このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2014/11/25(火曜) 22:54

エボラ出血熱でパキスタン人男性が死亡

エボラ出血熱でパキスタン人男性が死亡

エボラ出血熱に感染したパキスタン人男性が、25日火曜朝、死亡しました。


IRIB国際放送ラジオ・ウルドゥー語によりますと、この男性は40歳で、アフリカのトーゴに滞在していましたが、最近、エボラウイルスに感染し、パキスタン・パンジャーブ州の病院に搬送されていました。
これは、パキスタンでのエボラ出血熱の最初の死亡例となりました。
パキスタンの情報筋は、この男性がトーゴを訪問した理由については触れていませんが、パキスタン軍の兵士の多くが、国連の平和維持活動に参加するため、アフリカ諸国に駐留しています。
パキスタン保健省は、「彼らは任務から戻った後、健康が確認されるまで、しばらくの間、検疫のために隔離される」と発表しました。
エボラ出血熱の死者は、これまでに、シエラレオネ、リベリア、ギニアなど、西アフリカ諸国を中心に5000人以上にのぼります。

 

Add comment