このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
世界には、遊牧という生活形態をとる遊牧民が存在し、かつては、彼らの生活スタイルは、一般的な生活形態として認知されていました。また彼ら遊牧民は都市や村の文化にも劣らない、大変に豊かな文化を持っていました。 … …
この番組では、シーア派6代目イマーム、サーデグの殉教日に際し、この偉人についてお話ししています。
前回まで2回にわたり、テヘラン西方のガズヴィーン市の見所や郷土料理、この地ゆかりの著名人などをご紹介してまいりました。今回は最終回として、そのガズヴィーン市内のほか、市外にまで少々足を伸ばして州内の自然の美景にも触れてみたいと思います。   イラン史上初の近代式ホテルと、名前のついた街路 ガズヴィーンには、いわゆる名所旧跡のほかにも注目すべき点がいくつかあり …
今回も前回に引き続き、かつてイランの首都が置かれていたテヘラン西方のガズヴィーン州の見所をご紹介してまいります。
この番組では、イスラム教徒の断食明けの祝祭に際し、この祝祭の恩恵についてお話しします。
イスラム諸国でイスラムの目覚めが形成された後、イスラムの人間を作る文明の復活を妨害するため、西側の権力主義者たちが新たな陰謀を企てました。イスラムの様々なグループ間に亀裂や対立を作り出すこと、イスラム教徒の大虐殺に向け、地域諸国でテログループを支援すること、イスラムの非現実的で野蛮なイメージを広めるためにテログループの犯罪を大きく報道することがこうした陰謀の …
ラマザーン月の美しい慣習の一つに、説法会への参加があります。説法と訓戒の書である聖典コーランは、人間の内面的な病を治し、美徳を身につけるために神から下されたもので、人間の精神を養う効果的な方法の一つを説法と見なし、多くの節でそれを勧めています。コーランの見地から、人間は生涯において訓戒や助言を必要としており、これについて、老いも若きも変わりません。説法会は人 …
ラマザーン月は、よりよい、より美しい生活を送るために利用できる機会です。イランの人々やそのほかのイスラム教徒の社会史や集団生活の歴史を調べてみると、過去から今日まで、常にラマザーン月は、この美しさや、叡智ある、恩恵溢れる伝統と慣習を具現するための月となってきたことがわかります。共感や協力、友情といった感情を拡大する中で、これらの伝統は人々に影響を及ぼしてきま …
ある男性が、理髪店に行ったとき、興味深いやりとりが行われました。彼らはさまざまな事柄について話をしていました。神について話すことになったとき、床屋は、「私は神がいるなんて信じられませんよ」と語りました。これを聞いたその男性は、「なぜ信じられないのですか」と尋ねました。 … …
テヘランの西方に位置するガズヴィーン州は、イランの歴史上重要な町であり、1598年に中部の町イスファハーンに遷都されるまではイランの首都が置かれていました。現在、ガズヴィーンは首都テヘランと北西部の主要都市タブリーズを結ぶ鉄道路線と高速道路が通っており、立地条件にも恵まれています。このため、パフラヴィー朝時代以降はイランの産業発展の牽引車のような役割を果たし …
37年前、イランイスラム共和国の建国者ホメイニー師は、ラマザーン月の最後の金曜日を世界ゴッツの日と名づけました。
イスラム暦のラマザーン月は、他の月よりも優れているとされる特別な状況にあり、独自の慣習を有しています。世界各地、とくにイスラム諸国に住むイスラム教徒は、この月、自分たちの文化と共に、それぞれ、ラマザーン月の美徳を最大限に活用した独自の慣習を有しています。その慣習は国ごと、そして町ごとに異なっています。 … …
イスラム暦40年ラマザーン月21日、西暦661年1月31日、シーア派初代イマーム、アリーの63年間の努力とジハード、崇拝行為が終わり、彼の死去により、大きな悲しみが人類に残されました。その2日前、狂信的で残酷な男、イブン・ムルジャム・モラーディが、メヘラーブの前で礼拝を行っていたイマームの上に毒のついた剣を振り落としました。医師はその深い傷を見て、治療を断念 …
今日は、イスラム教徒の断食月・ラマザーン月の20日目の夜です。この夜は、ガドルの夜と呼ばれています。ガドルの夜とは、イスラムの神聖な夜の一つです。神は聖典コーランの中で、それを偉大なものとしており、ガドルという名前の章も下されています。 … …
ここ数年、ラマザーン月は暑い夏の時期となっています。まさにこのため、日が長く、暑いこと、のどの渇きやいくつかの理由で、断食を行うことが難しくなっています。確かにしばしば、人間が耐えた困難には、価値ある結果が伴います。これにより、暑い時期に断食を行うこと、つまりこの困難は行った人にとってよいものなのです。預言者ムハンマドは、「最高の行動とは、そのもっとも困難な …
宗教的な命令である断食は、精神面で大きな恩恵があるのみならず、人間に対する大きな教育的効果があり、さらには青少年の教育に大きな役割を果たしています。なぜなら、この宗教的な行為は、青少年に対し自らの精神的な興奮をどのように抑えるべきかを教える上で最高の手段だからです。これについて、イランの心理学者で大学教授のバースターニー博士は、次のように述べています。「一般 …
今回は、断食の効能の一部についてご紹介すると共に、ラマザーン月に行なうことが奨励されている一部の慣習についてお話することにいたしましょう。 … …
イスラムの専門家は、コーランや宗教法のすべての指示は、利益のあるものであり、それぞれが唯一神が、僕に従うことを義務付ける哲学を有していると考えています。 … …
今回は、ラマザーン月と断食の効果についての理解を深めると共に、この月に親のいない子どもを尊重する伝統について考えていくことにいたしましょう。 … …
ラマザーン月は、聖なる月であり、この月の恩恵の影響を真っ先に受けるのは、信心深い人やこの月に断食をする人々の心と魂です。人々の心は、普段の月よりも、ラマザーン月にこそ神とより親しくなり、精神的な恩恵を受けることになります。ラマザーン月は、善良な僕たちや神の預言者、その子孫であるイマームたちにとって、恩恵に溢れた月でありますが、それはこの月が全世界の創造主であ …