このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/12/27(日曜) 21:30

預言者アイユーブの物語

天使たちは、アイユーブの感謝と祈りの声を耳にするたびに、彼を称え、彼を神の最高の僕と呼んでいました。しかし、悪魔は、このような一人の人間の偉大な姿に耐え切れず、神に向かってこのように言いました。「アイユーブが平穏と満足に感謝できるのは、彼があらゆる恩恵に授かっているためだ。彼は預言者でもあり、また十分な富を有してもいる。また、快活な子供と優しい妻がいる。もし …
2015/11/23(月曜) 19:51

預言者ダーヴードの物語

聖典コーランには、多くの物語が語られています。神はそのようにして、人間を過ちや暗闇から救いだし、忠告を与えることで導こうとしています。コーランの一部の物語には、読み手を引き付けるための前置きがあります。例えば、コーラン第38章サード章の第17節から20節では、預言者ダーヴードのことが紹介されています。 … …
イーサーは、神の偉大な預言者の一人です。彼は普通では考えられないような形で誕生し、他の預言者たちと同じように、人間を幸福や救済へと導くために神から遣わされました。聖典コーランは、預言者イーサーの偉大さについて語っています。また、彼の母であるマルヤムを賞賛し、彼女の驚くべき人生を美しい物語の形で述べています。今回は前回に引き続き、マルヤムとイーサーの物語をご紹 …
2015/09/15(火曜) 20:52

イムラーン家

イムラーンの妻、ハンナは、青ざめた顔で、悲しみのために唇をかみしめていました。そして、心の中の悲しみを吐き出すようにつぶやきました。「神よ、私は自分の子供をあなたに仕えさせることを誓っていました。しかし、その子は女の子です。彼女にマルヤムという名をつけました。 … …
まだ朝日は完全に顔を出していません。涼しいそよ風が吹いています。男も女も子供も、皆が騒がしくしています。彼らは少し歩いた後、聖なる岩の傍らに集まりました。一人が言いました。「なぜサーレハは来ないのだろうか?」 別の一人が言いました。「きっと来るつもりはないのだろう。彼の言っていたことは偽りで、奇跡をもたらすことなどできないのに違いない」 … …
2015/07/21(火曜) 10:46

イスラエルの民の反抗

コーランは、数々の節の中で、いろいろな形で神に感謝することのなかった民を非難し、それらの民の背きを、未来の人々のための教訓として述べています。今回の物語は、イスラエルの民の反抗についてお話しましょう。 … …
2015/07/14(火曜) 20:36

ヌーフの物語

コーラン第23章アル・ムウミヌーン章信仰者、第23節と24節には次のようにあります。
洞窟は、非常に高い場所にあり、太陽の光が時折、山の割れ目から差し込んでいました。もし注意深く見る人があれば、その洞窟に、信仰を持った勇敢な人々の姿を認めていたことでしょう。彼らはダギヤーヌースの圧制から逃れ、洞窟の中に身を潜めていました。そして目を開いたまま、深い眠りについていました。彼らは時折、右から左へ、左から右へと寝返りを打っていました。 … …
今回は、信仰を持つ勇敢な人々の物語をお届けしましょう。抵抗によって唯一神信仰の精神を蘇らせたために、神からの導きを増やされた洞窟の民のお話です。 … …
ソレイマーンは、神の預言者の一人で、すばらしい能力を持っていました。神は英知と栄誉をソレイマーンに与え、自然の要素は皆、彼の手の中にありました。ソレイマーンは、動物や鳥たちの言葉を理解し、動物や鳥たちもまた、ソレイマーンの王権の偉大さを知っていました。コーランは、預言者ソレイマーンの偉大さについて、非常に興味深い物語を語っています。サバーの王女、ベルゲイスが …
2015/05/05(火曜) 20:23

サムエルとタールート

若者は、父と共に、畑仕事にいそしんでいました。屈強な体格と、清らかな心を持つ彼は、畑仕事に夢中になっていたため、家畜たちが畑から離れて行ったことに気づきませんでした。しばらくしてから、若者は立ち止まり、額の汗をぬぐってから、辺りを見回しました。そのとき初めて、家畜がいなくなっていることに気づきました。そこで、畑の労働者と共に、家畜を探しに行きましたが、いくら …
ユーヌスは、背が高く、表情が明るく、鋭い目を持った人物として人々に知られていました。物腰が柔らかく、非常に明晰な話し方をしました。ユーヌスは、何年も前から、毎日、質素な自分の家から広場まで通い、石段の上に立って、人々に、唯一の神を信じるようにと呼びかけていました。その日、ユーヌスは、自分の民を唯一神信仰にいざなうことに失望し、疲れ果てていました。そのため、誰 …
古代メソポタミア北部にあったアッシリアの都市、ニネヴェの町には、偶像崇拝が広まっていました。人々の心には、愛情や友情、思いやりというものが全く見られませんでした。大勢の人が集まり、ナツメヤシの木と自分たちが作った偶像の前に平伏していました。ユーヌスは、悲しみを心に抱きながらも、信仰に満ちた心で彼らに近づき、大きな声で言いました。 … …
神の預言者ユーソフは、波乱に満ちた人生を送りました。聖典コーランは、預言者ユーソフの人生の物語を、最も美しい物語として挙げています。ユーソフは子供の頃、兄弟たちから嫉妬されて井戸に投げ込まれてしまいましたが、神の恩恵によって救われました。その後、奴隷としてエジプトの王の宮廷で働くようになりました。しかし、預言者ユーソフが青年になったとき、エジプトの王妃に寵愛 …
2015/03/05(木曜) 00:02

庭師の老人と息子たち

コーランに出てくる真実の物語は、全ての人間や民の上に起こりうるものであり、私たちはそこから教訓を得る必要があります。神はコーラン第12章ユーソフ章ヨセフ、第111節で次のように語っています。「本当に、彼[、ユーソフ]の物語の中には、賢い者たちへの教訓がある」 … …
彼は喜んでいました。自分が、預言者ムーサーと血縁関係であることが分かったのです。彼は非常に美しく男性であり、ユダヤ教の聖典を信じていました。しかし、彼の性質は、吝嗇と強欲にまみれていました。イスラエルの民が、長い間、迷いに陥っていた頃、彼はそんな民たちとは距離を置き、錬金術を覚えました。それからまもなく、彼はこの職業によって、莫大な富を得ました。たちまち、こ …