最新の話題 http://japanese.irib.ir Fri, 20 Oct 2017 23:09:18 +0900 ja-jp メディア世界の最新情勢 http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/41177-メディア世界の最新情勢 http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/41177-メディア世界の最新情勢

 

次のニュースも出版業界に関するものです。フランス議会の両院がおおよその合意に達した事項の1つに、自営業の書店に対する支援があります。フランスの新聞フィガロは、「フランス議会は、ある法律の見直しを行ったが、これにより書籍の価格が一定に保たれることになる」と報じました。この見直しの基本的な目的とは、インターネットによる通信販売業者の、顧客の獲得を目的とした、包装代や送料の免除、或いは大幅な値引きなどの様々な割引をやめさせることです。この改正案では、このような値引きは禁止されています。

現在、顧客に対して大幅な値引きを行っている通販会社は、AmazonとFnacの2つの企業のみであり、この法律はこれらの企業の販売プロセスに支障をきたす可能性があります。この法改正の目的は、通販会社が提示している金額を、自営業の書店が提示する金額よりも高くすることであるといわれています。なぜなら、オンライン書店は、フランスにおける通販で3番目に大きなネットワークを形成しているからです。

オックスフォード・インターネット研究センターが描いた地図によると、インターネットサービス企業のグーグルは世界62カ国を支配し、デジタルの世界における最大の帝国のような存在となっています。この研究所の経営者である、マーク・グラハム博士とステファノ・サバタ博士は、調査対象となった国で、複数のサイトをモニタリングし、一日あたりのサイトの閲覧者数と、閲覧された1日あたりのページ数を合わせ、この結果に達したと表明しています。グーグルの次に来るのは、50カ国で一番多い閲覧者数を記録したフェイスブックです。3番目は中国のサイト、百度で、中国でグーグルに似せて作られたサイトです。このサイトは、中国や朝鮮半島の国で最も人気が高く閲覧者の多いサイトとなっています。

この統計は今年7月と8月の統計で、大変に興味深い結果を示しています。グーグルは西側諸国のインターネットを支配していますが、日本ではグーグルよりもヤフーの方がより多くの訪問者を獲得しています。また、ケニア、マダガスカル、ナイジェリア、南アフリカなどのアフリカ諸国では、グーグルが訪問者数1位を獲得していますが、ガーナ、セネガル、スーダンではフェイスブックが訪問者数のもっとも多いサイトとなっています。また、グーグル傘下のYoutubeは、14カ国で最も多くの訪問者を獲得しています。

このところ、政府関係者の携帯電話に対するアメリカのスパイ活動の問題が、トップニュースとして報じられており、毎日これに関する新しいニュースが、国際社会に対して新たな衝撃を与えています。AP通信のゲイリー・プルーイットCEOも、「昨年、弊社の記者の電話の会話も録音されていたことは、言論の自由に深刻な打撃を与えた」と表明しています。プルーイットCEOはまた、アメリカのメディア協会の会合で、「一国の政府にとって、機密ということはこの上ない関心事であることを知るべきだ。アメリカ司法省が、秘密裏に弊社の記者の多くの通話を秘密裏に盗聴・記録したことは、これまで政府とメディアが長年にわたり協力する根拠となってきた法に対する、最大級の侵害である」と表明しています。

複数の報告によると、アメリカ司法省は秘密裏に、AP通信の記者の2ヶ月間の電話による通話記録を入手していたということです。AP通信は2012年5月、CIA・アメリカ中央情報局が、イエメンでアメリカ行きの飛行機に爆弾を仕掛けるという国際テロ組織・アルカイダの陰謀を失敗に終わらせという報告を発表し、その後、AP通信は管理下におかれました。オバマ政権の関係者はこのようなAP通信の暴露行為は国の安全に亀裂を生じさせるとして、AP通信記者の通話を盗聴し、この情報を公開した人物の素性を追跡するよう求めた、と主張しています。AP通信のプルーイットCEOは、「この報告に関するオバマ政権の侵害的な追跡は、実際、政府の行動を調べ報告するメディアの権利への、危険な攻撃である」と語っています。

エジプトにおけるここ数ヶ月の情勢変化のあと、ムスリム同胞団が苦境に陥っている中で、エジプトの芸術家たちがこの情勢変化に対して反応を示し、映画によるキャンペーンを始めました。エジプトの民主革命の内容は、エジプトの映画、とりわけストーリー映画にあまり取り上げられていないものの、エジプトの映画関係者は、革命と革命運動に参加しようと努めてきました。エジプトの独立系の映画制作者は、このキャンペーンを結成することで、独立した映画を、特別の映画館で上映したいと考えています。この運動は、エジプトの芸術の流派の間に緊張を生み出しており、エジプトの映画関係者に対し、この運動を支持しこれに加わるよう求めています。

もっとも、このキャンペーンの責任者は、彼らの目的のひとつが、エジプト人の家族連れを映画館に引き戻すための、健全な映画を広めることであると表明しました。しかし、モルシ前大統領時代に検閲への反対を口実に、そして実際にムスリム同胞団が求める健全な映画に反対するために結成された創作の自由を主張する勢力は、このキャンペーンに反対しており、映画の内容を監視することは誤りであるとしています。

このため、今後、このキャンペーンの努力が、エジプト映画の現実的な変化を生み出すために真実に基づいた行動を取るのか、それとも彼らに反対するメディアの宣伝が、このキャンペーンの活動の本格化のための活動領域を狭めていくのか、見守る必要があります。

ロイター通信によりますと、中国の国家新聞出版ラジオ映画テレビ総局は、視聴者の多い重要な時間帯における外国の番組の放送を禁止するとし、19:30から22:00の間までを制限時間帯とすることを表明しました。また、中国では来年、衛星テレビが許可され、外国の1つの番組のみが放送されることが許可される、ということです。

中国の英字新聞、上海デイリーは、外国の番組の中で広がりつつある文化に歯止めをかけるため、政府は新たな規制を設け、外国の番組の代わりに国内の番組を放送しようとしている、と報じました。その理由は、国内番組であれば、検閲はより少なくてすみ、また番組の間にコマーシャルを流すこともより容易だからです。ここで注目すべきなのは、この種の様々な段取りが行われている中で、中国では外国のテレビ番組のファンが多く、非合法なダウンロードにより簡単に視聴でき、また海賊版DVDが一般に出回っているということです。

最後に、コンピュータゲームに関するニュースをお届けしたいと思います。現在、コンピュータゲーム産業が、世界第一位の娯楽となり、映画よりも多くの投資を誘致し、また多くの収益を得ています。

複数の調査によると、30年間で多くの収益を上げたゲームは、いくつかのジャンルに分かれており、それらの一部は、戦争もの、ファンタジー、サッカーの試合や自動車レースのシュミレーション、ホラーなどとなっています。たしかにサウンドゲームもこの一覧の中に入っていますが、その最終版では現代的な戦争が扱われ、高い収益水準を維持しています。これらのゲームに関して重要なのは、その主要な売り上げが、家庭用ゲーム機や家庭用コンピューターである、ということです。

コンピュータゲームの人気のあるジャンルでもっとも古いものは、スポーツの試合を扱ったもので、実際の試合、特にサッカーの試合を好む人々の増加と共に、次第に進化してきました。これらのゲームの製作者は、技術の発展に注目すると、利用者を維持するためには、本物のサッカーの試合により類似したものにする必要があると考えています。

]]>
最新の話題 Mon, 04 Nov 2013 23:25:31 +0900
イラン新大統領が指名した閣僚たち http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/39079-イラン新大統領が指名した閣僚たち http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/39079-イラン新大統領が指名した閣僚たち

 

ローハーニー大統領は、石油大臣にザンゲネ氏を指名した。ザンゲネ氏は過去に、建設ジハード省や石油エネルギー省の大臣を務めた経験がある。彼は省庁に20年勤め、最も経験が豊かな大臣である。

ローハーニー師はさらに、経済学者であるタイエブニヤー氏を経済財政大臣に指名した。タイエブニヤー氏は、第5期から8期政府の経済委員会の書記長、国家運営企画機構の経済次官を務めた経験がある。

商鉱工業大臣に指名されたのは、ネエマトザーデ氏である。彼は過去に工業大臣を務めたことがある。

外務大臣には、ザリーフ氏の名前が挙がった。ザリーフ氏は、2002年から5年間、イランの国連大使を務め、外交分野では、よく知られた人物である。ローハーニー師によるザリーフ氏の指名を受け、外国の政界やメディアでは、イラン新政権の外交政策に関して様々な憶測が飛び交っている。

イラン国防軍需大臣には、デフガーン氏が指名された。彼は1980年代のイラン・イラク戦争で革命防衛隊の司令部や国防省の次官を務めた。

さらに、計画予算機構の長官や高等教育文化大臣の経歴を持つナジャフィー氏が、再び、教育大臣に指名された。

ローハーニー師は、科学技術大臣として、ミーリーモンファレド氏を指名した。彼は科学省の技術次官、科学研究機構の長官、科学省の文化・学生担当次官を務めてきた。

イスラム文化指導大臣には、ジャンナティ氏が任命された。ジャンナティ氏は、文化指導省の国際担当次官、クウェート駐在大使、内務省の政治次官を歴任している。

情報大臣には、アラヴィー師が指名された。彼は法学者であり、現在、専門家会議のテヘラン選出議員で、国会議員を務めたこともある。この他、現在、会計検査院長官を務めるラフマーニーファズリー氏は、内務大臣に指名された。エネルギー大臣には、チートチヤーン氏の名前が挙がっている。

通信大臣に指名されたのは、ヴァーエズィー氏である。ヴァーエズィー氏は27年前に外務省に入省し、10年ほど前から、公益評議会研究所に所属している。

スポーツ青少年大臣には、ソルターニーファル氏が指名された。彼は3つの州の州知事を務めた経験がある。

保健医療教育大臣には、眼科医のハーシェミー氏が指名された。彼はかつてテヘラン医科大学の医学部の部長を務めていた。

農業大臣や道路交通大臣を務めた経験のあるホッジャティ氏が、再び、農業大臣に指名された。

さらに、ローハーニー師は、道路・都市開発大臣にアーホンディ氏を指名した。アーホンディ氏は、以前、住宅都市開発大臣として活動した。

労働協同組合福祉大臣には、ラビーイー氏が指名された。彼は情報省で重要なポストに就いていた。

イラン国会は、これから1週間、ローハーニー師の提出した指名閣僚について検討し、1週間後に、大統領と閣僚が出席する会議で信任投票を行うことになっている。

]]>
最新の話題 Mon, 05 Aug 2013 20:34:43 +0900
ヨーロッパ向けイラン産天然ガス輸出の展望 http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/38836-ヨーロッパ向けイラン産天然ガス輸出の展望 http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/38836-ヨーロッパ向けイラン産天然ガス輸出の展望

 

イランは昨年、日量3500万~3700万立方メートルの天然ガスを輸出した。イラン及び隣国のイラクの政府関係者により最近調印された、イラク向けイラン産天然ガスの輸出協定の実施により、この数字は日量5500万~6000万立方メートルにまで増量されることになっている。さらに、この協定の第2フェーズの実施により、イラン産天然ガスの輸出量は日量7500万~8000万立方メートルに達すると思われる。

専門家によれば、イラクに対するイラン産天然ガスの輸出により、ヨーロッパ向けの天然ガス輸出におけるイランの駆け引き能力の増大、ヨーロッパ向け天然ガスの移送ルートの多様化、天然ガスの輸出に関する他の契約を巡る交渉がより迅速に実を結ぶ、といった結果が付随してくると考えられている。現在も、トルコ向けイラン産天然ガスパイプラインは、ヨーロッパ向けイラン産天然ガスの第1経路であると共に、イラクへの輸送経路は第2の経路とされている。

この2、3年以内に、イランの共同・単独ガス田での生産の増加に伴い、イランの天然ガス輸出能力は日量2億立方メートル以上にまで達すると見込まれている。このため、イラン石油省は2年前から近隣諸国やペルシャ湾岸諸国、そしてヨーロッパに対する天然ガスの輸出という政策を打ち出している。

近年、世界でエネルギーの消費が増加している中、天然ガスは産業化した世界において、クリーンエネルギーとしてこれまで以上に注目されている。イギリスの石油大手BP は、2013年6月に発表された、世界のエネルギー統計調査報告の中で、イランが33兆6000億立方メートルの天然ガスを保有しており、世界最大の天然ガス埋蔵国であるとしている。同社はまた、この報告の中で、イランに続いてロシアが32兆9000億立方メートル、さらにカタールが25兆1000億立方メートルで、それぞれ天然ガス埋蔵量の世界ランキングの2位と3位を占めていることを明らかにした。

]]>
最新の話題 Wed, 24 Jul 2013 22:39:16 +0900
沖縄・米軍基地の撤去要請 http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/38730-沖縄・米軍基地の撤去要請 http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/38730-沖縄・米軍基地の撤去要請

 

中国のCCTVによれば、沖縄では、アメリカ軍基地の存在に関する新たな議論が始まっている。日本政府の関係者は、これに関して自治体の関係者と協議を始めている。沖縄のアメリカ軍基地の数に関する議論は非常に緊張に溢れたものとなっている。アメリカ海兵隊の基地のひとつを移動させる計画は、この4年間進展していない。なぜなら、住民が島の北部へのこの基地の移設に反対しているからである。地元の人々は、この地域のアメリカ軍基地の活動に反対している。

沖縄のアメリカ軍の駐留は顕著なものである。日本のアメリカ軍基地の75%が沖縄に集中している。これらの基地は、沖縄の総面積の10%を占めており、住宅地のそばにある。この島の住民はこれらの基地の存在と軍の駐留により、多くの問題が生じており、もはやこうした状況はたくさんである、と述べている。住民は、アメリカ軍基地を存続させるための負担を日本人が負うべきはない、と述べている。

この地域の人々は、上空を飛行するアメリカ軍の戦闘機の騒音に悩まされている。またアメリカ軍兵士の犯す犯罪にも苦しんでいる。日本の人々は、なぜアメリカ軍は好き勝手なことを行い、罰されることがないのか、と疑問を呈している。

日本の法律によれば、アメリカ軍は日本で裁判を免れる。沖縄は1972年に日本に返還された。

]]>
最新の話題 Fri, 19 Jul 2013 22:21:31 +0900
イランのW杯出場を祝って(音声) http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/38173-イランのw杯出場を祝って http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/38173-イランのw杯出場を祝って

 

アジア最終予選、イランは、韓国、ウズベキスタン、カタール、レバノンと同じ組に入りました。2012年の前半戦、イランは、ウズベキスタンとの戦いで0対1と黒星スタートを喫します。続くカタール戦も0対0の引き分けに終わりました。そこで期待の高まった第3戦は、ホームで韓国を相手に1対0で勝利し、何とか望みをつなげます。しかし、11月、ホームで臨んだウズベキスタン戦に、またも1対0と敗れてしまいました。これにより、イランは残りの試合、負けることの許されない苦しい立場に置かれてしまいます。

最終戦が後半に入った今年、2013年、イランは6月の3連戦で3勝という快挙を成し遂げました。まず、アウェイのカタール戦に1対0で勝利すると、続くレバノンとの対戦では、4対0とゴールを量産しました。そして、最終節の試合で引き分け以上になれば、ワールドカップ出場が決まる、という状況での韓国との対戦です。この時点で、韓国、ウズベキスタン、イランのどのチームにも、まだ出場の可能性が残されているという接戦になりました。

さて、韓国戦の前には、日本のメディアでも伝えられていたので、ご存知の方も多いかもしれません。韓国とイランの間で、ピッチの外での言葉の応酬がありました。それは、韓国の監督による挑発的な発言に端を発するものでした。その後、韓国の監督は記者会見で、イランの記者が、「FIFA国際サッカー連盟のフェアプレイの規定に反して、なぜ試合前に挑発的な発言を行ったのか」と質問したのに対し、「イランのケイロス監督と代表チームについて私が語ったことについて、私の言葉がメディアでどのように取り上げられたのかは知らない。ただイランに勝って、最高の形で予選を終えたいと、今はそれだけを考えている」と語りました。

韓国との試合前、記者会見でイランのケイロス監督は次のような談話を残しています。「韓国と共にワールドカップに出場できることを祈っている。私はこれまで、日本、アメリカ、スペイン、南アフリカ、イギリスで、33年間、サッカーに携わってきたが、今回、韓国の選手が、イランの選手に対して語ったとされる、"血の涙"、あるいは"報復"といった言葉は、一度も耳にしたことがなかった。報復という言葉に対しては、サッカーを通して答えを返すのみ。それが私の知る唯一の方法である。私たちは韓国と争うためにここにいるのではなく、ワールドカップ出場を祝うためにここに来た」

こうして臨むことになった最終節、韓国との試合は、イランでも注目を集めました。「韓国から色々言われたので、必ず勝って欲しい」と、サッカーファンの期待も高まりました。前半は韓国が主導権を握り、イランはほとんど何もさせてもらえない状態でした。後半に入り、14分、相手のミスから、イランのフォワードの新星、グーチャンネジャード選手がボールを奪い、そのまま絶妙なタイミングでボールをゴールネットに突き刺します。イランはこの1点を何とか守りきり、勝利を飾ってグループ首位でのワールドカップ出場を決めました。

試合終了後、イランのケイロス監督は、韓国のベンチの前でガッツポーズを見せました。そして記者会見では、このように話しています。「厳しい試合だった。韓国という強いチームを相手にしなければならないことは分かっていた。試合には気を引き締めて臨んだが、冷静に対応し、組織的に戦えたと思っている。選手たちが勝利を心から願い、それを信じていたことが、今日の勝利につながったと思う。韓国のチームはよく戦っていた。韓国のワールドカップ出場にもおめでとうと言いたい」

一方の韓国の監督は記者会見で次のように語りました。「ホームの試合でイランに負けたことことは非常に悔しくて残念だ。ピッチの上では出来得る限りのことをやれたと思う。ただ良い結果が出せなかった。我々はこれから、韓国のサッカーの将来について考え直さなくてはならないだろう。若い選手たちも育っており、今後のための土台は整っている」

ちなみに、この後、韓国の監督は辞任を表明しました。一方で、イランの監督は、2014年のワールドカップ終了まで、イランの代表監督を続けることが決定しています。

さて、試合後のイランの選手たちの談話です。まずはキャプテンのネクナーム選手。「この勝利をイランの人々と監督、コーチたちに捧げたい。これが出発点となって、もっともっとイランのサッカーが発展するよう願っている。今日の試合は、必ず勝ち点3を取るつもりで臨み、それが叶ってよかった。監督から、今日の試合では守備を徹底して、チャンスに点を取ることが指示されていたが、その通りになった。レバノンに負けてからは、きっと出場の期待も薄れていたと思うが、監督は諦めず、このチームの勝利のために努力してくれた。ベンチの選手たちも、ピッチに立っている選手たちと一体になって戦っていた」

そして、ゴールを決めたグーチャーンネジャード選手は試合後の談話で次のように語っています。「選手はみんな、本当にがんばったと思う。今日は勝ってピッチを去りたいと、それだけを考えて走り回った。韓国をアウェイで倒せたことが嬉しい。1点が決まった後は、ワールドカップに行けると、選手たちも確信していたと思う。最後の3試合で1点も取られなかったのは評価すべきではないだろうか。この勝利を応援してくれたイランの人々に捧げたい」

グーチャーンネジャード選手は、この試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれました。試合後、FIFAのサイトには、このようにありました。「グーチャーンネジャード選手は、イランのワールドカップ出場がかかった大切な試合で、カタール戦、レバノン戦に続き、3試合連続となるゴールを決めた。彼はイランのワールドカップ出場に大きく貢献した」

このグーチャーンネジャード選手、1987年生まれでオランダで育ち、15歳のときからクラブチームでプレーしてきました。その後、ベルギーのチームに所属し、現在はスタンダールでプレーしており、日本代表のゴールキーパー、川島選手のチームメイトでもあります。

ちなみに、この日のFIFAのサイトでは、イランのディフェンスについて、「イランがアジア最終予選で許したゴールは、たったの2点だった」とされています。

イランは、アジア最終予選、後半の3試合で3連勝、勝ち点9を獲得し、大逆転でワールドカップ出場を決めました。そのために喜びもひとしおです。試合後には、イランの政府関係者、最高指導者をはじめ、大統領、国会議長などが、メディアを通してお祝いのメッセージを寄せました。また、テヘランの街中では、夜中まで、ワールドカップ出場を祝う人々の歓声や車のクラクションが鳴り響いていました。さて、サッカー・ワールドカップ・2014年ブラジル大会は、来年6月12日に開幕します。それまであと1年、日本とイラン、共に、大会を盛り上げてくれることを大いに期待しようではありませんか。

]]>
最新の話題 Sun, 23 Jun 2013 18:33:56 +0900
イランの新大統領とは? http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/38060-イランの新大統領とは? http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/38060-イランの新大統領とは?

初等教育を生まれ故郷で終え、1960年、セムナーンの神学校に入学した。1961年には、テヘランの南にあるゴムの神学校に入った。宗教学を学ぶ傍ら、1969年、テヘラン大学に入学し、1972年には司法学の学士を取得した。

ローハーニー師は、イギリス留学も経験し、スコットランドのグラスゴーカレドニアン大学で、民事法の修士号と、憲法の博士号を取得した。彼はさらに、弁護士の免許も取得した。

ローハーニー師はまた、1979年のイスラム革命勝利前、パフラヴィー政権の治安部隊・サヴァークによる追跡を受けながら、政権を批判する演説を行い、同政権との闘争を続けた経歴を持つ。

革命後には、イラン国会で5期議員、1980年から1983年までの間、IRIBイラン国営放送の監督評議会のメンバーとトップ、防衛最高評議会、戦争支援最高評議会のメンバー、戦争司令部の次長、空軍部隊の指揮官をつとめた。

また、13年間、大統領の国家安全保障顧問として、またハーシェミー・ラフサンジャーニー、及びハータミー大統領時代に、16年間、国家安全保障最高評議会の書記をつとめた。

1980年代には、国家安全保障最高評議会書記としての最大の責務の一つであった、イランイラク戦争で停戦協定の締結に奔走した。

ローハーニー師は現在、国家安全保障最高評議会の最高指導者の代表、公益評議会、さらには専門家会議のメンバーである。さらに、公益評議会・戦略研究センターの所長もつとめている。

ローハーニー師は、今年4月11日、テヘランでの会合で、「希望ある賢明な政府」をスローガンに、正式に大統領選挙への出馬を表明した。

]]>
最新の話題 Mon, 17 Jun 2013 23:58:39 +0900
イスラエル当局から見たイランの選挙 http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/37934-イスラエル当局から見たイランの選挙 http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/37934-イスラエル当局から見たイランの選挙 最新の話題 Thu, 13 Jun 2013 23:38:30 +0900 核問題に対するアメリカのダブルスタンダード http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/37932-核問題に対するアメリカのダブルスタンダード http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/37932-核問題に対するアメリカのダブルスタンダード 最新の話題 Thu, 13 Jun 2013 23:30:57 +0900 UAEが歴史を改ざん http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/37561-uaeが歴史を改ざん http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/37561-uaeが歴史を改ざん

 

国が成立してからやっと50年になる一部のアラブ諸国は、しばらく前から、ペルシャ湾という名称を変更した物語やアラビア湾という偽りの名称を広めることで、ペルシャやペルシャ湾の数千年の歴史を改ざんしようとしている。これらの新興の小国は、こうした策略を既成事実にしようとしている。

イスラム初期から20世紀初頭までに、イラン南部に広がる海をペルシャ湾と呼ぶおよそ300の歴史書、地理書が存在する。さらに、およそ1000のヨーロッパとアラブの地図、アラブの首長や政府による30以上の協定にも、ペルシャ湾という名称が用いられている。

この名称は、およそ60年前からアラブのナショナリストによって問題視されるようになった。アラブ諸国は1960年代、汎アラブ主義の思想の拡大と共に、アラビア湾という名称を使用し始めた。このため、1960年以前の文書は、ペルシャ湾ではなく、アラビア湾、あるいは湾という名称を使用していない。それまではエジプトの国歌では、ペルシャ湾という名称が使用されていた。

ペルシャ湾協力会議の加盟国は、ペルシャ湾と呼ぶ代わりに、アラビア湾という偽名を使用している。UAEはアラビア湾という名称を使っていない書物や出版物の一切の輸入を金いている。しかしながら国連、国際機関、専門機関は、ペルシャ湾という名称を今も権威としており、この名称の変更を認めていない。

]]>
最新の話題 Wed, 29 May 2013 23:50:26 +0900
米無人機の攻撃、国際テロの証 http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/37395-米無人機の攻撃、国際テロの証 http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/37395-米無人機の攻撃、国際テロの証

 

プレスTVは、アメリカの新聞・ニューヨークタイムズが初めて、オバマ大統領は、国外で、アメリカの無人機の攻撃で殺害すべき人物を決定する流れに直接関わっていることを明らかにした、と伝えた。この攻撃はブッシュ前大統領の時代に開始されたが、オバマ大統領になってから増加した。無人機は、アメリカ大統領に対し、テロの容疑者がたとえアメリカ人であっても、その行動に基づいて、また国籍が判明していなくても標的にすることを可能にする。

この中で、容疑者の裁判に関する司法的な手続きはまったくとられていない。テロリストのリストの作成は、国防総省が行っており、その中にはおよそ100人の役人が関わっている。彼らは自らの提案するリストを大統領に提示する。それらすべては、アメリカ政府が直接、国家テロの証であるこの攻撃に関わっていることを示している。

アメリカ政府は、初めて、2009年から現在までに、アメリカ国籍のイスラム系聖職者とその他3名のアメリカ人をイエメンやパキスタンの無人機の攻撃で殺害したことを認めている。

国連、人権グループ、専門家からの大規模な非難にもかかわらず、アメリカ政府は、国際法規を全く尊重していないようである。アメリカは、無人機の攻撃を、数の点からも、攻撃範囲の点からも拡大すると発表している。

国際グループの調査によれば、これまで民間人を多数含む数千人の死亡につながったアメリカの無人機の攻撃計画を秘密にすることは、この計画を合法的に見せるための努力を無駄にしている。

人権団体は、「アメリカの無人機の攻撃計画は完全に非合法なものであり、国際法規や各国の主権、独立性を侵害するものだ」と述べている。

]]>
最新の話題 Thu, 23 May 2013 22:36:36 +0900