このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/09/24(木曜) 20:01

犠牲祭、世界のイスラム教徒が祝祭

犠牲祭、世界のイスラム教徒が祝祭

今日9月24日は、イスラム暦ゼルハッジャ月10日にあたり、イスラム教徒の大きな祝祭である犠牲祭の日です。


犠牲祭の日、サウジアラビアの聖地メッカの神の家を巡礼した人々は、神の命により、神の満足を得るために生け贄をささげ、偉大な預言者イブラヒームの記憶をよみがえらせます。
神は、イブラヒームの信仰を試すため、息子のイスマイールを神の道において生け贄にささげるようイブラヒームに命じます。
イブラヒームは、苦しみながらもこの神の命に従い、それを実行しようとしました。しかし、どんなにナイフを引いても、イスマイールの喉が切れることはありませんでした。そのとき、神の試練を無事に乗り越えたことがイブラヒームに知らされ、イスマイールの代わりに生け贄にささげるための羊が送られました。
この出来事は、献身、自己犠牲、欲望の克服、神の命への服従といった教訓を含むものです。
そのため、世界のイスラム教徒は、ゼルハッジャ月の10日をイスラムの壮麗な祝祭として祝っています。

Add comment


Security code
Refresh