このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2013/03/05(火曜) 22:54

北朝鮮、朝鮮戦争の停戦協定の一方的破棄を示唆

北朝鮮、朝鮮戦争の停戦協定の一方的破棄を示唆

北朝鮮が韓国に対し、「アメリカと韓国が敵対政策を続行する場合には、1953年に締結した朝鮮戦争の停戦協定を一方的に破棄する」と警告しました。

 

ロイター通信の報道によりますと、北朝鮮は「アメリカと韓国が合同軍事演習を続行し、北朝鮮に新たな制裁を行使する場合には、1953年に締結した韓国との停戦協定を一方的に破棄する」と表明しています。

朝鮮戦争の停戦協定は、1950年から1953年にかけての朝鮮戦争後に、韓国と北朝鮮の間で調印されました。

しかし、この協定は暫定的なものであり、平和条約に切り替えられることはありませんでした。

朝鮮戦争は、1953年に終結し、朝鮮半島は正式に南北に分断されています。

北朝鮮はこれ以前にも、アメリカと韓国による年次合同軍事演習に警告を発していました。

報道各社は5日火曜、アメリカと中国が対北朝鮮制裁の行使に合意したと報じています。

北朝鮮が先月12日に3回目の核実験を行って以来、アメリカの主導による新たな対北朝鮮制裁行使への動きが高まっています。

Add comment


Security code
Refresh