このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
最新の話題
シオニスト政権イスラエルは、相変わらず核兵器の製造政策を続行することで、世界の安全と平和を深刻な脅威に直面させている。トルコ戦略研究所は、国際環境保護団体グリーンピースの情報サイトに掲載された内容に基づき、原子爆弾製造をめぐるイスラエルの核活動に関して発表した報告の中で、イスラエルが核兵器製造目的で多数の核施設や工場を建設したことを公表した。イスラエルの政府 …
2011/11/13(日曜) 22:55

IAEA事務局長の新たな報告

IAEA国際原子力機関の天野事務局長が8日火曜、イランの核開発に関する新たな報告書を、IAEAの35の理事国に配布しました。25ページに渡るこの報告書は、10ページがIAEAの基本報告で、残り15ページがイランの核施設に関する全体的な検証となっています。西側メディアから幅広い歓迎を受けたこの報告書には、IAEAがイランの核開発の軍事的側面の可能性について深刻 …
一部の情報は、イランがまもなく、少しずつ、アメリカにとって不利な文書や証拠を発表していく予定であることを示している。これらの文書には、これまで暴露されてきたアメリカにとって不利な情報の中には決して見られなかった、独自の特徴がある。イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、3日木曜、イランの大学生や生徒たちを前に演説し、「イランはアメリカに対する100の …
去る9月17日、数十名の人々がアメリカ・ニューヨークの証券取引所前での集結を決めたとき、彼らの怒りの声が国境を越えて世界各地に轟くだろうなどとは、一体誰が予想しただろうか。ニューヨークで、この「ウォール街を占拠せよ」運動が口火を切ってから、ほぼ1ヶ月が経過した15日土曜、アメリカ、ヨーロッパ、アジアにまたがる世界80カ国の1000以上に上る諸都市で、経済格差 …
アメリカ駐在サウジアラビア大使へのテロ計画にイランが絡んでいた、とするアメリカ政府当局のお粗末で馬鹿げた主張は、イラン政府側からあまりにも現実を無視した、しかも使い古しの表現であると評されたばかりでなく、一部のアメリカ政府関係者からも、根拠のない主張と一蹴された。アメリカ司法省のホルダー長官は、「アメリカ在住のイラン人男性1名が、駐米サウジアラビア大使の殺害 …
このほど、原子力発電所の開発を推進する諸国のグループに、ベトナムが加わった。ベトナム国営電力公社と日本原子力発電株式会社の代表者らは、ベトナムの首都ハノイでの式典において、同国中部ニンフアン州での原発建設を取り決めた協定に調印した。イルナー通信が、ベトナム国営通信の報道として伝えたところによると、日本はベトナムの原発建設のための重要な協力国であり、このプロジ …
IAEA国際原子力機関のエルバラダイ前事務局長が、フランスの新聞ルモンドのインタビューで、原子力を諦めることはあり得ないと語った。エルバラダイ氏は、このインタビューで、福島原発事故の教訓について、「この事件には2つの教訓がある。一つは世界中で活動している430基の原発の安全レベルを高める必要があるということだ。なぜなら、現在稼動中の原子炉が建設された30年前 …
ソマリアとケニアの大地は、容赦することは無い。この地は、長年に渡り雨が降っていない灼熱の砂漠であり、生命がなくなっている。内戦や飢饉から退避しているソマリアの避難民は、ケニアとの国境地帯に身を寄せており、彼らの住処はゴミ袋、プラスチック、などあらゆる廃棄物で作られている。ここにいる人々は何も持たずに、彼らの生活状況は人道的なものではない。アフマドとその7人の …
リビアの首都トリポリへの反体制派の進軍と陥落の可能性が伝えられた途端、西側諸国は、リビアの豊富な石油・天然ガス資源を強奪するための努力を開始した。フランスの石油会社トタールの広報担当者は、22日月曜、「トタールは、適当な時期がきたらリビアの石油採掘を開始することができるよう、リビア情勢を見守っていく」と語った。イタリア外務大臣も、「イタリアの石油会社エニが、 …
ここ2日間における、シオニスト政権・イスラエル軍の攻撃で、少なくともパレスチナ人16名が殉教し、他多数の負傷者が出ている。それらの負傷者の一部は、重態と報告されている。この攻撃は、18日木曜に被占領地南部で、シオニスト8名が殺害されたことを理由に開始された。イスラエルは、この攻撃を仕掛けてきたのはパレスチナ・イスラム抵抗運動ハマスであるとして非難している。し …
アメリカは、ベトナム戦争中、「ベトコン」と呼ばれる南ベトナム民族解放聖戦とのゲリラ戦で敗北を喫すると、彼らに対して枯葉剤などの生物兵器を使用した。この兵器の影響は今も、ベトナムの自然環境や後の世代の中に見られる。アメリカ軍はベトナム戦争中、およそ2000万ガロンの化学物質をこの国の森林に撒き、森の中にあったベトナム戦士の陣営を消滅させようとした。アメリカによ …
日本では、過去20年間において児童・幼児に対する虐待や折檻が常に上昇の一途を辿ってきた。日本政府が、この人道に反する卑劣な現象に対処すると主張しているにもかかわらず、この忌まわしい現象は無くなるどころか、大幅に増加しているのである。1990年の時点では、年間およそ3000件とされていた児童悪用のケースが、今や年間5万5000件以上にまで達しているのである。先 …
グローバルポスト グローバルポストのインターネットサイトは、『在日米軍基地の不透明な未来』と題する記事の中で、在日米軍基地の状況について触れ、これらの基地は、アメリカが日本政府に圧力をかけるためのてこになっているとした。 【在日米軍基地、日本のアメリカへの依存の要因】 民主党の外交政策に関するこれまでの見解、つまりアメリカへの依存を減らすという考え方は、朝鮮 …
2011/08/07(日曜) 22:41

広島原爆記念日

アメリカのB29戦闘機の乗員11人のうち、自分たちが一体何を運んでいるのかを知るものは一人もいなかった。唯一人、知っていたのはパイロットだけだった。撮影を担当していた乗員の一人が突然叫んだ。「何てことだ。俺たちは何てことをしてしまったんだ?!」しかし、パイロットの冷たい視線を浴び、黙っているべきであることを悟った。ここで終わってはいなかった。アメリカの人道に …
イランが、他国にガソリンを輸出する用意を示しました。プレスTVによりますと、イランは長年に渡り、精油所の不足から、ガソリンを輸入していましたが、現在、最先端の設備を整えた施設が建設されたことにより、日量7000万リットルのガソリンを生産しています。そのうち多くは国内で消費されており、イランのゼイガミー石油次官は、「生産の余剰分を他国に輸出することができる」と …
アルアーラムチャンネル 西側のメディアがノルウェーの連続テロに関して隠ぺい工作を行い、それを単なる事件として扱っていることは、西側におけるテロ組織や人種差別団体の存在から、世論の目を逸らすためのメディアの努力を示している。23日金曜のノルウェーの首都オスロでの爆弾テロ、そして労働党青年部の集会に対する銃の乱射により、少なくとも76名が死亡、96名が負傷した。 …
マレーシアのマハティール元首相が、4日月曜、個人サイトに掲載した論説で、21世紀にはアジア諸国が国際関係において影響力を持つようになるだろう、とし、「アメリカは、近いうちにその覇権主義的な勢力を失うだろう」とした。マハティール元首相はまた、「欧米諸国が、自国の製品をアジア市場に売り込むことに成功してから、世界はヨーロッパ中心主義に変わっていった。こうしたヨー …
国連総会が、21日火曜、バンギムン氏(67歳)の事務総長の2016年までの続投を決めた。バン事務総長の任期は2011年12月に満了となる。バン事務総長は、次期の重要な取り組みとして、地球温暖化対策、経済成長、アラブ諸国の国民の蜂起への支持を挙げた。この5年間、世界では重要な変化が起こったが、政治専門家によれば、バン事務総長は、多くの場合、単なる傍観者でしかな …
福島第一原子力発電所の危機が続く中、西側の核施設が人間の生命に及ぼす、予測不可能な危険が浮き彫りになっている。そのため、アメリカをはじめとする一部の国は、自国の原発の安全の再考を余儀なくされている。これ以前にも、フランスが、原発の危険性に対する世論の懸念を払拭するため、原発の稼動継続を強調すると共に、「この施設の検査や安全の確保に必要な措置を増やす意向だ」と …
2011/06/02(木曜) 21:50

日本の津波と世界経済

イラン商工研究所・研究員、モフセン・シャリアティーニアー 3月11日の東日本大震災は、これまで、主に人的な悲劇という角度から捉えられてきたが、その影響はそうした側面をはるかに超えており、中期的に見て、世界経済に重大な影響を与えると見られている。菅総理大臣は、今回の震災を、第二次世界大戦での被害と比較した。それは今回の震災の被害の深刻さを物語っていると言えるだ …