このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2013/06/13(木曜) 23:38

イスラエル当局から見たイランの選挙

イスラエル当局から見たイランの選挙

アミーンザーデ解説員

6月14日金曜は、イランで選挙が行われる日である。

イランでの選挙は、確かにイランの友好国にとっては、国家としてあるべき模範を造り、望みをかけるべきものであるが、それ以上にイラン国民の敵を神経質で否定的な意見の表明へと仕向けている。

この点について、イランの核問題はここ数日、イラン大統領選挙に関する外国のプロパガンダや世論操作の種となっており、この中で政界やメディア業界の一部は核問題を、イランの次期大統領に誰が選ばれるかという問題と結び付けている。

こうした仲、シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相は12日水曜、イランの核活動に関する根拠のない主張を繰り返し、「今回の選挙は、核活動面でのイランの目的や政策には何の影響もない」と語った。

ネタニヤフ首相は、いつもの空想的な吹き込みにより、「貿易制裁によりイランの核計画を阻止しようとするなら、現実的な軍事的脅迫が伴わなければならない」と述べている。

現在、イスラエルは少なくとも300個の核弾頭を保有しており、中東で唯一核兵器を保有する国である。

Add comment


Security code
Refresh