このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2012/11/26(月曜) 22:02

イスラエル戦争相、辞任を表明

イスラエル戦争相、辞任を表明

ガザ地区への攻撃におけるシオニスト政権イスラエルの敗北を受け、同政権のバラク戦争大臣が、辞任を表明しました。

 

11月14日から21日まで続いた8日間に渡るガザ地区へのイスラエルの攻撃により、女性と子供数十名を含むパレスチナ人160名以上が殉教、他1200名以上の負傷者が出ました。

イスラエルは、この攻撃に対する断固とした報復措置としてパレスチナ抵抗グループからミサイル攻撃を受け、21日に、停戦への合意を余儀なくされました。アナリストの多くは、イスラエルが停戦に合意したことは、同政権にとっての新たな敗北だとしています。

パレスチナ・アルヤウム通信によりますと、イスラエルの複数のニュース・サイトは26日月曜、「バラク大臣は、臨時記者会見において、政界から引退する」ということです。

イスラエルの新聞、イェディオト・アハロノトのインターネットサイトは、「バラク大臣が記者団に対し、戦争大臣を辞任する意向を表明した」としました。

また、「この記者会見の詳細については明らかになっていないが、バラク大臣は、26日月曜のスケジュールを取り消した」としました。

バラク大臣の辞任表明の一方で、バラク大臣はここ数日、ガザ地区に対し長期的な攻撃を行うと脅迫していました。

Add comment


Security code
Refresh