このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2014/10/20(月曜) 23:02

アメリカが、エボラ出血熱の拡大の黒幕に

アメリカが、エボラ出血熱の拡大の黒幕に

アメリカが、エボラ出血熱の拡大の黒幕となっています。


プレスTVが19日日曜伝えたところによりますと、情報筋はエボラ出血熱が西アフリカで拡大し、制御不能な状態に陥っていることに注目し、生物兵器計画の一環として、エボラウイルスやHIVウイルスを開発したアメリカを非難しています。
複数の報告は、アメリカのオバマ大統領が、エボラ出血熱感染国への商業的な航空便の停止を拒否したことに触れ、「アメリカや一部の西側緒国は、鉱物資源を豊富に持つ国に対して軍事的な駐留を拡大し、アフリカにおける中国の経済的な進出に対抗し、製薬会社がより多くの利益を得る機会を作り出すために、エボラ出血熱を利用している」と強調しています。
WHO世界保健機関の報告では、これまでにおよそ9000人がエボラ出血熱に感染しており、そのうち4500人が死亡しているということです。
この感染症の死者が最も多いのはギニアであると報告されています。

Add comment