このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
世界と生命が喜びに沸きかえり、神による創造を示す、色鮮やかな春が巡ってきました。
イランの春の新年ノウルーズは、春の最初の日であり、自然界の真新しさと芽生えが始まると共に、人間の生活空間が新しくなる日でもあります。即ち、ノウルーズは春という季節や生命の始まりなのです。これは、イランの古くからの祝祭であり、歴史家によればノウルーズの祝祭は紀元前3000年期、即ち今から5000年前に既にイランに広まっていたとされています。 … …
イラン暦の昨年はイランにとって依然として、制裁を伴う年でした。アメリカ政府は、この制裁をイランを麻痺させるものだと主張しています。しかしながら、覇権主義体制からの解放と独立のため、アメリカに立ち向かったイランのイスラム共和制は、制裁を科学の向上と発展、開発のための機会に変えました。 … …
この番組では、今年のノウルーズが預言者の娘ファーティマの殉教日と重なったことから、イランの人々にとっての宗教の重要性についてお話しています。 … …
2015/03/23(月曜) 14:04

各国のノウルーズ(2)

パキスタン北部・ハイバル・パフトゥンハー州に住む多くの人々は、ノウルーズの祝祭の行事を行います。この地域の人々は色とりどりの旗を掲げ、照明をともすことで、新たな年を迎え、詩の会を開くなど、祝祭行事を催します。パキスタンでは、ノウルーズはその到来により、世界すべてを輝かせる、新たな日とされています。 … …
2015/03/22(日曜) 14:44

各国のノウルーズ(1)

ノウルーズとはイラン暦のはじめの日であり、たとえイランの名声につながりがあり、数千年の歴史を持っているとはいえ、アジアの広い地域に住む多くの人々の共通の祝祭です。そうした国や地域としては、イランと隣接した中央アジア地域、コーカサス地方、アフガニスタン、インド、トルコ、イラクなどを挙げることができます。 … …
イランの新年、ノウルーズを迎え、この日の歴史について振り返ります。
イラン人の歴史には、人類学的で英知に基づく概念や基盤にあふれた、精神性に基づく習慣が数多く存在します。イランの古くからの祝祭である春の新年ノウルーズは、世界でも最も古い精神的な習慣として、イラン人の伝統的、精神的な価値ある遺産の1つとされています。様々な伝統と習慣を持つこの古式ゆかしい祝祭は、全世界の多くの人々に平和や希望、幸福をもたらすのです。 ̷ …
この番組では、2ヶ月に渡り、欧米の若者に向けた最高指導者のメッセージを検討してきました。今回の番組では、このメッセージに触れながら、西側の植民地主義の歴史、とくにイギリスのインド植民地時代についてお話しすることにいたしましょう。 … …
3月21日の新年ノウルーズの祝祭を前に、今回の番組では、イラン人の最大、最古の祝祭について、またその慣習についてお話しすることにいたしましょう。 … …
西暦2014年3月21日から2015年の3月20日までに当たるイラン暦1393年、イランのローハーニー大統領は、大統領就任以来2回目となる、国連総会での演説を行い、世界の注目を集めました。 … …
春の始まりの日々は、イランの古くからの祝祭である新年の慣習ノウルーズと、昔からつながりがあります。長年にわたりイランやイラン文化の影響を受けた地域の人々は、ノウルーズの儀式をその麗しい習慣とともに執り行い、これを自分たちよりも後の世代に伝えることで、未来にもこの祝祭が存続することを保証しています。この祝祭は、イランの伝説的な歴史に端を発しており、イラン人の典 …
ここ数年、多くのイスラム諸国ではイスラム教徒が再度目覚めを経験しており、イスラム文明を蘇らせています。イスラムは1400年もの間、多くの浮き沈みを経て、今日多くの敵対にもかかわらず、世界第2の宗教と見なされています。イスラムはその深い価値や教義により、日々欧米でも支持者の数を増やしています。 … …
これまでの番組では、イスラムを知るための第一の根拠を参照する必要性、真理追求の精神の強化と成長、イスラム恐怖症の出現と拡大の理由などについてお話しました。さらに、欧米の思想家や政治家、アメリカの若者たちの間でのこのメッセージの最初の反響についてお話しました。今夜の番組ではこのメッセージをさらに検討することにいたしましょう。 … …
  最近、イスラム国を自称するテロ組織ISISにより、人質とされた2人の日本人・後藤健二さんと、湯川遥菜さんが殺害されたことは、全世界でISISに対する強い非難を招きました。イスラムという名目を悪用した、ISISによるこのような凶悪無残な行動は、人種、国境、そして宗教の違いにかかわりなく、人道に反する許しがたい暴挙であり、断固たる態度をとるべきだとする声が上 …
今回でこの番組は5回目を迎えます。この中では、最高指導者の欧米の若者に向けたメッセージの内容を検討し、最新の反響をお伝えしています。 … …
西側でのイスラム排斥と預言者ムハンマドの神聖への前例のない侮辱が頂点に達したことを受け、イランイスラム革命最高指導者ハーメネイー師が欧米の若者に公開書簡を送り、彼らに仲介なくして、自由な思考でイスラムについて知るよう呼びかけました。ハーメネイー師のメッセージは論理的であり、世界の多くのメディアが賛否両論、その全文、または一部を取り上げ、その解説に際して、「公 …
今年も、イランの人々は例年のように、2月11日水曜に当たるイラン暦バフマン月22日のイスラム革命の勝利36周年を盛大に祝いました。この祝祭は、世界のメディアや政界にとっても重要で、注目に値するイベントとされています。世界の重要なメディアのほとんどは、この革命勝利記念式典を取材するため、記者をイランに派遣しました。 … …
正義と虚偽の対決は、長い歴史を持ち、全世界で広く見られます。その中では、時には正義が優勢となり、またある時には虚偽が優位になることもありましたが、最終的には救世主とされるシーア派12代目イマーム・マハディーにより、正義が勝利を収めることになっています。しかし、歴史において、虚偽に対する正義、暗闇に対する光の勝利が最も明白に現れたのは、1979年に発生したイラ …
1979年のホメイニー師率いるイランイスラム革命の勝利は、多くのアナリストや社会学者を驚かせました。この理由の一つは、この革命が何よりも文化的革命だったことでしょう。その革命の最も美しい具現は、イランの人々の信条と価値観に端を発する文化的な波でした。その基本的なスローガンや理念もまた、自己に戻る、ということでした。それはパフラヴィー王朝の誤った政策と国際分野 …