このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2014/10/05(日曜) 21:51

世論を欺くアメリカとテロ組織ISISの見せかけの戦い

世論を欺くアメリカとテロ組織ISISの見せかけの戦い

キャラミー解説員
「イラクとシャームのイスラム国」を自称するテロ組織ISISが、シリアでアメリカ人ジャーナリストを殺害して以来、アメリカはハリウッド風の芝居により、テロ組織ISISに対抗するための国際的な有志連合を結成しました。アメリカの政治家は、ISISを国際的な脅威であるとして、国連との打ち合わせなしに、一部の西側諸国やアラブ諸国を、シリアでのISISとの戦いに参加させました。アメリカが主導する、テロ組織ISISに対抗する有志連合の作戦から、ほぼ2週間が経過しましたが、標的にされているのは、シリアの住宅地域やインフラのみです。

 

アメリカ上院のクリス・マーフィー議員は、アメリカ政府にはシリアにおけるISISとの戦いに際しての明確な戦略が欠けているとし、「ISISを破るには、軍事的な措置だけでは不可能である」と語りました。マーフィー議員はCNNのインタビューで、ISISとの現実的な戦いのための、アメリカ政府による明確な戦略の決定を求めています。アメリカ軍に近い別の政府関係者は匿名で、「シリアにあるテロリストの拠点への、アメリカのミサイル空爆はテロリストの能力には全く効かなかった」述べました。
トルコとの国境付近にあるシリア北部の町コバニに向かって、ISISが進軍していることは、ISISに対するアメリカの作戦が、単にアメリカの利益の追求のためのものに過ぎないことを示しています。ISISに対するアメリカの現在の戦略は、ISISに対抗する有志連合の結成目的が世論をなだめるためであることはともかく、もっとも重要なのはISISの弱体化であって、このテロ組織を壊滅させることではない、ということを明らかにしています。
ISISが反抗することなく、またこの組織の支持者の利益を侵害しなかったならば、アメリカの政治家の怒りの矛先がISISに向けられることはなかったはずです。ISISは、CIAやシオニスト政権の諜報機関モサドの支援を受けて結成されており、ISISに対する軍事作戦の目的は、この組織を制御することにあります。ISISは、独自の資金源やアメリカ製の兵器を得ることで、単なる道具としての役割の範囲を超えているのです。
ISISに対抗する有志連合の結成と時を同じくして、アメリカはいわゆる穏健派の武装組織に対する資金援助を行うようになりますが、このアプローチはこれまで以上に、アメリカのテロ対策が真剣なものでないことを明らかにしています。西側諸国の情報筋が発表した報告によりますと、シリアでアメリカが主導する有志連合がISISの拠点をミサイル空爆する際に標的となったのは、実際にはISISのメンバーがいない拠点や軍用車両だったということです。
13年間にわたるアフガニスタンでの経験や、シリア危機とそれに次ぐイラクでのおよそ4年間の経験から、アメリカが陰に陽に地域に存在することはいずれも、治安を確立することはなかったということが分かっています。テロリストによる、一部の地域諸国とシリアやイラクの間の行き来を阻止し、テロ組織の資金源や思想面での根源を断ち切る、という地域諸国の協力こそ、テロリズムとの戦いにおける建設的なアプローチだといえます。この方法によらない場合、テロとの戦いにおけるアメリカのハリウッド的な芝居は、地域でのアメリカとシオニスト政権の安全保障以外に目的はない、ということになるでしょう。

Add comment


Security code
Refresh