このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2009/02/15(日曜) 01:29

イラン伝統音楽

永遠の調べーイランの音楽

   イラン音楽について¯ 

サーサーン朝からイスラム初期のイラン音楽、ネイ

¯

     現代、ダストガー[音階]、タール¯ 

シュール(ダストガー)

¯ 

 シュール(ダストガー)、アブーアター(アーヴァーズ[音階]):

バイオリン、タール、トンバク、タンブール[クルドの楽器]

¯ 

 バヤーテトルク:

サントゥール、アザーン、ダシュティ(アーヴァーズ)

¯ 

マーフル(ダストガー):

タール、トンバク、ピアノ、ホマーユーン(ダストガー)、エスファハーン(アーヴァーズ)

¯     ナヴァー(ダストガー)、セガー(ダストガー)¯ 

 チャハールガー(ダストガー)

、ラーストパンジュガー(ダストガー)

¯ 

地方音楽:

ホラーサーン州北部のドタール、ペルシャ湾岸地域、アゼルバイジャン

¯ 

 地方音楽:

ブーシェフル、クルド:ソルナとドホル、スィースターン・バルーチェスターン州、マーザンダラーン州

¯ 

 地方音楽:

(遊牧音楽)バフティヤーリー族、ガシュガーイー族、ロル族、クルドの神秘主義音楽

¯ 

  地方音楽:

ホルモズガーン州、ブーシェフル、宗教音楽:ネイ

¯ 

地方音楽:ホラーサーン州

¯   地方音楽:ゴレスターン州、ギーラーン州、トルキャマン¯ 

 海の音楽、スィースターン・バルーチェスターン州

¯ 

 軍隊音楽

¯ 

 イランイラク戦争時代の音楽

¯ 

 イスラム革命後の音楽Ⅰ

¯ 

 イスラム革命後の音楽Ⅱ

¯ 

 映画音楽

¯   楽器:タール¯    楽器:セタール¯ 

 楽器:ネイ

¯ 

 楽器:サントゥール

¯     楽器:キャマーンチェ¯ 

    楽器:トンバク

¯

 

 

このカテゴリをもっと見る « やさしいペルシャ語 番組内容 »

Add comment


Security code
Refresh