このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2013/06/06(木曜) 18:30

「クサイルの奪還は、シリア反体制派に大きなダメージ」

「クサイルの奪還は、シリア反体制派に大きなダメージ」

レバノンの大役軍人エリアス・ファルハート氏が、「シリア軍による戦略的都市・クサイルの奪還は、シリア反体制派に大きなダメージを与えた」と語りました。

 

プレスTVが伝えたところによりますと、5日水曜、ファルハート氏は、「シリア軍は、テロリストからのクサイルの奪還に成功し、テロリストに敗北を味わわせ、彼らを後退させた」と述べました。

また、シリア軍によるクサイルの掌握は、戦略的に、レバノンからシリアまでのルートの安全性を高めるとし、「クサイルの掌握は、シリア中部一帯の安全を保証している」としました。

さらに、シリア軍は、まもなく、ホムスのテロリストに対する大規模な作戦を開始するとし、「シリア軍は、今後数ヶ月で、シリアの全ての都市を奪還し、永久に、シリアの安全や安定を回復させる力を有している」と述べました。

シリア軍は、テロリストとの2週間に及ぶ戦いの末、5日に戦略的都市クサイルを完全に掌握しました。

この戦争の中で、テロリスト数百名が死亡、数十名が逮捕されました。この際、多くの兵器や軍需品が発見、押収されました。

Add comment


Security code
Refresh