このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2013/07/19(金曜) 22:21

沖縄・米軍基地の撤去要請

沖縄・米軍基地の撤去要請

日本の人々が再度、沖縄のアメリカ軍基地の撤去を訴えた。

 

中国のCCTVによれば、沖縄では、アメリカ軍基地の存在に関する新たな議論が始まっている。日本政府の関係者は、これに関して自治体の関係者と協議を始めている。沖縄のアメリカ軍基地の数に関する議論は非常に緊張に溢れたものとなっている。アメリカ海兵隊の基地のひとつを移動させる計画は、この4年間進展していない。なぜなら、住民が島の北部へのこの基地の移設に反対しているからである。地元の人々は、この地域のアメリカ軍基地の活動に反対している。

沖縄のアメリカ軍の駐留は顕著なものである。日本のアメリカ軍基地の75%が沖縄に集中している。これらの基地は、沖縄の総面積の10%を占めており、住宅地のそばにある。この島の住民はこれらの基地の存在と軍の駐留により、多くの問題が生じており、もはやこうした状況はたくさんである、と述べている。住民は、アメリカ軍基地を存続させるための負担を日本人が負うべきはない、と述べている。

この地域の人々は、上空を飛行するアメリカ軍の戦闘機の騒音に悩まされている。またアメリカ軍兵士の犯す犯罪にも苦しんでいる。日本の人々は、なぜアメリカ軍は好き勝手なことを行い、罰されることがないのか、と疑問を呈している。

日本の法律によれば、アメリカ軍は日本で裁判を免れる。沖縄は1972年に日本に返還された。

Add comment


Security code
Refresh