このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2014/10/23(木曜) 18:33

イランとロシア、ドル建て取り引きの停止を検討

イランとロシア、ドル建て取り引きの停止を検討

イラン・ロシア合同商工会議所のアスギャルオウラーディ会頭が、中央銀行の両国の取り引きにおけるドル建ての停止を検討していることを明らかにしました。

 

イラン発行の新聞、ジャハーン・サナアトが23日木曜、伝えたところによりますと、アスギャルオウラーディ会頭は、「ロシアとの取り引きにおいて、ドルの利用を中止し、イランの通貨リヤルとロシアの通貨ルーブルを使用することについては、まだ決定が下されておらず、両国の中央銀行が、この問題を検討している」と語りました。

また、「この条件が決定すれば、ロシアとの取り引きが大幅に簡略化されるだろう」と述べました。

アスギャルオウラーディ会頭によれば、イランとロシアの間で合意書が署名された後、ロシアへの製品の輸出が増加したということです。

中国とロシアは、すでに、両国の貿易においてドルの利用を停止し、両国の通貨を使用することで合意しています。

 

Add comment


Security code
Refresh