このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2013/06/22(土曜) 23:09

アメリカ、「シリアの暴徒に武器を移送する」

アメリカ、「シリアの暴徒に武器を移送する」

アメリカとカタールが正式に、「シリアの力の均衡を有利に変えるために、テロリストにさらなる武器や装備を移送する」と発表しました。

 

フランス通信がカタールのドーハから伝えたところによりますと、アメリカのケリー国務長官は、ドーハで行われた西側とアラブの合同会議で、「シリアの軍事的な力の均衡の欠如を終わらせるために、反体制派に最新の軍事兵器を装備させるべきだ」と語りました。

カタールの首相もこの会議で、「シリアの内戦の唯一の解決策は、アサド大統領と戦っている暴徒に武器を供与することだ」としました。

「シリアの友人」と呼ばれる外相会合は22日土曜、カタールの首都ドーハで始まりました。

この会合には、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、トルコ、サウジアラビア、ヨルダン、カタール、アラブ首長国連邦、エジプトの11カ国が出席しています。

シリア政府は何度となく、2011年3月から始まったこの国の情勢不安はシリア外部で計画され、一部の西側諸国とサウジアラビア、カタール、トルコなどの地域の同盟国が反体制派の暴徒に資金と武器の支援を直接行っていると主張しています。

Add comment


Security code
Refresh