このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2014/11/12(水曜) 22:14

男性が集団的自衛権に抗議し、焼身自殺

男性が集団的自衛権に抗議し、焼身自殺

日本で、男性が集団的自衛権に抗議し、焼身自殺を図りました。


NHKによりますと、警視庁は、この事件は11日火曜夜、東京・千代田区の日比谷公園で起こり、焼身自殺を図った男性が死亡したと発表しました。
この男性は、安倍総理大臣や国会の議長に宛てた書簡の中で、焼身自殺を図った理由として、集団的自衛権への反対を挙げています。
今年6月にも、別の男性が新宿で同様の理由で焼身自殺を図っています。
日本政府は7月、憲法9条の解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認する決議を可決しました。
これにより、日本は同盟国が攻撃を受けた場合、戦闘に参加することができるようになります。
こうした努力は日本の世論や一部の近隣諸国の反対に直面しています。
最近の世論調査の結果、日本人の半数以上が日本の軍事政策の変更に反対を示しています。

Add comment