このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2013/02/02(土曜) 21:33

駐イラン日本大使、「地域の平和と安全にとってイランの役割は効果的」

駐イラン日本大使、「地域の平和と安全にとってイランの役割は効果的」

イラン駐在の羽田浩二(はねだ・こうじ)日本大使が、「イランは、地域における平和と安全に、影響力ある役割を果たしている」と強調しました。

 

ファールス通信の報道によりますと、羽田大使はイランの元国会議長を務めたハッダード・アーデル議員と会談し、両国の歴史的、文化的な関係について触れ、「イランは、地域の平和と安全に影響力ある役割を果たしており、日本はイランとの関係をこれまで以上に拡大したいと考えている」と述べています。

また、イランと日本の国会の様々なレベルでの関係拡大の重要性を強調しました。

一方、ハッダード・アーデル議員も、「アジアでの平和と安定の強化を目的とした、イランと日本の両国のアプローチは、両国の協力関係の強化に相応しい下地と見なされる」と語っています。

さらに、日本がイランの世論の中で肯定的に評価されていることや、様々な分野で両国が協力する下地が存在することを指摘し、両国の友好関係における様々な可能性の活用と、関係拡大を強調しました。

Add comment


Security code
Refresh