このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
解説
アミーンザーデ解説員 OPEC石油輸出国機構が、「原油価格は4年後まで下落したままだが、その後回復するだろう」と報告しました。世界の原油の3分の1を生産しているOPECは、報告の中で、「市場の回復の流れは緩やかなものとなるだろう」としました。OPECの見かたでは、需要の段階的な成長とOPEC非加盟の産油国による供給の減少により、今後4年以内に市場におけるバラ …
アミーンザーデ解説員 原油の国際市場に関する報道は、原油価格の下落の継続を伝えています。この流れにおいて、イランの軽油もここ数日でおよそ32ドルに下落しました。 … …
アミーンザーデ解説員 アメリカへの渡航に関する新たな法案の可決は、今もメディアや政界の議論に上がっています。この法は、テロ対策の一環といわれています。この承認事項によれば、これまでアメリカへの渡航にビザを免除されていた日本を含む38カ国の市民に対し、今後はどんな理由であれ、5年以内にイラン、イラク、シリア、スーダンを渡航したり、将来渡航する見込みがある場合は …
アミーンザーデ解説員 IAEA・国際原子力機関の理事会における、イラン核計画のPMD・軍事的側面の可能性の問題の終結に関する決議の採択後、現在、包括的共同行動計画の実施が開始されています。しかし、この段階に入っている中で、イランのザリーフ外務大臣は、「アメリカの背信的なメッセージは、そのほとんどを否定している」と語りました。 … …
キャラミー解説員 国連安全保障理事会の決議2254は、シリア問題の政治的解決に向けたロードマップを描くためのものとして採択されました。エフェクト 国連安保理の会議は、ニューヨーク現地時間の18日金曜夕方、安保理の今期議長国をつとめるアメリカのケリー国務長官の主導により開催され、15理事国すべてがこの決議に賛成票を投じました。 … …
ミールターヘル解説員 国連安全保障理事会の公開会議が、17日木曜夕方、テログループと取引している人々に対する法的措置の強化を目的に開かれました。 … …
アミーンザーデ解説員 アメリカ・ニューヨークを訪問中のイランのザリーフ外務大臣がIRIBのインタビューで、「シリア問題についての話し合い、つまりシリア問題をめぐる三回目の会議への出席が今回の訪問の最大の目的だ」と述べました。ザリーフ大臣はさらに、「とはいえ我々は、この会議に向け一部の必要な準備が完全に整えられていないと考えているが、いずれにせよ会議の開催に注 …
ガッファーリー解説員 日本の河野行政改革担当大臣が、安倍総理大臣の反移民政策を批判しました。河野大臣は、日本の移民制限に関する計画について、「日本政府はこのような措置によって、大きな代償を支払うことになるだろう」と述べました。河野大臣の見かたでは、日本政府は出生率上昇に向け実行中の計画によって、人材不足を補うことはできない、ということです。 … …
ザーエリー解説員 イランの内務大臣と国連薬物犯罪事務所(UNODC)のフェドートフ事務局長が、2016年から2019年までの麻薬対策に関する協力文書に調印しました。この文書は、「アフガニスタンの相手国と近隣諸国」と題する協議の終わりに、イランの麻薬対策に5年間、2000万ドルの予算をあてるために調印されました。イランのラフマーニーファズリー内務大臣は、高等使 …
マッキー解説員 ストックホルム国際平和研究所が、2014年の軍事企業100社の取引額を発表しました。この報告では欧米諸国の軍需企業は世界の武器取引の80%以上を占めていることが明らかになりました。昨年の世界の大手軍需企業100社の兵器売上高は、1.5%減少し、4010億ドルでした。この額は、国連平和維持活動の年間の予算の100倍に相当します。 … …
ガッファーリー解説員 韓国と北朝鮮は、ケソン工業団地で2日間に渡って次官級協議を行いましたが、いかなる結論にも至らず、次期協議の日程も決められませんでした。この協議では、北朝鮮北部の金剛山観光の再開方法に関する対立により、双方は合意に至ることができませんでした。 前回の協議で、韓国は、離散家族の問題を取り上げ、北朝鮮にこの問題の解決を促そうとしましたが、今回 …
アミーンザーデ解説員 アメリカは世界最大の人権侵害国で、これは世界の多くのメディアや人々にとって明らかな事実ですが、アメリカの政府関係者は今も、自らを世界の人権擁護の旗手として見せようとしています。 … …
ジャヴァーディ解説員 「パレスチナ難民の帰還の権利」に関する決議が採択された記念日にあたる12月11日を前に、国連は、シオニスト政権イスラエルに対する8つの決議を採択することで、パレスチナ人に国際舞台での新たな勝利をもたらしました。 … …
ヴァガーリー解説員 アメリカと日本の共同演習が、伊丹駐屯地で始まりました。この演習は日本とアメリカの軍隊6500人が参加しています。軍事関係者は、この演習の実施の目的を、サイバー攻撃への対策と一部の地域諸国のミサイルからの防衛だとしました。 … …
モハンマディ解説員 シリア危機の政治的解決に向けた国際的な努力と時を同じくして、サウジアラビアの首都リヤドでサウジアラビアが主催するシリアの反体制派の会議が開幕しました。 … …
キャラミー解説員 国連総会の公開会議で、核兵器廃絶に関する世界の核大国の取り決め追求に関して、イランが提案した決議が採択されました。国連総会は、7日月曜の会合で、世界の平和と安全に関する第一委員会の承認決議について話し合いました。 この会合では、地域と世界の2つのレベルにおける軍縮、特に核兵器廃絶を訴える、世界の安全をテーマにした57の決議が提起され、採択さ …
ガッファーリー解説員 日本の安倍総理大臣が、衆議院の解散総選挙の実施を否定しました。安倍首相は、岩手県一関市で記者団に対し、「来年夏の参議院選挙にあわせて、衆議院の解散総選挙を行うことは考えていない」と語りました。自民党の一部関係者が、解散総選挙の実施の可能性について語っていました。 … …
キャラミー解説員 シリアのアサド大統領が、テロ組織ISISの拠点を狙ったイギリスとフランスのシリア空爆は失敗するだろうとしました。アサド大統領は、イギリスのサンデータイムズのインタビューで、イギリスとフランスのシリア空爆は違法で無意味なものだとし、「イギリスとフランスは、シリアのテロリスト支援の筆頭にいる」と語りました。 … …
アミーンザーデ解説員 OPEC石油輸出国機構の閣僚が、オーストリアのウィーンで開かれた第168回総会で、新たな生産枠の設定に関して見解を近づけようとしましたが、これに関して結論を出すことはできませんでした。ベネズエラ、アルジェリアなど一部のOPEC加盟国は原油価格を上昇させるために、減産を提案しましたが、サウジアラビアは現在日量3000万バレルであるOPEC …
ミールターヘル解説員 アメリカのオバマ大統領が、最新のインタビューの中で、「地上部隊の派遣により、イラク戦争のようなやり方で侵略しないことについては約束するが、テロ組織ISISの打倒に向けた軍事介入は必要だ」と強調しました。 … …