このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/04/16(木曜) 20:56

イランと国連が、観光業の発展に向け協力を拡大

イランと国連が、観光業の発展に向け協力を拡大

イラン駐在の国連包括的開発事務所のファルズィーン所長が、イランと国連が観光業の発展に向けて協力することを明らかにしました。


ファルズィーン所長は、16日木曜付けのイランの新聞ドンヤーイェ・エクテサードのインタビューで、「エコツーリズムとしても知られる郷土発展を基盤とした社会の観光業の発展のため、イランと国連は近年協力を拡大している」と語っています。
また、「エコツーリズムは、国連ミレニアム計画における目標に基づく郷土開発部門の1つである」と述べました。
ファルズィーン所長によりますと、イランは郡部や地方の村おこし・町おこしの先進国の1つだということです。
同所長はまた、「イランと国連は、外国人観光客にイランの手工芸や可能性を紹介するためにも協力を行ってきた」としました。
さらに、「イランで観光業が日増しに発展していることから、外国人観光客はイランの文化や文学をよりよく知りたいという関心を示している」と語っています。

Add comment


Security code
Refresh