このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イスラム暦61年モハッラム月10日、つまり西暦680年10月13日、イスラムの歴史、および人類の歴史における最大の英雄伝が、現在のイラク中部に当たるカルバラで発生しました。この出来事では、イスラム教シーア派3代目イマーム・ホサインとその教友72名が、イスラム教を守り、圧政と戦うため、大軍と戦ったのです。ホサインは、現在のイラク中部の町クーファの人々の要請によ …
今回はイスラム暦61年に現在のイラクの地、カルバラで起こったアーシュラーの出来事についてお話しすることにいたしましょう。
現在のイラク南部・カルバラーで、シーア派3代目イマーム・ホサインが、当時のウマイヤ朝の圧政者ヤズィードの軍隊により殉教した事件は、特別な位置づけにある歴史的な事件の1つです。この出来事は、イスラム暦61年、即ち西暦680年に起こりましたが、その後長年が経過しても新鮮味があります。ウマイヤ朝の支配者たちは、アーシュラーの出来事が起こって以来、この一大事件を歪曲 …
イスラム暦61年モハッラム月10日に当たる、西暦680年10月13日は、現在のイラク・カルバラの地で、イスラムと人類の歴史に最も偉大な英雄伝が刻まれた日です。イスラムの預言者の一門で、シーア派3代目イマームであるホサインはこの日、72名の教友とともに、神の啓示宗教を守り圧制と戦う為、大勢の敵の軍隊と戦いました。イマーム・ホサインは、イラクの町クーファの人々の …
イランの専門家会議の議長をつとめていたマフダヴィーキャニー師が、心臓疾患による5ヶ月の入院後、10月21日に死去しました。この優れた革命の闘士が死去したことを受けて、イラン政府は2日間を正式に服喪の日として宣言しました。イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師はメッセージの中で、マフダヴィーキャニー師の人格について次のように記しています。「この偉大な学者 …
イスラム暦ゼルハッジャ月18日にあたる10月13日は、預言者ムハンマドがシーア派初代イマーム・アリーを後継者として指名した、ガディール・ホムの祝祭に当たります。 … …
レイの代表的な見所「シャーアブドルアズィームの聖廟」 レイの町の大きな見所の1つに、シャー・アブドルアズィームの聖廟があります。ここは、シーア派の巡礼地の1つでもあり、1955年にイランの国家遺産に指定されました。ここには、アッバース朝時代に生きていた、シャー・アブドルアズィームとして知られる人物が埋葬されています。この聖廟そのものが造られたのは、モンゴル系 …
イスラム暦ゼルハッジャ10日にあたる、本日10月5日はイスラム教の犠牲祭に当たります。犠牲祭とは偉大な神に従い、世界の創造主である神に近づく祝祭です。このことは、現世におけるすべての所属やつながりを絶つことによってのみ実現するものなのです。 … …
イランの首都テヘランは、多数の人口を抱える大都会であり、複数の市や郡が集まってテヘラン州を形成しています。中でも、テヘラン市はイランの政治、経済の中心地であり、さらには博物館や文化施設なども数多く存在しています。そのテヘラン市中心部から南に十数キロ離れたところに、シャフレレイという地区があります。この地区は、レイとも呼ばれ、同じテヘラン市内にありながら、テヘ …
現在、テロリズムが再び、アメリカや、これに同盟するヨーロッパや地域諸国による、中東地域への干渉の口実となっています。今回、その口実となっているのは、「イラクとシャームのイスラム国」を自称するテロ組織ISISです。数日前、サウジアラビアとフランスが、このテロ組織に対抗するための、地域的、国際的な措置についての打ち合わせを行なうため、複数の西側諸国やアラブ諸国、 …
イマーム・レザーの母親であるナジメ・ハートゥンは、次のように述べています。「私は、わが子を身ごもっていたとき、重いなどと感じたことはなかった。夜寝るときには、自分の体内から数珠の音や、神を称賛する声が聞こえてきた。恐れのあまり、私は眠りから覚めたが、もはやその音は聞こえなかった。わが子は生まれた時、両手を地面につき、頭を上げ、唇を動かしたが、何を言っているの …
さらに悪化するガザの現状とメディアに対する疑問 2007年6月に、シオニスト政権イスラエルによるガザ地区の封鎖が始まってから、ガザ地区では失業率が最悪の水準に達し、商業活動が混乱とともに、物価が全体的に3倍から4倍に値上がりしています。ガザ地区南部の、唯一の出国経路であるラファ検問所はこの7年間、エジプトの措置によりほとんど閉鎖された状態です。さらに、この間 …
この数週間、世界のメディアではガザ地区の情勢がトップニュースとして報じられています。しかし、西側諸国のメディアは、ガザ情勢に関する偏った報道を理由に非難されており、全世界の反応を引き起こしています。 … …
イランには、何日もかけて旅行をしなくとも、日帰りで行ける観光スポットが数多く存在します。そうした観光スポットには、テヘラン北東部にある、中東最高峰とされるダマーヴァンド山の絶景、またイラン人の間にもあまり知られていないと言われるシャーハーンダシュトの滝が挙げられます。距離的にも、これまでに行った場所と比べて非常に近いのですが、イランにはそうした意外なところに …
2014/07/28(月曜) 22:44

断食明けの祝祭

イスラム教徒の断食明けの祝祭の日がやってきました。今日は、イスラム暦シャッワール月1日です。今、「神は偉大なり」という響きが人々の心を歓喜させ、人々の表情には、誇りと喜びが溢れています。今日は、1ヶ月にわたって断食を行い、欲望にうちかち、清々しい心を手に入れた人々の祝祭の日です。ラマザーンの旅人たちは、1ヶ月の旅を終え、神の報奨を受け取る用意をしています。彼 …
今日、7月21日は、IRIB国際放送ラジオ日本語の開局記念日です。今年ラジオ日本語は、リスナーの皆様の支えとスタッフの努力により、無事に15周年を迎えることができました。 … …
イスラム暦40年ラマザーン月21日、イスラムの預言者ムハンマドの後継者で、シーア派初代イマームであったアリーが殉教しました。その2日前、イマームアリーは、朝の礼拝のためにモスクにいました。床にひれ伏す姿勢をとっていたとき、イスラムを誤って解釈していた人物の剣が、アリーの首に振り下ろされ、その怪我がもとで、アリーは2日後、この世を去り、常に願っていた幸福、つま …
2014/07/16(水曜) 21:50

イマームアリーの教え

シーア派初代イマーム、アリーをはじめ、真理の光によって輝いていた偉人たちの特徴は、歴史を通して、人々に光と愛情、活力と信仰を与えると共に、多くの研究者や思想家、芸術家たちの心をひきつけていることです。これらの人々は、こうした偉人たちが生きた時代から数百年が経過するにも拘わらず、彼らのことをもっとよく知ろうと努め、歴史的な資料や彼らの言葉を研究しながら、その時 …
現在、サッカー・ワールドカップ・ブラジル大会が開催されており、再びサッカー熱が世界各地で頂点に達しています。今回の大会は、スタジアムの裏手ではこの大会の開催に反対する声や、莫大な出費に対する批判が出ている一方で、スタジアムでは各国のサッカーのシンボルに溢れるカーニバルが見られる中での開催となりました。以前にもお伝えしたように、サッカーやワールドカップは単なる …
サッカーのファンの数がどれだけいるのかについて、正確に知る人はいませんが、間違いなくサッカーは世界でもっとも愛されているスポーツです。ブラジルでは、一番小さな村ですら、教会とサッカー場があるといわれています。もっとも、これらの村に教会がないとしても、間違いなくサッカー場は存在します。世界でこれほど歓迎されている公の行事は、ほかに見られないのは明らかです。多く …