラムや現代世界における西側のイスラム教徒への対応に関して直接言及されています。 … …
今回の番組では、アメリカのサンバーナディーノでのテロ事件と、こうした犯罪がイスラム教徒に関連付けられていることについてお話しすることにいたしましょう。 … …
今から1400年前ほど前の世界は、乾ききった大地が恵みの雨を求めるごとく、ある人物が出現し、地上から飢え渇きや暗雲を取り払ってくれることを待ち焦がれていました。当時の世界は、誤った信条やこだわりが蔓延り、迷信という泥沼と化していたのです。慈悲深い神の思し召しにより、忘れえぬあの運命の夜、ついに神は恵みの雨を降らせ、乾ききった大地を潤しました。そして、アラビア …
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師は、欧米諸国の若者たちに宛てた2通目の書簡において、注目すべき重要な点を指摘しました。彼は、フランス・パリでテロ事件が発生し、罪のない人々が殺害されたことに遺憾の意を示し、西側諸国における暴力行為の根源について考えるよう、西側諸国の若者たちに呼びかけています。 … …
イスラム革命最高指導者のハーメネイー師は、2通目の書簡の中で、欧米諸国の若者たちに語りかけました。ハーメネイー師の1通目の書簡はおよそ10ヶ月前に出され、世界的な反響を呼びました。1通目の書簡で最も重要だった事柄は、コーランや預言者ムハンマドの慣習を直接参照することで、純粋なイスラムを知るための探求を行うよう呼びかけることでした。 … …
現在、国家テロは、テログループへの大規模な物質的、精神的支援により、一部のイスラム諸国で大規模な内戦を開始しています。これらの地域の人々は常にテロにおびえながら生活しており、その命や財産を危険にさらしています、テロリズムは、今日、西側諸国に広まり、ヨーロッパの市民を恐怖に陥れているものです。しかしながら、西側諸国は世界の平和や治安、人権の擁護者を自称している …
11月30日、イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師は、欧米諸国の若者たちに宛てて書簡を記し、それが多くのメディアで取り上げられました。テロに対するアメリカの矛盾した政策、イスラム世界に対する軍事攻撃、パリの同時テロへの非難、パレスチナでの流血、イラクとシリアでのテロ組織ISISの暴力、これらが、最高指導者の書簡の主な内容となっています。さらに、イスラ …
1 / 10 ページ