このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2013/12/18(水曜) 22:36

台湾、米製ヘリの飛行を一時的に禁止

台湾、米製ヘリの飛行を一時的に禁止

台湾が、アメリカから導入した攻撃用ヘリコプター・アパッチの飛行を、安全点検の為、一時的に禁止しました。

 

フランス通信によりますと、台湾はアメリカが先週、「アパッチに欠陥が存在する可能性がある」と警告したことを受け、今回の禁止措置をとったということです。

台湾の厳明(げん・めい)国防大臣は、「このアメリカ製ヘリコプターは、特別な点検が行われており、その修理や試験飛行の費用は、アメリカが負担することになるだろう」と語りました。

台湾は先月、アメリカから既に購入済みのアパッチ30機のうち、6機を受け取っており、残りは2014年末までに納入されることになっています。

Add comment


Security code
Refresh