このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/08/15(土曜) 23:49

ISISの出現にアメリカが関与

ISISの出現にアメリカが関与

アメリカ国防総省の防衛情報の元責任者マイケル・フリン氏が、テロ組織ISISの形成にアメリカが関与したことを認め、「シリアにおける過激主義のグループはアメリカ政府による"意志ある決定"の産物だった」と強調しました。


ファールス通信によりますと、フリン氏は最近、あるインタビューの中で、情報開示法により少し前に一般に公表された文書に基づく表明を行いました。
これ以前、機密事項と格付けされた、2012年8月12日付けのアメリカ防衛情報機関の報告は、中央司令部やCIA、FBI、国務省、国内の治安に関連する機関など、政府系の機関の間で配布されました。
この文書は、アメリカの情報機関が、2012年の初め、イラクでのISISの出現を予想していたものの、それを脅威とするのではなく、アメリカにとって戦略を持ったグループと位置づけたことを示しています。
フリン氏はさらに、「この文書の重要性とその結果を上層部に伝えたが、彼らはそれを意図的に無視した」と述べました。
この文書によれば、オバマ大統領は2011年10月から2012年9月初めまで、リビアからシリアの抗議者に武器が移送されていることを把握しており、国連の対シリア武器制裁にもかかわらず、それを阻止するために措置を講じませんでした。

Add comment


Security code
Refresh