このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
最新の話題
第2回「ハリウッド主義と映画」国際会議の開催とその議題テヘランで、第30回ファジル国際映画祭とともに、「ハリウッド主義と映画」第2回国際会議が開かれました。2月2日から4日まで行われたこの会議には、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ諸国から大勢の映画関係者が出席しました。そこには、ハリウッド映画の裏に隠された政策を批判する人々、特にアメリカを始めとする世 …
核エネルギーに関する知識は、人類の暮らしの進歩において基本的な役割を有しています。このため、平和的核技術の最先端の分野に到達することは、大きな重要性を有し、発展を望む全ての国民にとって、一つの国民的な願望と見なされます。イラン国民もまた、創意と工夫の歳月を経て、今はこの国民的な願望を実現させており、平和目的の完全な核燃料サイクルの獲得は、イラン人学者の偉大な …
アミーンザーデ解説員 最近、イランへの圧力強化を中軸に据えた、アメリカとシオニスト政権イスラエルの当局者らによる会談や協議が、メディアでこれまで以上に注目され、クローズアップされている。イスラエルのリーベルマン外務大臣は7日火曜、アメリカ・ワシントンにて同国のクリントン国務長官と会談を行った。リーベルマン大臣は、この会談でクリントン国務長官に対し、イランには …
1979年のイスラム革命の勝利によって、自信と努力を土台とする発展の新たな概念とモデルが誕生しました。この出来事によって、イランは自らの理想の達成に向けて大きな一歩を踏み出しました。イランは過去30年間、西側による絶え間ない制裁と妨害にもかかわらず、科学技術の分野で大きな発展を遂げました。その一つは、航空・宇宙分野における学術研究の成功です。イランはこの33 …
古代から人類の生活に密着した演劇演劇という芸術は、人間の本質と融合しており、歴史のあらゆる時代を通して、様々な形で人間の暮らしに存在してきました。一部の専門家の間では、演劇はギリシャなどの世界の一部地域が発祥源であるとされていますが、歴史的な事実や証拠資料は、こうした説を否定するとともに、演劇が歴史のあらゆる時代において人間の暮らしと共にあったことを示してい …
昨年の第4四半期において、アメリカでは経済成長が見られたにもかかわらず、同国の経済状況に対する懸念は今だ払拭されていない。アメリカのガイトナー財務長官は、スイス・ダボスで行われている世界経済フォーラムにおいて、アメリカの経済難を強調し、「アメリカの住宅・建設部門は、未だに弱い状態にあり、また高い失業率も依然として主要な問題として残っている。国民は今なお多くの …
テヘラン宗教絵画展の開催と出品作のあらまし先ごろ、テヘランにてイラン学財団による宗教画展が開催されました。この絵画展に展示された作品のテーマは、シーア派3代目イマーム・ホサインが、イラクのカルバラーで非業の死を遂げたアーシュラーの出来事そして、この痛ましい出来事とその後における預言者一門の受難となっています。今回の絵画展には、過去と現代の画家達による、こうし …
アメリカ、イギリス、シオニスト政権イスラエル、そしてこれらの国々に従属する中東地域の政権は、イランに対する経済制裁と平行して、イラン人学者の暗殺も政策に据えています。最近ではテヘランで、イランの優れた若き核科学者モスタファ・アフマディ・ロウシャン教授がテロにより殉教しました。 モスタファ・アフマディ・ロウシャン教授は、過去2年間にアメリカ、イギリス、イスラエ …
ペルシャ湾、ホルモズ海峡、オマーン海といった戦略的海域で行なわれたイラン海軍の大軍事演習「ヴェラーヤト90」が先週終了しましたが、世界の政界とメディアでは依然としてその反響が続いています。イラン海軍はこの軍事演習を実施することで、イランが持つ抑止力を世界の人々に示しました。この演習は、イランの防衛力、抑止力を見せることに加え、この数ヶ月に渡り、根拠のない口実 …
2012/01/09(月曜) 19:22

2011年、独裁政権崩壊の1年

2011年が波乱に満ちた様々な出来事とともに幕を閉じました。この年は、東は北朝鮮から西はアメリカに至るまで、全世界で大きな変化が生じた、前例のない年です。こうした中で、中東という戦略的地域は、大規模かつ根本的な変化の中心にありました。 チュニジア、エジプト、リビア、イエメンの4つの国の独裁政権の崩壊と、複数のアラブ諸国における、前例のない民衆による街頭での抗 …
イラン原子力庁がこのほど、「イラン原子力庁の学者や研究者は、天然ウランを含有する核燃料棒の初の生産と実験に成功した」と発表した。これらの核燃料棒の見本は、実用化の段階における機能をテストする目的で、物理的・多角的な実験を経た後、テヘラン研究用原子炉の炉心部に移された。この原子炉は、数十年前から各種の放射性医薬品の製造や、放射線医学面での調査目的で運転されてい …
イラン人の中東アナリストのイスマーイール・サラーミー氏が、プレスTVとのインタビューで、「アメリカは、イラン国民の弱体化を狙い、抵抗するイラン国民を服従させるために、ありとあらゆる手を尽くしてきた」と語った。サラーミー氏は、プレスTVのウェブサイトに掲載した論説において、「アメリカ・ニューヨークのマンハッタン地区にある連邦裁判所の1つが、2001年9月11日 …
隠蔽されがちなシオニズムの犯罪と、それを暴露する独立系メディアシオニズムを深く掘り下げて研究してみると、多くの独立した研究者らのように、関係資料やその逸脱した思想の歴史を研究することにより、現代の表面上文明化した世界の中枢にまで、このような抑制の効かない腐敗が蔓延していることに驚かされます。しかし、ニュース報道や文献資料、そして歴史の中に見られるこうした事実 …
日本はイラン産原油をさらに必要としており、イラン産原油への制裁が行われた場合、原油の国際価格は上昇するだろう。このため、原油価格上昇、世界的オイルショック発生の恐れ、そして別の国からの石油の確保が望めないことから、日本は今後も、イラン産原油の輸入禁止措置というアメリカの圧力に反対すると考えられる。国際誌「石油・天然ガス」によれば、日本は国内に限られた石油資源 …
シリアの現状と、地理的条件及び人口構成   シリアはここ数ヶ月、動乱と危機に見舞われてきました。この危機は、シリアの政治・社会情勢に端を発するものです。シリア政府の関係者は、政治・経済面での段階的な改革を強調していますが、同国の反体制派の一部は、依然として外国の挑発により抗議デモの参加者ににらみを利かせ、国内の一部都市を暴力による騒乱の場へと変えています。情 …
北朝鮮のキム・ジョンイル総書記が死去したことを受け、三男のキム・ジョンウン氏が同国の新総書記となりました。ファールス通信によりますと、キム・ジョンウン氏は1984年1月8日生まれで、故キム・ジョンイル総書記の三男です。ジョンウン氏は、スイスに留学した経験があり、ドイツ語、英語、フランス語に精通し、西側の支配に抵抗することは、留学時代におけるジョンウン氏の最も …
サウジアラビア国王への天然水銀朱の贈与事件と、サウジアラビアの政策におけアメリカの役割サウジアラビアの皇太子にブン・アブドルアズィズが選ばれたことを懸念し、不服とする同国のある情報筋が、同国の首都リヤドでファールス通信記者に対し、地域でサウジアラビアがアメリカの政策に同調する理由を明らかにした。同記者は、何故アブドッラー国王が王座に就任後、アメリカの政策に無 …
アーシュラーは、シーア派3代目イマーム、ホサインが圧制に対して蜂起し、殉教した日です。今年のアーシュラーの日にあたった12月6日は、アフガニスタン、パキスタン、イラクで流血の惨事となりました。 アフガニスタンでは、首都カーブルの他、マザルシャリフとカンダハルで、アーシュラーの追悼儀式に参加していた人々を狙った3つの同時テロが発生し、70名が殉教、およそ200 …
アメリカは、約9年に及ぶイラクの占領を終わらせるつもりでしょうか?この問いは、アメリカのオバマ大統領が、指定の期日である今年12月末にアメリカ軍をイラクから撤退させることをアメリカ政府の義務であると述べるしばらく前から、マスコミや政界でささやかれています。オバマ大統領は、イラクに駐留する全アメリカ兵5万人が、イラクを撤退するだろうと強調しました。まさにこの枠 …
OPCW化学兵器禁止機関第16回締約国会議開催去る12月2日、オランダ・ハーグで行われていたOPCW・化学兵器禁止機関の第16回締約国会議が、5日間の全日程を終えて閉幕しました。化学兵器の廃絶期限となる2012年4月29日は、刻一刻と迫っており、今回の会議では、世界における化学兵器の廃絶が最大の議論の焦点となりました。この会議の参加者らは、最終声明において、 …