このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
文化、社会、科学
イラン国立図書館・文書機関の長官が、「43点のイランの作品が、ユネスコの世界記憶遺産の登録候補となっていると語りました。
イランでは、1979年にホメイニー師が、歴史に残る帰国を果たした日に当たる2月1日から、この革命の勝利を祝う記念週間が始まっています。 … …
考古学者が、イラン南東部で、古代人の指紋を多数発見しました。
イラン文化遺産・伝統工芸・観光庁のナームヴァルモトラグ手工芸担当副長官が、ヨーロッパ7カ国にイランの手工芸品市場が設置されることを明らかにしました。 … …
インド南部で開催されているバンガロール国際映画祭で、イラン映画が大好評を博しています。
イランイスラム革命の創始者ホメイニー師の、イランへの歴史的な帰国の記念日である2月1日から、イランはイスラム革命勝利記念週間に入ります。 … …
イラン科学研究技術省のサーラールアーモリー国際担当大臣代理が、世界の優秀大学ランキングにイランの8つの大学が挙がっていることを明らかにしました。 … …
企業や大学・専門家グループに、総合的なインフォメーションソリューションを提供するグローバルリーダー、トムソンロイター(ISI)が、イランは、ナノ技術に関する論文6160件を発表することで、世界で上位を占めているとしました。 I … …
イランで開催された第34回ファジル国際演劇祭の事務局長が、今回の演劇祭に世界16ヶ国の演劇団体が参加しているとしました。
世界観光機関の事務局長が、安全面での脅威にもかかわらず、中東・北アフリカを訪問する観光客の数は、2030年までに3倍に増加するとしました。 … …
世界観光機関が、「イランは今後、ヨーロッパ人の観光旅行先として主要な選択肢になるだろう」としました。
イラン北西部の町タブリーズが、OICイスラム協力機構により2018年のイスラム世界の観光首都に選定されました。
イラン文化遺産・伝統工芸・観光庁の関係者が、「トルコとエジプトに変わる旅行先として、イランを選ぶというロシア人の要望が高まっている」と語りました。 … …
イラン人物理学者が、世界的なバカルター・コスモロジー賞で3位を獲得しました。
ロシア連邦観光庁のサフォノフ長官が、「イランは観光客の安全確保において、十分な可能性を有している」と述べました。
イランは知識生産の点で、中東でトップとなっています。                             
日本人ピアニストの広瀬悦子氏が、イランで演奏を行います。        
イラン大統領府科学技術局の関係者であるタヴァッコリー氏が、イランは学術論文の発表件数の面で、世界12位を占めているとしました。 … …
世界最大級のテヘランの書籍販売展示場の建設作業が、実質的に92%以上進んでいます。
トルコの観光会社の取締役が、イランの観光における可能性は、トルコなどの近隣諸国よりも高いとしました。