このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
西暦11世紀から12世紀に当たるイスラム暦5世紀から6世紀にわたって広大なイラン文化圏の中に生きた偉大な思想家、詩人、神秘主義哲学者のサナーイー・ガズナヴィーがペルシャ語の詩人で、神秘主義哲学における影響力ある地位を有していたということについて、前回の番組でもお話しました。彼はイランの偉大な詩人の一人で、神秘主義的なマスナヴィー形式の詩人であり、モウラヴィー …
西暦11世紀から12世紀に当たるイスラム暦5世紀から6世紀はじめにかけて、広大なイラン文化圏の中に生きた高名な詩人で、神秘主義者のサナーイーについてお話しすることにいたしましょう。 … …
ナーセル・ホスローは、シーア派の一派、イスマーイール派への傾向を持っていたことから、宮廷生活を辞去し、イスマーイール派の信仰の普及のために人生の時間を費やしました。ナーセル・ホスローは死ぬまでの15年間を、貴重な作品の著述に使いました。これらの作品の多くは、現在にまで残されており、前回までの番組でお話して来ました。彼の散文形式、韻文形式の作品は、思想の点から …
ナーセル・ホスローは、シーア派の一派、イスマーイール派への傾向を持っていたことから、宮廷生活を辞去し、イスマーイール派の信仰の普及のために人生の時間を費やしました。ナーセル・ホスローは死ぬまでの15年間を、貴重な作品の著述に使いました。これらの作品の多くは、現在にまで残されており、前回までの番組でお話して来ました。彼の散文形式、韻文形式の作品は、思想の点から …
前回までの番組でお話しましたように、ナーセル・ホスローは大変若い頃から宮廷に仕え、そこで過ごしてきました。43歳のとき、ある夢を見たことで、精神的な変化を遂げました。その後、宮廷を去り、禁欲生活と崇拝行為、哲学・思想における教育活動を行いました。ナーセル・ホスローはシーア派の一派、イスマーイール派への思想的傾向を持っていたことから、多くの敵や反対者がいました …
イスラム暦5世紀における、イランの高名な詩人で思想家のナーセル・ホスローは、若い頃に宮廷に仕え、そこで過ごしていましたが、43歳のとき、ある夢を見たことで精神的な変化を遂げました。彼は7年間、故郷を離れメッカのカーバ神殿などを訪れたあと、故郷に帰り、宮廷への出仕をやめ、禁欲生活と崇拝行為、哲学や思想の教育に従事するようになりました。 … …
ナーセル・ホスローは、シーア派の一派であるイスマイール派への傾向を見せていたことから、多くの敵や反対者を持つようになり、この敵意により、彼は困難な生活を送るようになりました。彼は敵意や恨みから遠ざかり、安らぎを得るため、現在のタジキスタンに当たるバダフシャーン渓谷に移りました。彼の作品の多くは、この土地に滞在していた15年間に記されています。これらの中で、後 …
今回は前回の続きとして、11世紀のイランの優れた思想家で、広大なイラン文化圏で生活していた、詩人のナーセル・ホスローの生涯とその作品について検討することにしましょう。前回は、ナーセル・ホスローが西暦11世紀に当たるイスラム暦の5世紀の高名な詩人であり、若いころから宮廷に使え、43歳の時にある夢を見たことから、精神的な変化を遂げ、メッカ巡礼に出たとお話しました …
「ホッジャト」、すなわち師匠と称されるナーセル・ホスローは、イスラム暦5世紀、つまり西暦11世紀のイランにおける詩人で評論家、研究者でした。彼は1003年、現在のアフガニスタンにあたるバルフ近郊のガバーディヤーンに生まれました。 … …
今回は、10世紀のイランの大詩人、ファッロヒー・スィースターニーについてお話することにいたしましょう。
今回はペルシャ語文学における偉人、キャサーイー・マルヴズィーについてお話しすることにしましょう。
9世紀から10世紀にかけての偉大な神秘主義思想家、アブー・バクル・シェブリーについてお話しすることにしましょう。
2015/08/02(日曜) 19:42

アボルヘイル(4)

これまで繰り返しお話したように、アボルヘイルは10世紀から11世紀にかけて活動したイランの偉大な神秘主義哲学者であり、イラン北東部から中央アジアを含むホラーサーン地方のミーハナ村で生まれ、多くの師の教えを受け、生まれ故郷で81歳で死去しました。研究者は、アボルヘイルをイラン初の神秘主義詩人で、サナーイーやアッタールなどのイランの神秘主義詩人の先人だとしていま …
2015/06/28(日曜) 20:14

アボルヘイル(3)

アボルヘイルは11世紀の神秘主義思想家で、現在の中央アジアに位置するミーハナ村に出生し、多くの弟子たちを教育した後、故郷ミーハナ村で81歳の生涯を閉じました。また、研究者は彼をイラン初の神秘主義詩人で、サナーイーやアッタールなどの先人としています。 … …
2015/06/14(日曜) 19:01

アボルヘイル(2)

前回お話しましたように、アボルヘイルは11世紀における、イラン北東部・ホラーサーンの偉大な神秘主義者です。彼は当時はイランの領域で、現在の中央アジア・トルクメニスタンの古代都市ニサに近い、ホラーサーン地域のミーハナ村に生まれ、81歳で死去しました。彼の廟は現在も、ミーハナにあります。さらに、彼は多くの師の下で当時の一般的な学問を学び、子供時代から神秘主義の道 …
2015/06/07(日曜) 17:30

アボルヘイル(1)

間違いなく、イラン・イスラム的神秘主義思想は、イランの文化的な文学におけるもっともすばらしい遺産で、今日もイラン人の誇りの根源であり、精神的なものに飢えている世界に、貴重な遺産を提供しています。確実に、イランの名声に対する神秘主義者の役割は、イスラムの神秘主義を豊かにする中で、輝きを放ってきました。もし、イランの優れた神秘主義者が、イスラム神秘主義から削除さ …
西暦の10世紀にあたるイスラム暦4世紀は、イランの文学が最高の繁栄を見せた時代とされています。多くの研究者や思想家は、これほど多くの偉大な詩人が存在していた時代は他にほとんどないと考えています。ほとんどの詩人や多くの作品は、10世紀に属しています。その中で最も優れた人物に、ダギーギー・トゥースィーがいます。 … …
2015/05/17(日曜) 20:15

ルーダキー(2)

ルーダキーは西暦の9世紀半ばごろ、現在のウズベキスタンにあたり、当時はイランの広大な領土の一部だった、サマルカンド近郊の山すそのルーダク村に出生しました。彼の生涯や学歴に関しては、それほど資料が存在しません。彼はまた莫大な行数の詩を詠みましたが、現存するのはわずか960の対句のみです。そのうちの115は、寓話詩『ケリーレとディムネ』の韻文で、彼はサーマーン朝 …
2015/05/10(日曜) 17:45

ルーダキー(1)

イランにおける詩は歴史の中で、人々の心の中に浸透し、統治体制の中で常に特別な地位を与えられてきました。詩はイランの人々の生活の中に入り込んでおり、このため常に評論家によって研究されてきたのです。イランにおける文学と学問の歴史は、紀元前331年、即ちアケメネス朝の滅亡にまでさかのぼります。 … …
ジャムシード・カーシャーニーがイランの高名な天文学者、数学者で、西暦1388 年ごろに当たるイスラム暦790年にイラン中部カーシャーンで出生したことについてはお話しました。彼は『ハーガーニー天文表』という天文学における貴重な著作を記し、それをティムール朝のウルグ・ベクに贈呈した後、現在のウズベキスタンにあるサマルカンドに招かれました。サマルカンドは当時、学問 …
1 / 3 ページ