このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2012/08/21(火曜) 20:19

イラン防衛の新たな成果が公開

イラン防衛の新たな成果が公開

イランのアフマディネジャード大統領立会いのもと、イラン軍と国防軍需省の新たに6つの業績が公開されました。

イラン軍と国防軍需省の新たな業績は、第4世代のミサイル・ファーテフ110、船舶用エンジン、飛行実験所、戦術的車両、迫撃砲、傍受・方向探知システムとなっており、防衛産業の日にあたる21日火曜、アフマディネジャード大統領、ヴァヒーディ国防軍需大臣、タギープール通信・情報技術大臣の立会いのもと、公開されました。

ヴァヒーディ大臣によれば、ミサイル・ファーテフD-110は、固形燃料を搭載した最も正確で最新鋭の大陸間弾道ミサイルで、ここ10年で、イラン軍の防衛力の向上に大きな役割を果たしてきました。

アフマディネジャード大統領は、イラン防衛産業の新たな業績を公開する式典で、「我々は防衛産業の発展によって、国土を拡張し、近隣諸国を支配し、世界に覇権を広げようとはしていない」とし、「この分野における発展とはまず、地理、祖国、国の存在の防衛、次に人間の栄誉を守ることである」と強調しました。

ヴァヒーディ国防軍需大臣も、今年、新たな戦闘機、ミサイル、無人機、潜水艦、軍用車が製造、使用されることを明らかにしました。

ここ数ヶ月、地域で最多の戦争や侵略を行ってきたシオニスト政権イスラエルは、西側、とくにアメリカの支援を受け、大胆にもイランを軍事攻撃で脅迫しています。

イラン軍が防衛産業の科学技術の分野で、日ごとに発展させている能力の誇示は、イスラエル当局の根拠のない発言に答えたものです。

ヴァヒーディ大臣が述べたように、イスラエルの好戦的な当局はイランに対する攻撃について口にすることで、実際、自ら崩壊や破滅の道を進んでいます。

イラン軍は現在、高いレベルで防衛や軍事面での準備を整えており、あらゆる侵略に対して断固反撃するでしょう。

Add comment


Security code
Refresh