このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/01/25(月曜) 18:14

ナッガーリー(11)

前回の番組で、英雄物語のナッガールの典拠は3種類あり、そのうちの記述された典拠についてお話しました。もう一つのグループは、口承による言い伝えが記録されたものを読む人々です。空想力や具現力を再現する能力に長けた語り手、ナッガールたちは、こうした能力の助けにより、師のもとで表現力を学びながら、その技術を身につけます。昔、多くのナッガールたちは読み書きを知らず、そ …
2016/01/10(日曜) 23:20

ナッガーリー(10)

今回もペルシャ語の民俗物語のジャンルの一つ、ナッガーリーについてお話しすることにいたしましょう。
2016/01/03(日曜) 23:06

ナッガーリー(9)

今回もペルシャ語の民俗物語のジャンルの一つ、ナッガーリーについてお話してまいりましょう。
2015/12/14(月曜) 23:25

ナッガーリー(8)

今回も、ペルシャ語の民俗物語のジャンルの一つ、ナッガーリーについてお話しましょう。
2015/11/18(水曜) 19:31

ナッガーリー(7)

これまで数回に渡り、ペルシャ語の民俗文学のジャンルの一つ、ナッガーリーについてお話してきました。今回も引き続き、ナッガーリーについてご紹介します。 … …
2015/10/28(水曜) 18:21

ナッガーリー(6)

今回の番組でも、ペルシャ語の民俗文学のジャンルの一つ、ナッガーリーについてお話してまいりましょう。それではどうぞ最後までご一緒ください。 … …
2015/09/16(水曜) 20:42

ナッガーリー(5)

今回のこの時間も、前回に引き続き、ペルシャ語の民俗文学のジャンルのひとつ、ナッガーリーについてお話ししましょう。
2015/08/12(水曜) 21:34

ナッガーリー(4)

今回もペルシャ語の民族文学のジャンルの一つ、ナッガーリーについてお話してまいりましょう。
前回の番組では、ペルシャ語の民俗物語のジャンルの一つ、ナッガーリーについてお話しました。ナッガーリーは、長い年月をかけて、人々の口から口へと伝えられたものであり、イランでは遠い昔から広まっていました。イランで物語を語る風習は音楽を伴うものであり、語り手は「グーサーン」と呼ばれていました。グーサーンによって伝えられた物語の中でも最も古いものは、「ヴィースとラー …
口承文学や物語は、昔から、口から口へと語り継がれてきたもので、各国の国民の歴史の一部を担っています。これらの物語は、ナッガールと呼ばれる語り手によって語られています。ナッガールたちは、一般に農村階級の出身者でした。彼らは、土地を持つ貴族であり、先祖の物語に関心を持っていました。また、中世ペルシャ語で記された1000の物語やホダーナーメなどの本は、イランにおけ …
2015/05/19(火曜) 22:46

ナッガーリー(1)

今回も前回に引き続き、ペルシャ語の民俗文学のジャンルの一つ、ナッガーリーについてお話しすることにいたしましょう。
2015/05/12(火曜) 20:21

3人の兄弟 (5)

この番組では、ペルシャ語の民俗文学の様々なジャンルについてお話しています。物語を口で語ったり、音楽やリズムに合わせて語ったりする方法は、世界の様々な民族の間で最も古い時代から広まってきたものです。世界の古い宗教的、民族的な英雄伝の多くは、筆記されたり文学として体系だてられる前には、詩人や語り手によって、人々が集まった際に語られていました。ギリシャの「イリアス …
2015/05/06(水曜) 20:31

3人の兄弟 (4)

前回の番組では、ペルシャ語の民俗文学の詩の内容についていていく中で、物語に関してお話ししました。大衆向けの詩は、独立した形で物語を語るものもあれば、最初と最後、あるいは途中に物語がくるものもあります。鈴をつけたヤギの物語も、こうした物語の一つです。この物語は、イラン各地でそれぞれ異なった形で伝えられています。鈴をつけたヤギには3匹の子ヤギがいて、それぞれ、シ …
2015/04/28(火曜) 17:08

3人の兄弟(3)

前回までのこの番組では、ペルシャ語の民俗文学のジャンルの一つである民謡や詩、子守唄について、その由来や特徴、内容についてお話してきました。この他、ペルシャ語の詩や民謡には、物語に関するものがあります。この種の交互による詩では、誰もがわかりやすい独立した形で物語が述べられたり、あるいは初めと終わりに詩が出てきたり、また時には物語の中で、詩が歌われたりしています …
2015/04/21(火曜) 22:43

3人の兄弟(2)

前回に引き続き、子守唄の特徴についてお話した後、ジョウザルの物語の続きをお送りします。今回も前回に引き続き、ペルシャ語の民俗文学のジャンルのひとつ、子守唄についてみていくことにいたしましょう。 … …
2015/04/15(水曜) 23:38

3人の兄弟(1)

これまでの番組でも、2回にわたって子守唄についてお話ししてきました。子守唄は、正式な詩人によって作られたものではなく、母親たちが、愛情をこめて歌っていたものであるため、文学的な構造は整っていません。子守唄には様々な内容が含まれており、イランの子守唄のほとんどは、子供がすくすく育つようにという母親の願いや理想、また言葉を教えたり、コーランを読み上げたり、巡礼に …
子守唄は人間の生活の中で生まれ、実際、母親の願いや思いを歌ったもので、口から口へと語り継がれてきました。子守唄は独特の簡潔なリズムがあり、その内容は、飾り気のないシンプルなものです。この2つの特徴により、芸術的で分かりやすい形で、子供たちに貴重な教育が施され、彼らの性質に影響を及ぼすことができます。子守唄と普通の詩を分けるのは、それを歌う人たちの歌い方にあり …
今回も前回に続き、ペルシャ語の民俗文学のジャンルの一つについてご紹介しましょう。
2015/02/17(火曜) 20:16

ライオンと牛(2)

これまでの番組では、ペルシャ語の民俗文学のジャンルの一つ、動物が出てくる物語について、その特徴を見てきました。前回は、インドの昔話、「ケリレとデムネ」から、ライオンと牛の物語をお聞きいただき、嘘を吹き込み、悪いことをたくらむことについてお話ししました。 … …
2015/02/07(土曜) 19:55

ライオンと牛(1)

これまでの番組では、ペルシャ語の民俗文学におけるジャンルの一つ、動物が出てくる物語についてお話してきました。こうした物語の重要な特徴は、先を見通し策略を練ること、敵を信頼すると損害を蒙ること、などがテーマになっています。動物が出てくる物語のテーマは多岐に渡っており、全てを紹介しきれないほどです。最後にご紹介するテーマは、密告し、騒ぎを起こすことです。今回はま …
1 / 3 ページ