このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
最新の話題
ミールターヘル記者 ロシアとアメリカが、戦略兵器削減条約に代わる条約の締結に向け、協議を行なっている中、報道各社は、アメリカのオバマ大統領が、アメリカの核兵器予算の拡大に向けて努力していることを明らかにしています。オバマ政権は、政府が議会に対し、今後5年間で、核兵器予算を50億ドル引き上げるよう求める計画をまとめています。アメリカ政府が、核兵器予算を拡大する …
一部のメディアが、ハイチ地震は自然現象ではなく、アメリカの高周波活性オーロラ調査プログラム・ハープの実験によって起こされたものだと報道しました。この問題について、IRIB国際放送、ラジオ・フランス語が、フランスの国際関係の専門家にお話を伺いました。 この報道は恐らく正しいでしょう。スペイン発行の新聞ABCが、これに関する記事を発表しています。ベネズエラのチャ …
【プレスTV】 ロシア北洋艦隊からの未確認の情報によれば、ハイチの地震は、アメリカがイランに対して使用するための新型地震兵器ハープを実験したために起こったとされている。「アメリカ海軍は、自らが保有する兵器のひとつを、イランに対して使用する前に実験した。この兵器実験は、大きな失敗により、カリブ海沿岸であのような大地震を引き起こす要因となった」この恐ろしい情報は …
2009/12/31(木曜) 21:48

一神教への招待

一神教への招待イマーム・ホメイニー師からゴルバチョフに宛てた書簡と解説
壮大なる聖戦―内面との戦い    イマームホメイニー  慈悲深く慈愛あまねきアッラーの御名において  壮大なる聖戦―内面との戦い   イマームホメイニー 書籍名;壮大なる聖戦-内面との戦い(イマームホメイニーの演説本文)出版者;イマームホメイニー著作集出版編纂研究所(国際部) 印刷・製本;オルージュ印刷研究所第12刷発行;2004年/5000部定 …
イランのアフマディネジャード大統領が、デンマーク・コペンハーゲンで開催された国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議の傍らで、アメリカABCテレビとインタビューを行い、この中で提起された事柄の重要性から、イランの報道各社が、23日水曜、このインタビューの内容を伝えました。 ABC: 「イランが核実験を実施した証拠があるが」アフマディネジャード大統領: 「アメ …
2009/12/04(金曜) 03:50

ヨーロッパの核爆弾

【TIMEより】 イタリアは、核攻撃を実行する力を持っているだろうか?オランダとベルギーは、水素爆弾によって、彼らの敵を標的にすることができるだろうか?ドイツはどうだろう?ドイツの空軍は、広島に投下された核爆弾以上の威力を持つ爆弾を実験することができるだろうか?実際、これらは、ヨーロッパ諸国の核の穢れた秘密であり、当国以外のいかなる機関も国家もそれを知る者は …
慈悲深く、慈愛あまねき、アッラーの御名において ハッジの時期は、世界の地平線における唯一神信仰の輝きと精神的な春である。そしてハッジの儀式は、巡礼者から罪や無知の穢れを取り除き、神から与えられた本質的な光を、彼の心と魂に戻すことができる、透明な泉である。ハッジのメッカ巡礼者が集まる場所で、優越感や自己満足という衣服を脱ぎ去り、同じ色の同じ巡礼衣をまとうこと …
2009/10/29(木曜) 03:49

イスラエルの敵対の継続

シオニスト政権イスラエルのパレスチナ人に対する侵略が激化する中、シオニスト入植地のラビ評議会は、声明の中で、この政権の内閣に、イスラム教徒やアラブ人に対して、アクサーモスクの扉を完全に閉鎖するよう求めました。この評議会は、声明の中で、この1ヶ月間、アクサーモスクの敷地で、シオニストにより、パレスチナ人の巡礼者数百名が暴行を受けたことには触れず、この聖地におけ …
アミーンザーデ解説員イランのアフマディネジャード大統領が、23日水曜、アメリカ・ニューヨークで開催されている第64回国連総会の一般討論で演説しました。 アフマディネジャード大統領は、23日水曜、国連総会一般討論で45分にわたる演説を行いました。この演説の模様は、世界中のメディアで生中継されました。アフマディネジャード大統領はこの中で、世界の大国の政策を強く批 …
占領者は常に、犯罪行為や堕落とともにあります。その一方で、占領者は世界の大国の支持を受けているとき、占領下にある人々に対し、あらゆる種類の犯罪や破壊行為に手を染めています。この状況は現在、シオニスト政権イスラエルに関して、完全に当てはまります。この政権は1948年にパレスチナの占領を開始してから、パレスチナ人の鎮圧と殺害を行っており、数十万人が難民となってい …
テヘラン検察が、協力党とイスラム革命戦士機関の解散を求めました。ファールス通信によりますと、セペフリー・テヘラン次長検事は、25日火曜、大統領選挙後の暴動に関するテヘランの革命裁判所で行なわれた第4回公判で、この暴動に関与した容疑者の起訴状を読み上げました。この起訴状では、「権力主義の逸脱したグループが、国民の大多数の票に明らかに対立し、体制に対峙した。一部 …
「イランは日本企業の注目を集めている」日本駐在のアラーグチーイラン大使が、「イランは、経済危機の影響をほとんど受けていない国として、経済協力の拡大に向け、日本企業の注目を集めている」と語りました。アラーグチー大使は、ファールス通信の記者との詳細なインタビューで、イランと日本の関係の様々な側面について語りました。アラーグチー大使は、「両国の関係は、非常に良好に …
 風刺画:核エネルギーに対するアメリカの対応                       風刺画:核エネルギーに対するアメリカの対応1風刺画:核エネルギーに対するアメリカの対応2   … …
風刺画:核エネルギーに対するアメリカの対応2            風刺画:核エネルギーに対するアメリカの対応1 風刺画:核エネルギーに対するアメリカの対応3 … …
風刺画:核エネルギーに対するアメリカの対応                      風刺画:核エネルギーに対するアメリカの対応2 風刺画:核エネルギーに対するアメリカの対応3 … …
「イラン原子力庁は、イランの核の権利を守るのと同じように、国際的な取り決めをも遵守するつもりだ」 イラン原子力庁のサーレヒー新長官は、任命後初の記者会見で、イランの平和的核開発に対する一部諸国の懸念の表明は、人為的で根拠のないものだとし、「イランも、そうした国々の核開発には大きな懸念を抱いているが、それらは全て、確かな根拠に基づいている」と語りました。サーレ …
シオニスト政権イスラエル軍が、22日間のガザ戦争で白リン弾を使用したことが明らかになった後、イギリスの軍事専門家も、ガザの人々に対して劣化ウラン弾が使用されたことを明らかにしました。イギリスの核兵器専門家は、「ガザから取られたサンプルに対し、ウェールズで行われた実験的な調査から、イスラエルがこの戦争で、劣化ウラン弾を使用したことが明らかになった」と語りました …
アフマディネジャード大統領は、現在53歳、前回同様、最も若い大統領候補です。アフマディネジャード氏は、テヘラン科学工科大学で運輸工学の博士号を取得し、数年、イランの大学で教鞭をとっていました。イランの現大統領、アフマディネジャード氏は、1979年のイランイスラム革命の勝利後、政治的、宗教的な活動を開始しました。イランイラク戦争勃発後、同氏は、祖国を守るため、 …
イランの選挙の最大の特徴の一つは、自由な空気です。こうした空気の中で、さまざまな候補者が自らの見解を国民に説明し、国民もまた、自分が好む候補者に自由に票を投じています。こうした中、選挙法は、可能な限り、候補者の選挙運動がその人物の実際の紹介に繋がるよう、また、有権者の考え方に逸脱やぶれが生じないよう、調整されています。イランの政府関係者は、イランにおける選挙 …