このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/02/15(月曜) 22:17

ロシア、「アサド大統領の後継者の決定を検討しない」

ロシア、「アサド大統領の後継者の決定を検討しない」

ロシア外務次官が、「ロシアにとって、シリアのアサド大統領の後継者の決定は、検討すべき問題ではない」と語りました。

イルナー通信によりますと、ロシアのガティロフ外務次官は、14日日曜、ドイツの週刊誌シュピーゲルのインタビューで、「ロシアは、アサド氏をシリアの合法的な大統領と見なしており、アメリカはアサド氏の後継者の決定を要請しているが、そのような問題を検討することはない」と語りました。

また、シリア国民が、アサド大統領の今後について決定を下すべきだと強調し、「シリア社会の大部分はアサド大統領を支持しており、今、彼が退陣すれば、シリアは国として崩壊するだろう」と述べました。

さらに、アサド政権の反体制派を支援するサウジアラビアとカタールの政策を批判し、それは未来を見つめる政策ではないとし、「ロシアは今後、中東でより積極的な役割を果たすだろう」と述べました。

こうした中、ロシア首相は、シリアに対する地上作戦は、この国の全面的かつ長期的な戦争につながるだろうと警告しました。

Add comment


Security code
Refresh