このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
最新の話題
モッラーゼヒーアジア問題アナリスト 先の衆議院議員総選挙での民主党の敗因について、政治評論家らは次に列挙するいくつかの点を指摘している。 第1の点として、野田政権時代に日本の経済状況が著しく脆弱化したことが挙げられる。経済不況や経済成長率の低下は、社会の重要な各部門に影響を及ぼした。 第2に、昨年の東日本大震災による福島第1原発事故という危機への対処管理方法 …
言論の自由を主張してやまない西側諸国が、独立したメディアとして世論に認められているイランの国際衛星チャンネルに、またもや制限を設けた。専門家らは、このような制限を設ける黒幕はシオニスト政権イスラエルであるとしている。 スペインの衛星運用企業ヒスパサットは今年12月21日金曜、IRIBに対する制裁と称するものを理由に、スペインと南米諸国におけるイランの英語によ …
ファールス通信 ここ10年近く、国際社会はアメリカや一部のヨーロッパ諸国、そして勿論IAEA・国際原子力機関による政治的な差し金により、イランの平和的な核活動に焦点を絞り、毎年のように喧騒を起こすことでイランを追加制裁の標的に据えている。 国際社会は、IAEAのような国際機関に対し、中立性の遵守や公正な裁断を求めている。だが、イランの核問題が国際問題と化して …
最近、アメリカが行った核実験が、国際的な非難を呼び起こしている。  プレスTVが伝えたところによれば、アメリカのオバマ大統領は、ノベール平和賞を受賞したが、その政権は、積極的に国際安全保障を弱体化させている。 アメリカは、6日木曜、ネバダ州で、臨界前核実験を行った。アメリカは、これは27回目のアメリカの核実験であると発表した。この核実験の目的は、アメリカの核 …
IRIBホセイニー解説員 アメリカ上院議員が、11月29日、全会一致で、2013会計年度のアメリカの国防予算の修正案を可決した。この修正案により、アメリカ政府は、尖閣諸島に対する日本の領有権を認めている。この措置は、中国のメディアや政府高官の反発を招いた。中国は、このアメリカ上院の措置に抗議すると共に、「東シナ海の領土問題に対する干渉は、アメリカにとって高く …
経済的な観点から、食品産業が作り出し、多様な可能性をもつ農業生産力は、各国の経済発展に重要な役割を果たしています。農業は経済の成長と開発にとって、多くの重要な役割を担っているのです。そのなかでも食品の安全性の向上、食品産業に必要な原料の供給、原料の製品加工、価値ある農産物の生産や、輸出の活発化の重要性が指摘されています。 農業は最も古い生産活動であり、過去か …
今月16日に日本で行われる衆議院議員総選挙を前に、日本の内閣が経済活性化を目的とした予算の配分を明らかにした。 共同通信の報道によると、民主党は衆議院議員総選挙を前に経済不況からの脱出を目的とした1兆2000億円の事業費を割り当てている。日本政府は今年10月にも、これに類似した決断により、不況に陥った国の経済の強化を目的とした50億ドル相当の経済活性化予算を …
魚は、数千年前から人類にとって最も重要な食物のひとつであり、たんぱく質を豊富に含む食材として知られています。今日、水産資源の需要が高まっていることは、漁業と水産資源の消費の拡大の要因となっています。このため、水産資源が取れる多くの国々には、水産物を加工する工場が建設されています。これらの施設は、毎年海から大量の蛋白源である水産物を採取し、市場に流通させます。 …
日本政府当局の予測によると、昨年の東日本大震災で生じた3万3000トンの瓦礫が、2013年の6月までに北アメリカの西海岸に漂着すると予想されている   ファールス通信の報道によると、アメリカ及びカナダ西海岸の住民は、東日本大震災時の大量の瓦礫や残骸が太平洋の潮の流れに乗って、自分たちの地域に押し寄せてくることを覚悟すべきだということである。   およそ2万人 …
ホセイニー解説員 人権擁護を主張する国は、なおも日本の国民の要請を無視し、この国での軍事駐留を続けることで悲劇を起こしている。沖縄で、アメリカ兵2名による日本人女性への暴行が発覚してから2週間と経たないうちに、再び、24歳のアメリカ兵による日本人中学生への暴行事件が発生した。 AP通信によれば、このアメリカ兵は、13歳の日本人中学生に襲い掛かり、暴行を加えた …
2012/10/27(土曜) 17:02

メッカ巡礼と精神衛生

イスラム諸国は現在、メッカ巡礼の月であるゼルハッジャ月に入っています。この月には、世界各地から数十万人もの人々が、現在のサウジアラビアの聖地メッカに一堂に会し、この町にあるカアバ神殿に詣でるという崇高な信仰儀礼を行います。現在、神の啓示が下ったメッカの町には、神を愛してやまない人々の波が押し寄せており、それはあたかも世界各地からの群集という河川が、メッカとい …
尖閣諸島という無人島をめぐる日本と中国の対立は、東アジアに激しい武力合戦を引き起こす可能性があるが、その場合、アメリカが漁夫の利を得るという結果のみに終わるであろう。アメリカは、中国の権力が次第に増大化することを懸念しているのである。 日本と中国の領土争いは、両国の間における政治的な緊張に追い討ちをかけ、今や東アジアの2大国家の間での、2600億ユーロという …
先週は、「世界食糧デー」と「貧困撲滅のための国際デー」という、2つの大きな国際的イベントが行われた。1979年11月に行われた、FAO・国連食糧農業機関の第20回総会では、毎年10月16日を世界食糧デーとすることが定められた。さらに1992年、国連は毎年10月17日を貧困撲滅デーに定めている。この2つの事柄に関する話題は、枚挙にいとまがないが、今回は、互いに …
松村昌廣氏(桃山学院大学法学部教授(国際政治学)) 日本は今、国内外で深刻な問題に直面している。それは第二次世界大戦直後にも匹敵するほどのものである。日本の世論はそれについて、奇妙なとほど無関心である。日本の二大政党である民主党も自民党も、最近、総裁選を行った。一般の国民は、現在、何が起こっているのかについてほとんど関心を寄せていないが、日本の政治体制は、国 …
2012/10/14(日曜) 18:58

シオニストと映画産業

映画は、文化や思想を広めるための商業的、芸術的な手段です。シオニストの資産家たちは、この産業に莫大な投資を行ってきました。シオニストは非常に早くから、宣伝活動における映画の影響力とその重要性に気づき、それをコントロールするため、全力を尽くしてきました。シオニストのプロパガンダ機関は、ユダヤ人の莫大な投資の助けを借りることで、世界に映画が誕生した当初から、この …
一人のアメリカ市民が、「クリストファー・コロンブスの日」を、"民族浄化"の日と呼んだ。 フィルムズ・フォー・アクション(Films For Action)によれば、このアメリカ人は、アメリカのクリストファー・コロンブスの日に触れ、アメリカと、アメリカの原住民に対して行われた犯罪に関する事実を明らかにしている。 この市民は、「私たちは小学生のときに初めてジェノ …
ロシアのアラビア語国際チャンネル、ロシア・アルヤウムが、日本と中国の間の戦争勃発の可能性を分析している。このチャンネルの番組、パノラマの司会者は、こう語った。 「我々はこの番組で、尖閣諸島を巡る日中の危機を取り上げる。この対立は、両国の貿易戦争、引いては武器による衝突に発展する可能性があるだろうか? この問題は、日本と中国の愛国心に関係があるのだろうか? ま …
在スリランカ・アメリカ大使館が、アメリカとインド洋に浮かぶ島国モルディブが10日間に渡る軍事演習を実施することを明らかにした。アメリカの海兵隊とモルディブの国民防衛軍は、隔年で行われる合同軍事演習を4日木曜からモルディブ南部のガン島で開始した。小国モルディブは2月から現在まで、軍事クーデターと民主的な大統領の辞任を受け、情勢不安に陥っている。政治評論家の多く …
1990年代に旧ソ連が崩壊してから、西側諸国はイスラムを最も大きな脅威であると見なしてきた。このため、アメリカを筆頭とする西側世界と、シオニスト政権イスラエルは、イスラムの拡大に対抗するために、特に2001年に発生した9・11テロを口実とするイスラム排斥計画を強化してきている。イスラム世界におけるイスラムの目覚めは、中東北アフリカ諸国における西側諸国と結びつ …
IRIBアミーンザーデ解説員 西側は、イランに対する制裁を強化することで、経済的な圧力を拡大しようとしている。それは、制裁による効果を得ることにより、イランを孤立させ、経済的な失敗に陥らせるためである。敵たちは、戦争が起きた場合のイランの応戦力を知っている。そのため、世界各国は現在、イランが平和的核技術の利用に関する国民の原則的な立場や権利を断念することはな …