このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
社会に不満をもたらす要素の1つは階級制度、富裕層と貧困層の格差です。社会の人々の間の不平等や格差が広がるほど、社会的に弱い立場にある人々にとって生活条件が厳しくなります。他人への思いやりや共感の薄い社会では、恵まれない人々は物質的な困難に加えて愛情面で多大な苦痛と困難に遭遇します。しかし、彼らが裕福な人々に注目され支援を受けられれば、彼らは生活上の困難にも耐 …
最高指導者のハーメネイー師は2015年1月、書簡の中で、世界の最近の出来事と西側におけるイスラム恐怖症の拡大について語りました。ハーメネイー師はこの書簡の中で、西側の若者たちに対して、イスラムをメディアではなく、第一の源、つまりコーランと預言者の生き方を通じて知るよう、メディアの作られた囲いの中に留まらないよう求めました。ハーメネイー師はさらに、他者に対する …
現在、イスラム暦のラマザーン月を迎えています。断食月の喉の渇きや空腹に耐えることで、世界で飢えに苦しんでいる人について考え、同胞に対して無関心にならないよう至高なる神に求めます。 … …
聖なる月・ラマザーン月には、神はイスラム教徒たちのために、恩恵に溢れた宗教的な宴の場を設けます。この宴の場には、物質的、精神的な恩恵が溢れています。全ての人々は、自分の行動のレベルや功績に応じて、神の恩恵の中から現世と来世の生活のための糧を受け取ることができるのです。 … …
今回は、イスラムに入信して間もないあるインド人の断食の体験をもとに、敬虔さの強化に断食が果たす役割を考えます。
ラマザーン月のもっとも大きな基準のひとつは、この祝福された月の間に、断食を行うことです。断食とは、信者が負っている義務であり、神に近づく目的で、食事や飲み物などを取るのを控えることで、日の出から日没のアザーンまで、29日から30日の1ヶ月間にわたって続けます。 … …
崇高なる神は、人間の生活において日々、或いは月々に多くの位置づけや価値を与えています。そうした日々に疲れて不注意となった人々は、この世の華やかさから距離を置き、神の存在や精神的な恩恵を感じ取ることができます。これらの日々において、人間は神の導く方向へと歩み、高みに達することができるのです。 … …
およそ5ヶ月前、最高指導者のハーメネイー師は、イスラムと西側におけるイスラム恐怖症の新たな波に関して、欧米の若者たちに語りかけました。この書簡は世界のメディアで多くの反響を受け、各国の社会・文化分野の活動家は、それに関して意見を表明しました。今夜の番組では、この書簡の重要な部分についてお話しすることにいたしましょう。 … …
6月3日、イラン暦ホルダード月14日は、イランの偉大なる国民と世界の自由を求める人々にとって苦い記憶を想起させる日です。1989年のこの日、イランイスラム革命 の指導者のホメイニー師が逝去し、イランの人々は大きな悲しみの中に沈みました。この日、ホメイニー師の壮大な葬儀が行われ、人々が嘆き悲しみながら彼に別れを告げたことは、世界の人々の驚きを引き起こしました。 …
海洋はおよそ地表の71%を占めており、その面積は3億6100万平方キロメートルです。容積の点では、海洋はおよそ13億立方キロメートルに達し、その深度は平均3790メートルです。 … …
全ての社会は、文化、社会、経済的な分野の活性化のために、社会の半分を占める女性の大きな力を必要としています。明らかに、全ての人々は人間的、自然的な権利に基づき、自分や自分が属する社会の今後の決定に関与する権利を持っています。女性も、家庭での役割を果たすとともに、積極的に社会に参加し、自らの能力に応じてその社会の行政、文化、経済の方向性に対し影響力を及ぼす必要 …
6月4日、イラン暦ホルダード月14日は、イランイスラム共和国の創始者、ホメイニー師の26回目の命日です。
西暦の6月4日は、イランイスラム革命の指導者ホメイニー師の命日であり、翌日の6月5日即ちイラン暦ホルダード月15日は、ホメイニー師が奇しくも1963年のこの日に、当時のパフラヴィー王朝による専制体制に対して反政府運動を開始した記念日に当たります。 … …
これまでの番組では、欧米の若者たちに向けた最高指導者のメッセージの様々な点について検討してまいりました。最高指導者が若者たちに、真理を追求し、新たな歴史的見かた、西側の他の国民や文化に対する不誠実な対応の歴史、歴史の中で恐怖を生じさせる他の存在を作り出すための西側政府の努力を理解し、コーランと預言者の性質といったイスラムの原則を知ることを呼びかけたことは、こ …
6月4日、イラン暦ホルダード月14日は、イランイスラム共和国の創始者、ホメイニー師の26回目の命日です。
イスラム暦シャアバーン月15日は、シーア派12代目イマーム、マハディの生誕日です。イマームマハディは、イスラム暦255年、西暦869年のこの日、イラクのサマラに生まれました。イマームマハディは、神の命により、神のみが知る時に現れる救世主とされています。彼は、姿を隠した長い期間を経て現れ、世界を圧制から救い、公正と安全を広めるのです。 … …
コーランの内容という奇跡 およそ4ヶ月前に出された欧米の若者たちに向けた最高指導者の書簡は、世界のメディアで様々な反響を呼びました。最高指導者のハーメネイー師は、書簡の中で、西側の若者対して、西側における反イスラムの波の拡大の理由に関して考え、イスラムをメディアではなく、真の起源、つまりコーランやイスラムの預言者の性質から知るよう求めました。今夜の番組ではイ …
今回も前回に引き続き、イラン中部マルキャズィー州サーヴェ行政区と、その近郊の見所についてお話することにいたしましょう。
西暦626年1月11日に当たるイスラム暦4年シャアバーン月3日、メディナでイスラムの預言者ムハンマドの一族に、1人の男の子が授けられました。 … …
最高指導者のハーメネイー師は、イラン暦1393年バフマン月1日、西側でイスラム恐怖症の波が拡大したことを受け、西側の若者に宛てた書簡の中で、メディアがイスラムに関して伝えているもので満足せず、第一の原則、つまりコーランや預言者の教えを参照することで直接、イスラムを知るよう求めました。 … …