このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
文化、社会、科学
オーストラリアのウェブサイト、トラベラーが「イランは世界における観光の中心地になりつつある」としました。
数万人のイラン人が、イラン北東部の聖地マシュハドのイマーム・レザー聖廟とテヘランから南にある聖地ゴムのマアスーメ聖廟でイラン暦の新年ノウルーズを迎えました。 … …
国連事務総長が、ノウルーズ国際デーに際したメッセージの中で、世界全体における希望と生命の再生という、ノウルーズの基本的なメッセージの拡大を求めました。 … …
イランに対する制裁の解除により、外国のメディアが数々の報告の中で、イランを主要な観光地として提案しています。
春の新年を祝うノウルーズの祝祭は、イランの文化や文明の最も重要で古い要素となっています。
イギリスの新聞テレグラフが、イランの国際的な高級ホテルが外国人観光客を誘致しているとしました。
イラン緑の国際映画祭が、グリーンフィルムネットワークに加盟しました。
日本でイラン現代建築展が開催されます。                                     
外国人の投資家が、イランの医療観光の開発に向けた用意があるとしました。
スペイン代理大使が、イランは世界の観光地となるのに適した可能性を有しているとしました。
イラン文化遺産・伝統工芸・観光庁長官が、「今年の終わりまでに、外国人観光客向けの電子ビザが発給される」と語りました。
ニュースサイト、parstoday.comの開設により、IRIB国際放送の各局は、新たな活動の時代に入ります。
アメリカ・ワシントンにおけるイラン利益代表部の関係者の一人が、この数ヶ月、イラン訪問を目的としている観光客がかつてないほどに殺到しているとして、「この利益代表部は、これまで数千人のイランの入国ビザを発給してきた」と語りました。 … …
イランイスラム文化指導省の服装秩序担当部長が、テヘランで行われたファジル国際ファッション・服飾祭で、イランのイスラム的な服装の模範が示されたとしました。 … …
テヘラン国際100秒短編映画祭の事務局長が、この映画祭に参加した50カ国の芸術家の歓迎を受けているとしました。
イラン保健医療教育次官が、中東地域、アフリカ諸国、イスラム諸国の間で、最大の科学技術創造立国はイランだとしました。
「世界遺産ビーソトゥーン」協会の関係者が、ビーソトゥーンのダリユーシュの碑文を近くから見学できるように、ガラスのリフトを設置する計画を明らかにしました。 … …
フランス語の旅行ガイドブック『プティ・フュテ』の最新版にイランの観光名所やイラン旅行を勧める記事が掲載されました。
イランのイスラム文化指導大臣が、「イラン音楽は、世界で特別な位置づけにある」と語りました。
テヘランでの第34回ファジル映画祭と同時に、ヨーロッパとカナダでイラン映画の上映が始まり、この流れが現在も続いています。