このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
前回は、イランの文化的な影響の地理的な範囲が、イスラム以前の時代には世界のおよそ半分に及んでいたことについてお話しました。また、サーサーン朝が崩壊し、イランの人々がイスラム教を受け入れたことから、この範囲は縮小しなかったのみならず拡大しました。イランの人々は、ウマイヤ朝時代とアッバース朝時代に重要なポストを獲得し、世界の最も遠い場所までその勢力範囲を広げたの …
サーサーン朝がアルサケス朝に代わって台頭しても、広大な土地におよぶイランの支配に重要な変化はなく、イランは過去のように、当時の文明世界の半分を治め、また世界の西半分はローマ帝国によって統治されていました。この時代、中央アジアのオキサス河流域のマーワラーアンナフル地方、即ちトランスオキシアナと呼ばれる地域でも、とりわけサマルカンド、ブハラなどに集住していたイラ …
前回は、パールス人たちが初めて、アケメネス朝という史上初の、そして最大のイランの王朝を築き、イラン高原に存在していたあらゆる文明を統一したことについてお話しました。彼らは「王の道」と呼ばれる道を敷設することで、様々な人々が物質的・精神的な交流を行なう機会を初めて整えたのです。王の道は、イラン南西部のシューシュから始まり、チグリス・ユーフラテス川を通過したあと …
2014/11/08(土曜) 20:25

イランの紆余曲折の歴史

前回まで2回にわたって文化遺産の定義と、物的、知的遺産の面からのイランの文化遺産の分類、そしてそれらに対する長期間の略奪についてお話してきました。イランの名声について知るためには、何よりもまずそれらの文化的、アイデンティティ的な歴史を知ることが必要となってきます。この点から、イランの紆余曲折の歴史をお話し、アーリア人のイラン高原への集団移住について、概略的に …
2014/11/01(土曜) 22:29

イランの広大な文化圏

前回は、皆様にこの番組の目的をお伝えし、文化遺産とは何かを定義し、それを精神的、物質的なものに分類し、イランの文化遺産とその略奪の歴史についてお話しました。イランの精神的な遺産として名高いものを知るためには、なによりも彼らの文化的、本質的な歴史について知る必要があります。2回目の今回は、イランの広大な文化圏についてお伝えしたいと思います。 … …
それぞれの国は、海域や陸上の国境により分割されており、各国の国民は文化的な境界線によって区分されています。文化遺産は、あらゆる国の人々の歴史的、社会的な印であるとみなされており、それらの保護はその国民の歴史を守ることを意味します。イランは歴史的、文化的、文明的に古い歴史を持っています。多くの専門家によると、最初の人類ははじめイランに住み、村の生活を生み出しま …
3 / 3 ページ