このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
解説
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、20日日曜夕方、イラン北東部の聖地マシュハドにあるイマームレザー聖廟の巡礼者や近隣の住民数万人を前に演説し、現在の状況における世界の覇権主義者の政策について、「現在、覇権主義者、特にアメリカの政策により、イラン国民は、アメリカと折り合いをつけるか、あるいはアメリカの圧力を受け入れるかの二者択一を迫られているとし …
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、20日日曜、イラン暦の新年1395年の始まりに際してメッセージを寄せ、昨年は、多くの機会や脅威、よい出来事と悪い出来事を経験した年だったとしました。 … …
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、20日日曜、イラン暦の新年1395年の始まりに際してメッセージを寄せ、昨年は、多くの機会や脅威、よい出来事と悪い出来事を経験した年だったとしました。 … …
ロシアが対ロシア制裁に関するEUの外交政策の責任者の声明を不公正だとしました。ロシア外務省は18日金曜、声明を発表し、国際社会に対ロシア制裁を求めたEUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表の最近の立場を不公正なものだとしました。 … …
2016/03/17(木曜) 22:00

トランプ氏の警告

アメリカ大統領選挙の共和党候補指名争いで首位に立つドナルド・トランプ氏が、自身の指名獲得が阻止された場合、暴動が起きると警告しました。 … …
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、「イランの絶対的な政策は、ベトナムをはじめとするアジア諸国との協力だ」と強調しました。 … …
14日月曜、アメリカの要請によりイランの弾道ミサイル実験について話し合うために開かれた国連安全保障理事会の会議は、アメリカが望むような結果を得られず、閉幕しました。 … …
イランの弾道ミサイル実験に関する西側の政界の世論操作が継続する中、14日月曜、安保理が非公開で会議を行いました。
シオニスト政権イスラエルのカッツ運輸大臣が、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムの抵抗運動をやめさせるため、パレスチナ人の追放を求めました。 … …
ロシアと中国の外相が、韓国におけるアメリカの弾道ミサイルシステムの配備を非難しました。
アメリカのオバマ大統領が、イランに対する国家緊急事態法を延長しました。
イランは弾道ミサイル数発の試験発射を行いました。                         
パレスチナ問題について話し合うOICイスラム協力機構の第5回臨時首脳会議が、7日月曜朝、加盟国から500人以上の関係者と一部首脳が出席し、インドネシアのジャカルタで開幕しました。 … …
イランのザリーフ外務大臣が、東南アジア・太平洋諸国への訪問を開始し、6日日曜未明、インドネシアの首都ジャカルタに入りました。 … …
2016/03/05(土曜) 21:39

トルコ首相のイラン訪問

トルコのダーヴトオール首相がイランを訪問しています。                          
ペルシャ湾岸協力会議がレバノンのシーア派組織ヒズボッラーの抵抗運動をテロと呼んだことに対して、イランが反発しました。
国連安全保障理事会が、話し合いをまとめるための一時中断を経て、2日水曜、対北朝鮮決議を全会一致で採択しました。
日本の安倍総理大臣が、国民に向け、「憲法の改正により、政府は、脅威に対して国民の命と財産、主権を守ることができる」と語りました。この問題について、IRIBガッファーリー解説員は次のように語っています。 … …
シリアの停戦が4日目に入りました。この合意について、不安と期待が同時に存在しています。
人権理事会の年次総会が、29日月曜、国連事務総長の出席を持って、スイスのジュネーブで開幕します。