このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/04/10(日曜) 19:31

G7外相会合の開幕

G7外相会合の開幕
G7主要7カ国の外相会合が10日日曜から2日間にわたって広島で開催されています。

ミールターヘル解説員

この会議では、テロ、海上の安全、核不拡散、ウクライナ問題、北朝鮮のミサイル実験について話し合いが行われます。

日本は広島での外相会合により、核兵器拡散防止に向けた新たな動きが生み出されることを期待しており、この構想をここ数年、強調しています。この会議の傍らで、アメリカのケリー国務長官とその他のG7の外相は、広島の原爆投下で亡くなった人々に対して、敬意を表することになっています。ケリー長官は、14万人の原爆による死者を出した広島を訪問するアメリカ政府の最高位の高官です。G7の外相らは、11日月曜、広島平和記念公園を訪れ、原爆の死者に献花する予定です。少なくとも日本で、この出来事はG7の2日間の会議に影響を及ぼすことになるでしょう。

外相会合での議題の数に注目すると、この会議の主催国である日本は、当然、この会議で自らの問題を提示し、それに関するG7の解決策をあおごうとするでしょう。この問題の筆頭にあるのが、北朝鮮の核・ミサイル能力の拡大に対する懸念であり、最近の北朝鮮の核・ミサイル実験により、日本の政府関係者は、東アジアでの情勢不安の拡大と兵器競争の激化に強い懸念を示しています。

とはいえ、これに関して、日本のG7内の同盟国であるアメリカも、共通の見解を持っており、この会議で、核兵器拡散防止に向け、更なる措置を講じようとするでしょう。この他の問題は、世界におけるテロの拡大であり、中東や北アフリカに加えて、現在、欧米や東アジアも影響を受けています。最近のインドネシアのテロがその例と見なされます。

現在、世界各地がISISなどのテロの脅威や攻撃にさらされています。G7の外相はこの脅威に対抗する上で決定をとろうとしています。この他の問題は、海上の安全の問題であり、とくに南シナ海や東シナ海での中国と近隣諸国の対立の拡大と海の覇権拡大に向けた中国の努力を受け、アメリカと日本の懸念が高まっています。さらに、マラッカ海峡やアデン湾での海賊の活動拡大も、G7の関心事とされています。

ウクライナ情勢とこの問題の行き詰まりはもまた、G7外相会合の議題のひとつであり、現在、西側とロシアの主な争点になっています。実際、ウクライナ問題が原因で、ロシアはG8から外され、世界の先進国はG7として活動を続けています。

これ以前、日本政府は、5月に開催されるG7のサミットの重要な問題はロシアのプーチン大統領の招待に関する問題と報告していました。2015年のドイツでのサミットは、ロシアの首脳を除いて開催され、G7のメンバーはロシアに対し、ウクライナ問題への介入継続に関して警告を発し、更なる厳しい制裁を行使すると脅迫しました。こうした中、情勢の変化により、穏健な姿勢をとる一部のメンバーはロシアの参加を呼びかけています。

G7は世界経済のおよそ半分を占める先進7カ国で構成されています。ロシアがこのグループに加わり、その名称はG8に変わりましたが、ロシアが参加停止になってから、再びG7と名称を変更しました。

Add comment