このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/03/30(水曜) 21:45

安倍首相の安保関連法に対する支持

安倍首相の安保関連法に対する支持
日本の安倍総理大臣が安全保障関連法を支持し、「この法は日本の自衛力を強化することになるだろう」と表明しました。

ガッファーリー解説員

こうした中、日本の人々は、この安倍政権の政策に抗議し、デモを行い、安保関連法の施行をこの国の平和主義の終わりだとしました。

安倍首相の戦争政策に抗議する人々は、この法の施行は最終的に日本を戦争に向かわせることになるだろうとしています。しかしながら安倍首相は、世界のどの国も一国では自衛できないと考えています。安倍首相はアメリカへの無条件の追従を非難されないように、「アメリカの次期大統領が誰になろうと、どの政党の出身者であろうと、日本とアメリカの連帯は日本の戦略的外交の基盤だ」と述べています。

安倍首相は、「こうした戦略的協力が変わることはない。なぜならアジアの平和と安全、アジア太平洋地域の福祉を目指しているからだ」としています。

実際、安倍首相は中国の軍事力や北朝鮮の核活動を大げさに見せることで、軍の復活に向けた自らの行動を正当化しています。明らかに、尖閣諸島の領有権を巡る日本と中国の対立は日本を軍事力の拡大に向かわせています。さらに、北朝鮮の核活動は度重なるミサイル実験と共に、日本を国益を守らせる方向に向かわせています。しかしながら実際、日本は多くの軍事分野でアメリカと緊密な協力を行っており、日本国内のアメリカ軍基地や数々の合同軍事演習に巨額の費用を投じています。

日本とアメリカの協力により、2015年から2016年の初めにかけて、日本人数万人が各地でデモを行いました。政治問題のアナリストによれば、日本とアメリカの戦略的連帯は明らかに中国に対するものだと解釈されています。オバマ大統領はここ数年、とくに2期目において、アジアの多くの国を訪問しています。しかしながらオバマ大統領のアメリカの防衛同盟国とみなされるアジア諸国への訪問は特別な意味を持っています。オバマ大統領はこれらの国への訪問で、中国の脅威に対する彼らの立場を支持し、アジアに対するアメリカの立場は変わるどころか、中国や北朝鮮の脅威により、強くなっていることを示しました。オバマ大統領は日本とアメリカは軍事協力の拡大の道を政策に入れるべきだと表明しました。これに対して、アメリカと日本の非難を受けている中国は、今も、あらゆる衝突、戦争を回避すべきだと考えています。中国は外交的な能力により、それから生じるアジアでの対立や危機を管理することができると考えているのです。

Add comment