このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2013/10/28(月曜) 23:17

米CIA元分析官、「アメリカの権力が終焉を迎えている」

米CIA元分析官、「アメリカの権力が終焉を迎えている」

アメリカの政治アナリストが、「アメリカはその権力は終焉を迎えているため、アメリカが仮想の敵とみなす国に対する行動が激しさを増している」と語りました。

 

プレスTVによりますと、CIAの女性元分析官であるスーザン・リンダウアー氏は、「ドイツのメルケル首相に対するアメリカの諜報活動のニュースもついにメディアで流された。このニュースにより、ドイツは好ましくない状況に置かれている。アメリカはこの行動によって、ドイツ人の精神に打撃を与えており、この問題の影響を簡単に解消することはできない」としました。

リンダウアー氏はまた、「国際舞台におけるアメリカの権力は終焉を迎えていることは事実である。アメリカの権力が終焉に近づけば近づくほど、その強硬的な行動は激しくなり、昔からの同盟国に対してもこのような態度をとる。アメリカは全ての人々を敵と捉えている。このため、我々は他国に対するアメリカの大規模な諜報活動を目の当たりにしている」と語りました。

最近、アメリカのNSA・国家安全保障局は、世界各国の35人の首脳たちの電話での会話を盗聴したことが暴露されています。

アメリカの諜報計画が暴露されたことは、世界で大きな懸念を引き起こしています。

Add comment


Security code
Refresh