このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2014/12/07(日曜) 22:57

中国で、「南京大虐殺公文書抜粋」が公開

中国で、「南京大虐殺公文書抜粋」が公開

中国で、動画「南京大虐殺公文書抜粋」シリーズの第1話が公開されました。


中国・新華社通信によりますと、この公文書は7日日曜に発表され、1937年末から1938年にかけて発生した、およそ8000件に上る旧日本軍による犯罪行為が記録されているということです。
この報告によりますと、中国、日本、アメリカ、ロシア、ドイツをはじめとする10カ国の歴史家らが、この公文書の制作に協力したということです。
この公文書の発表は、日本政府の反応を引き起こすことが予想されます。
中国は、1937年12月13日から6週間にわたって、旧日本軍が南京を占領し、数十万人に上るこの町の住民を虐殺して、2万人から8万人の女性に性的な暴力を加えたと主張しています。
南京虐殺事件は、日中両国の間の対立を煽る政治的な問題となっています。

Add comment


Security code
Refresh