このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
解説
2016/04/11(月曜) 19:50

CTBT会合への北朝鮮の招待

CTBT・包括的核実験禁止条約機関準備委員会のゼルボ事務局長が、北朝鮮にウィーンで開かれる同委員会の閣僚会合への出席を呼びかけたことを明らかにしました。 … …
2016/04/10(日曜) 19:31

G7外相会合の開幕

G7主要7カ国の外相会合が10日日曜から2日間にわたって広島で開催されています。
イランのザリーフ外務大臣が、ロシアのタス通信のインタビューで、地域問題について触れ、「過激派やテロリズムは、中央アジアやコーカサスをはじめとする地域を危険にさらしている」と語りました。 … …
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、6日水曜、政府、国会、司法府の関係者と会談し、「イラン国民の問題解決と国益のために有益なあらゆる措置をしっかりと支援する」と語りました。 … …
イランのマイナスのイメージを植えつけるためのアメリカの膨大なプロパガンダは、核合意にもかかわらず、アメリカがイランに対する敵対や脅迫を続けていることを示しています。 … …
NATO北大西洋条約機構が、アゼルバイジャンとアルメニアにナゴルノカラバフにおける戦闘において冷静さを保つよう呼びかけました。 … …
日本の駆逐艦2隻と潜水艦1隻のフィリピンの海域への派遣により、軍事協力の強化が事実上、両国の政策に据えられました。
「イランのミサイル力は、国家の安全保障と防衛の問題であり、協議の余地はない」 イラン外務省のアラーグチー国際法担当次官は、テレビのインタビューでこう強調し、「イランは核合意の前に、ミサイル“エマード”を実験したが、欧米諸国ははっきりと、それは核合意に違反していないと言った」と語りました。 … …
世界各国の指導者が、核テロの脅威の拡大に関して警告を発しました。
バーレーンのハーリド外務大臣が、アルアラビーヤチャンネルのインタビューで、イランは、挑発的な表明を行うことで、バーレーンの主権を踏みにじっていると主張しました。ハーリド外相は、31日木曜に公開されたインタビューの中で、「地域で様々な情勢が生じているが、イランは我々の隣国であり、我々は彼らと共存し、協力すべきだ」と述べました。 … …
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、30日水曜、宗教的な歌の歌い手らを前に演説し、軍事力は、覇権主義者がイラン国民に理不尽な要求を押し付けるための最大のよりどころだとしました。 … …
日本の安倍総理大臣が安全保障関連法を支持し、「この法は日本の自衛力を強化することになるだろう」と表明しました。
安価な石油が産油国の経済に打撃を与えています。                      
シリア軍の総司令官が、「ホムス東部郊外に駐留する部隊は、義勇兵の協力と、シリア・ロシア空軍の支援により、27日日曜、パルミラの治安を取り戻した」と語りました。 … …
イランのザリーフ外務大臣が、「イランのミサイル計画に対するアメリカの行動に対しては、ミサイル力のさらなる強化によって応じる」と強調しました。 … …
2016/03/26(土曜) 21:14

核のテロ、真の脅威

IAEA国際原子力機関の天野事務局長が、「核テロは、真の脅威だ」としました。
イランが、イランを担当する国連人権特別報告者の任期の延長を非難し、「この決定はイランへの敵対に基づく政治的な目的によるものだ」と述べました。 … …
アメリカのケリー国務長官が、23日水曜、シリアとウクライナの問題に関してロシアの政府関係者と会談するため、モスクワ入りしました。ケリー国務長官は、この訪問で、ロシアのラブロフ外務大臣、プーチン大統領と、シリアの停戦とウクライナ情勢に関して話し合う予定です。 … …
国連が難民問題への対応における新たなアプローチを非難しました。これに関して、国連難民高等弁務官は、「EUとトルコの合意後、ギリシャの難民受け入れ登録機関は、拘束所と化した」と述べました。 … …
ベルギーの内務大臣が、首都ブリュッセルの空港と地下鉄でのテロ攻撃の発生後、国家安全保障評議会会議の開催を明らかにしました。 … …
1 / 128 ページ